543件中 51 - 60件表示
  • 孤独の太陽

    孤独の太陽から見た桑田佳祐桑田佳祐

    『孤独の太陽』(こどくのたいよう)は、サザンオールスターズのボーカル、桑田佳祐の2枚目のソロオリジナルアルバムである。1994年9月23日発売。発売元はビクターTAISHITAレーベル。孤独の太陽 フレッシュアイペディアより)

  • 希望の轍

    希望の轍から見た桑田佳祐桑田佳祐

    『希望の轍』(きぼうのわだち)は、サザンオールスターズ(正確には「稲村オーケストラ」)の楽曲。作詞・作曲は桑田佳祐、編曲は桑田佳祐&小林武史。希望の轍 フレッシュアイペディアより)

  • いとしのエリー

    いとしのエリーから見た桑田佳祐桑田佳祐

    いとしのエリー(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:新田一郎)ボーカルの桑田佳祐がキーボードの原由子との結婚式にこの曲を歌った際、歌詞の「エリー」の部分を「ユウコ」に変えた。結婚以前に、桑田が原に対して「ごめんなさい」の気持ちを込めて製作した曲であるが、現在でも桑田自身、1番と2番の歌詞は逆のほうがよかったと考えている。1998年発売のシングル『PARADISE』の間奏で、この曲が一部だけ収録されている。収録されている箇所は、歌詞が英語で歌われているものであり、収録のためオリジナルに製作したものである。間奏に収録されている女性の笑い声は原由子の声であり、これはレコーディング中に野沢秀行が原の周りをクルクルと回って笑わせたものである。さらに2005年のアルバム『キラーストリート』に収録された「JUMP」の曲中にも、この曲の間奏に収録されている原の笑い声がサンプリングとして使用されている。漫画家の臼井儀人も自身の漫画『クレヨンしんちゃん』の中にこの曲を登場させている(臼井はサザンファンを公言している)。第56回NHK紅白歌合戦の「スキウタ?紅白みんなでアンケート?」で白組41位にランクインされた。いとしのエリー フレッシュアイペディアより)

  • いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)

    いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)から見た桑田佳祐桑田佳祐

    『いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)』(いつかどこかで アイ・フィール・ジ・エコー)は、桑田佳祐の2枚目のシングル。1988年3月16日発売。発売元はビクターTAISHITAレーベル。いつか何処かで (I FEEL THE ECHO) フレッシュアイペディアより)

  • Ken's Bar II

    Ken's Bar IIから見た桑田佳祐桑田佳祐

    作詞・作曲: 桑田佳祐、編曲: 蔦谷好位置Ken's Bar II フレッシュアイペディアより)

  • 愛と欲望の日々

    愛と欲望の日々から見た桑田佳祐桑田佳祐

    愛と欲望の日々(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:山本拓夫)フジテレビ系ドラマ『大奥 〜第一章〜』主題歌。ディスコや1980年代を意識したナンバー。歌詞には和洋折衷の言葉遊びや、1980年代を代表するディスコの名前なども登場する。冒頭の「狸穴(まみあな)」とは、東京都港区に実在する地名「麻布狸穴」及び「狸穴坂」から来ており、PVやライブでは狸に因んで、昭和初期に美空ひばり等が演じたオペレッタ喜劇『狸御殿』をモチーフにした狸の踊り子も登場する。PVではサザンのメンバーがパーカッションの野沢秀行の演奏力を見出し、スカウトするというような演出が見られる。アルバム『キラーストリート』にはリマスタリングが施され収録された。なお、この楽曲を主題歌として用いた『大奥 〜第一章〜』のクランクアップの際には無事撮影が完了した記念として、この曲で全員が踊ったという。大奥シリーズの完結篇である映画版まで劇中ではインスト版がサウンドトラックとして使用されていた。愛と欲望の日々 フレッシュアイペディアより)

  • さよならベイビー

    さよならベイビーから見た桑田佳祐桑田佳祐

    さよならベイビー(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 門倉聡)沖縄のホテルのベランダで作曲された。桑田自身、完成度に満足していない作品であり、何度聞いても「もう少し手をかけたかった」と思う曲であるとのこと。それでも、ライブではほぼCD音源に近い形で演奏される。さよならベイビー フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤誠

    斎藤誠から見た桑田佳祐桑田佳祐

    大学時代の先輩である桑田佳祐とは関係が深く、最近はサザンオールスターズのサポートギタリストとしても大きく貢献している。そのため、正式メンバーではないものの、サザンオールスターズのPVにもギターリストとして頻繁に出演している。斎藤誠 フレッシュアイペディアより)

  • 恋人も濡れる街角

    恋人も濡れる街角から見た桑田佳祐桑田佳祐

    「ふれあい」、「俺たちの旅」、そして前年発売された(ヒット自体は1982年)「心の色」に次ぐヒット曲で、1983年の売り上げ24位を記録した(オリコン)。作詞と作曲及びヴォーカル・ディレクションをサザンオールスターズの桑田佳祐が担当し、表題曲『恋人も濡れる街角』は横浜の馬車道をフィーチャーしたエロティックできわどい内容の歌詞が特徴で、ムード歌謡的な楽曲である。恋人も濡れる街角 フレッシュアイペディアより)

  • そんなヒロシに騙されて

    そんなヒロシに騙されてから見た桑田佳祐桑田佳祐

    「そんなヒロシに騙されて」(そんなひろしにだまされて)は、1983年に発表されたサザンオールスターズの楽曲。作詞・作曲は桑田佳祐そんなヒロシに騙されて フレッシュアイペディアより)

543件中 51 - 60件表示

「桑田佳祐」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画