1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 高鐵山孝之進

    高鐵山孝之進から見た桐山部屋桐山部屋

    師匠となってからは、実業団相撲の英才・板井を小結に、維新力を十両に育て上げた。しかし、板井は引退後相撲協会に残れず、維新力は廃業後プロレスラーに転身して部屋は衰退。1995年には、連帯保証人となった借金のためにまもなく部屋の力士を桐山部屋に譲って、自らも相撲協会を離れた。高鐵山孝之進 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼嵐力

    鬼嵐力から見た桐山部屋桐山部屋

    朝日山部屋生え抜きの外国出身力士はそれまで8名いたが、関取に昇進した力士は鬼嵐が初めて。他の部屋から移籍してきた力士を含めると、桐山部屋から移籍してきた幕内・?瀬川(モンゴル出身)がいるが、大相撲八百長問題が発生し本場所を迎えないまま引退しているため(2011年5月技量審査場所順席には名前が残っている)、場所に出場した力士は鬼嵐が初めてだった。鬼嵐力 フレッシュアイペディアより)

  • 5月13日

    5月13日から見た桐山部屋桐山部屋

    1951年 - 黒瀬川國行、大相撲力士、桐山親方5月13日 フレッシュアイペディアより)

  • 五條市

    五條市から見た桐山部屋桐山部屋

    金剛富士源一郎(大相撲桐山部屋所属力士)五條市 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た桐山部屋桐山部屋

    出羽海部屋の「常」「常陸」「出羽」、春日野部屋の「栃」、佐渡ヶ嶽部屋の「琴」、片男波部屋の「玉」、友綱部屋、旧放駒部屋の「魁」、旧安治川部屋(現・伊勢ヶ濱部屋)の「安」、旧大島部屋の「旭」、玉ノ井部屋の「東」、入間川部屋の「司」、追手風部屋の「大翔」「追風」、時津風部屋の「時(津)」「双」「豊」、尾車部屋の「風」、井筒部屋の「鶴」、高田川部屋(8代高田川時代)の「前」、九重部屋の「千代」、八角部屋の「北勝」「保志」、高砂部屋の「朝」(旧若松部屋も)、「富士」を前につける(旧富士ヶ根部屋より)、三保ヶ関部屋の「増」、千賀ノ浦部屋の「舛」、錣山部屋の「寺尾」、旧伊勢ヶ濱部屋、旧桐山部屋の「瀬川」など。多くは部屋の名前あるいは師匠や創設者の現役名に由来する。この中で八角部屋の「保志」は師匠の本名であり、このような例は現代では稀である(ただし師匠北勝海は関脇まで本名で取っていた)。また錣山部屋の「寺尾」は師匠の現役時代の四股名ではあるが、元々の由来は寺尾の母親(先代井筒夫人)福薗節子の旧姓である(節子の父寺尾政喜も力士ではあったが最高位は幕下であり継承する程の功績があったとは言えない)。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬川國行

    黒瀬川國行から見た桐山部屋桐山部屋

    1995年に元関脇・高鐵山の大鳴戸親方が廃業したことにより、大鳴戸部屋の所属力士が宙ぶらりんになりかけた。この状況から11代大鳴戸に打診された形で、20代桐山が伊勢ヶ濱部屋から独立して急遽、桐山部屋を創設し、大鳴戸部屋の力士を引き取ることになったが、この時の独立の経緯から師匠である伊勢ヶ濱親方(元大関・清國)と不仲になったとされている。2000年には元前頭・清の盛の木瀬親方が停年(定年)を迎えたため、木瀬部屋(元肥後ノ海が興した部屋とは別系統)を吸収合併。黒瀬川國行 フレッシュアイペディアより)

  • 堺市

    堺市から見た桐山部屋桐山部屋

    桐山部屋 - 天理教泉大教会(大浜)。2011年に閉鎖し、力士は朝日山部屋へ転籍する。堺市 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢ヶ濱部屋

    伊勢ヶ濱部屋から見た桐山部屋桐山部屋

    1977年3月に6代伊勢ヶ濱が死去すると、同年4月に部屋付き親方である楯山親方(元大関・清國)が7代伊勢ヶ濱を襲名して伊勢ヶ濱部屋を継承した。7代伊勢ヶ濱は、先代から引き継いだ弟子の小結・黒瀬川や、自身の直弟子の前頭・若瀬川などの関取を育て上げた。8代伊勢ヶ濱も翌2007年8月に定年を迎えるため、継承後直ちに一門内外から後継者擁立を進めていたが、2007年1月場所後に断念し、同時に伊勢ヶ濱部屋を閉鎖した。8代伊勢ヶ濱は所属力士・世話人と共に桐山部屋へ、行司は高島部屋へ移籍した。伊勢ヶ濱部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見た桐山部屋桐山部屋

    ?瀬川正直(桐山部屋 モンゴル・ウランバートル出身) - 7勝全勝2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「桐山国由」のニューストピックワード