543件中 91 - 100件表示
  • Ken's Bar

    Ken's Barから見た桑田佳祐桑田佳祐

    作詞・作曲: 桑田佳祐 、編曲・演奏: 鈴木大Ken's Bar フレッシュアイペディアより)

  • 世良 公則

    世良公則から見た桑田佳祐桑田佳祐

    またこの頃、歌番組のスタッフにはロックミュージシャンへの偏見が強く、演出法に対してもめる事が多かったが、これらの改善にも世良らが後世に残した功績は大きい。当時の歌番組は基本的に生放送で、歌手の演奏は「ダン池田とニューブリード」など、番組専属のオーケストラが行い、それなりに権限を持っていた。このため「ロック御三家」のように自身のバンドで演奏しようとするロックミュージシャンと衝突した。時間の制限のある生放送で、前の歌手の演奏後、セット交換の間にバンドのセッティングをするのは難しかった。この後、テレビ出演するロックバンドが増えたこと、カラオケの普及が、テレビの歌番組から専属のオーケストラを消すことになり、その怒りを本にしたものが1985年、ダン池田の有名な暴露本『芸能界本日モ反省ノ色ナシ』となる。ケンカする世良の抑え役だったという桑田佳祐は"ライバルに匹敵する存在って俺の場合はいないんだけど、あえて同世代で同じ職種の人間というなら、世良クンかなぁ。テレビ局で居合わせたときに浮いてる感じが似てたしね。やっぱり世良クンというライバルがいなかったら「テレビでロックだ!」みたいな感覚にならなかったと思う。いまでもたまに会うと、なんか兄弟と久しぶりに会うときのくすがったさを感じる"と話している。世良公則 フレッシュアイペディアより)

  • ポルノグラフィティ

    ポルノグラフィティから見た桑田佳祐桑田佳祐

    8月27日・8月28日、事務所の先輩であるサザンオールスターズの桑田佳祐の呼びかけにより、『THE 夢人島 Fes.2006』に参加。ポルノグラフィティ フレッシュアイペディアより)

  • 嘉門 達夫

    嘉門達夫から見た桑田佳祐桑田佳祐

    1981年 - 日本を放浪の後に「次は海外へ放浪しようか」と考えていた頃、偶然にもスキー場で作った曲が芸能プロダクション「アミューズ」の大里洋吉会長(当時)の耳に止まり、サザンオールスターズの『チャコの海岸物語』をアミューズの契約社員として有線等への営業回りの仕事をする事に。この時の縁がきっかけでサザンのコンサートの打ち上げ等にも参加する事もあり、バンドフロントマンの桑田佳祐とも面識が出来る。その後桑田とも親しくなり、桑田に自らの芸名を考えて欲しいと依頼(桑田に依頼した理由は、所ジョージの芸名の名付け親が、ミュージシャンの宇崎竜童だったと言う話に起因していると、後に本人が語っている)。最初、桑田は“カメリア・ダイヤモンド”と言う名前を考えたが、嘉門が却下。その後、桑田が別の活動の時に使用していた“嘉門雄三”の苗字を譲り受ける。以降、“嘉門 達夫”と名乗る様になった。その後、ヤンタンにも復帰する。嘉門達夫 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアント馬場

    ジャイアント馬場から見た桑田佳祐桑田佳祐

    プロレスラーが技を一般人にかけることを非常に嫌っていた。TBSラジオの番組にゲスト出演していたとき、パーソナリティの松下賢次に何かプロレス技をかけて欲しい、というリスナーからのFAXがあった。馬場は「素人さんにプロレスの技をかけることは、絶対してはいけないこと」と語っている。ただし、かつて『笑っていいとも!』にゲスト出演した際、タモリにヘッドロックをかけたことはある。なお、2007年にアサヒ飲料『WONDA』のCMにおいて、桑田佳祐に対し技を繰り出すプロレスラーとして生前の馬場の映像が合成で使われた。ジャイアント馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 茅ヶ崎駅

    茅ヶ崎駅から見た桑田佳祐桑田佳祐

    2000年(平成12年)8月19日・20日 - サザンオールスターズ茅ヶ崎ライブ開催に伴い改札口に『おかえりなさい桑田佳祐』と表記された横断幕が掲げられる。茅ヶ崎駅 フレッシュアイペディアより)

  • SPACE SHOWER Music Video Awards

    SPACE SHOWER Music Video Awardsから見た桑田佳祐桑田佳祐

    2002年「白い恋人達」(桑田佳祐)監督:丹下鉱希SPACE SHOWER Music Video Awards フレッシュアイペディアより)

  • TOKYO FM 40th Anniversary Special POINT LOVE UNITED!

    TOKYO FM 40th Anniversary Special POINT LOVE UNITED!から見た桑田佳祐桑田佳祐

    コメント出演:小林克也(16:17ごろ。「SOUND IN MY LIFE」パーソナリティ。James Taylorの「You've Got A Friend」をリクエスト。松任谷由実と同じ曲のリクエストであり、この曲は2回オンエアされた)つるの剛士(17:14ごろ。かつて放送された「BPR5000」のパーソナリティを務めた。4ROOMS内コーナー「聞き込み」へのコメント)安部礼司(18:02ごろ。「NISSANあ、安部礼司?beyond the average?」メインキャラクター。渡辺美里の「10years」をリクエスト)桑田佳祐(18:37ごろ。「桑田佳祐のやさしい夜遊び」パーソナリティ。Anita Bakerの「Sweet Love」をリクエスト)TOKYO FM 40th Anniversary Special POINT LOVE UNITED! フレッシュアイペディアより)

  • 私はピアノ

    私はピアノから見た桑田佳祐桑田佳祐

    サザンオールスターズのボーカリストである桑田佳祐が、作詞・作曲を手掛けた楽曲として注目を集めた。私はピアノ フレッシュアイペディアより)

  • いいじゃないの幸せならば

    いいじゃないの幸せならばから見た桑田佳祐桑田佳祐

    2008年11月と12月に歌手・桑田佳祐が開催したチャリティ・ライヴ“アクト・アゲインスト・エイズ(Act Against AIDS)”の2008年公演「桑田佳祐 昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦」内でカヴァーされた。翌2009年3月にはDVDソフト化もされている。その他のカヴァー例は、下記「」参照のこと。いいじゃないの幸せならば フレッシュアイペディアより)

543件中 91 - 100件表示

「桑田佳祐」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画