444件中 101 - 110件表示
  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見たいかりや長介

    デビュー当時サザンは、本人達にとっては強制的な形で『8時だョ!全員集合』や『元祖どっきりカメラ』などのバラエティ番組にも度々出演し、コントやモノマネなどの芸をしていた。ちょうどその頃、ザ・ドリフターズのリーダーいかりや長介が、ドリフ脱退を希望していた高木ブーに代わる新しい人材を探していたところで、TBSプロデューサー居作昌果を通して、桑田にドリフ加入を打診していたという。桑田は、いかりやとは会うだけ会ったが、具体的なやり取りについては明かされていない。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見た笑福亭鶴光笑福亭 鶴光

    笑福亭鶴光の下を破門になった元落語家、笑福亭笑光こと鳥飼達夫は1981年12月、桑田のソロ名義のライブ「嘉門雄三&Victor Wheels」のライブに前座として出演。翌1982年にはビクターの営業マンとしてビクター社員達と共に「チャコの海岸物語」の宣伝活動に回りながら、サザンのライブの打ち上げにも毎回顔を出し、次第に桑田に気に入られる。そして鳥飼は「『嘉門』の姓を譲ってほしい」と桑田に頼み了解を得て、嘉門達夫と名乗るようになる。その後も現在に至るまで、桑田は嘉門の替え歌を容認し続けるなどの仲である。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見たエフエム東京

    自身のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM製作)では、放送禁止用語を交えた替え歌を歌うなど下ネタを連発している。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見た横浜アリーナ

    12月31日、「月」で第36回日本レコード大賞・優秀賞を受賞、『孤独の太陽』でアルバム大賞受賞。ソロツアー「さのさのさ」最終日、横浜アリーナにおいて年越しカウントダウンライブ。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見たロッキング・オン

    サザンオールスターズのリード・オフ・マンとして知られている。『いとしのエリー』、『真夏の果実』、『TSUNAMI』などのヒット曲を数多く作り、歌う。ソロでの音楽活動も精力的で、メジャーデビュー以来、50歳を超えた今も一貫して邦楽(J-POP)の第一線を走り続ける。音楽雑誌『ロッキング・オン』からは、「ポップスの神」なる称号を授与されている。また、日本の数々のミュージシャンに影響を与えており、その影響を公言したミュージシャンも多数にわたる。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見たボーカル

    サザンオールスターズのリーダーであり、ボーカル・ギターと作詞・作曲を担当。所属事務所はアミューズ、所属レコード会社はビクターエンタテインメントタイシタレーベル。嘉門 雄三(かもん ゆうぞう)、桑竹 居助(くわたけ いすけ)、夷撫 悶汰(いヴ もんた)、古賀 紅太(こが こうた)などの変名を用いたこともある。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見た小田原豊

    12月1日、世界エイズデーであるこの日、多数のアーティストを集めた「AAA〜アクト・アゲインスト・エイズ」武道館公演を選曲・プロデュースし自らも出演。出演は泉谷しげる・大友康平・アン・ルイス・渡辺美里・福山雅治・原由子など、メリー・クリスマス・ショーにも匹敵する豪華な顔ぶれだった。バックバンドとして小林武史・小倉博和・根岸孝旨・小田原豊・今野多久郎が集い、昭和歌謡曲を中心に多彩なアレンジで参加者がリレー形式で唄った。また、桑田・奥田民生・宮田和弥(当時JUN SKY WALKER(S))・奥居香(当時プリンセス・プリンセス)をメインボーカルに、このライブのために作られたチャリティーソング『光の世界』が唄われた。この後、様々なアーティストが集う形式はAAAで恒例化していくが、桑田がプロデュースしたのはこの1度きりである。昭和歌謡を多彩なアレンジで唄う形は、後々の活動の原形となった。特にこのライブで初めて唄われた「ヨイトマケの唄」は、その後のソロライブや自身のテレビ番組などでも度々唄われることとなる。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見た岡野昭仁

    これらの言動は、アミューズ後輩・福山雅治や岡野昭仁(ポルノグラフィティ)にも影響を与えている。なお福山と同じく、大のアダルトビデオ好きであり、AV女優の夏目ナナや及川奈央、Rioの大ファンだと、自身のラジオなどで公言している。2003年の桑田の誕生日で、福山から及川奈央の2枚組DVDをプレゼントで貰ったことも、ラジオで発言している。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見た爆風スランプ

    12月31日、横浜アリーナで行われた岸谷五朗主催のアミューズのイベント『THE VARIETY III 異業種共演 大晦日の宴 〜FOR AAA』に出演。サザンとしての年越しライブに替わる出演で、桑田はカウントダウンの直前に登場。爆風スランプの演奏で「勝手にシンドバッド」を唄い、1996年を迎えた。また、出演者の石橋貴明・唐沢寿明・岸谷五朗とともに「ゴロー&センズリッターズ」として、桑田の書き下ろしの曲『長嶋は教祖なんかと違います』を唄い、唐沢は本業とは違うコミカルな一面を見せた。カウントダウンの瞬間は、年が明けるよりも数十秒も早く曲が終わってしまい、年が明けるまで出演者がMCのみで会場を煽ったが、かなり間の悪いものになってしまった。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見た中山康樹

    『クワタを聴け!』(中山康樹著、集英社新書、2007年) ISBN 4087203808桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

444件中 101 - 110件表示

「桑田佳祐」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画