前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
321件中 1 - 10件表示
  • 1990年の日本シリーズ

    1990年の日本シリーズから見た桑田真澄桑田真澄

    両チームともそれぞれのリーグを圧倒的な強さで制覇していたが、事前予想で「巨人有利」の見方が多かった。斎藤雅樹・桑田真澄などセ・リーグの防御率上位4人、シーズン70完投を記録していた巨人であったが、9月8日の対ヤクルトスワローズ戦でリーグ優勝を決めてから間隔が空いており、巨人系列の読売新聞は、やはり西武対巨人の2002年の日本シリーズ終了を報じる記事で、これら投手陣が「豊富なデータを消化不良のまま」「主軸を警戒しすぎて次々にKOされた」と振り返っている。1990年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た桑田真澄桑田真澄

    一方、巨人は、初戦で先発桑田真澄が打ち込まれて敗戦投手となったものの、試合後のミーティングで西武の主力打者の特徴を指摘、2戦目の槙原の完封につながった。槙原は2完投勝利の活躍でMVPに選ばれた。また、後記する、屋鋪要の第2戦最終回の同点を阻止したダイビングキャッチ、第5戦での緒方耕一の満塁本塁打なども試合の行方に大きく影響した。1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 宮國椋丞

    宮國椋丞から見た桑田真澄桑田真澄

    は春季キャンプから一軍に帯同。3月25日に行われたオークランド・アスレチックスとの親善試合では先発して5回9奪三振1失点で、開幕ローテーション入り。4月8日の阪神戦で一軍公式戦初登板。先発して7回を1失点に抑え、巨人では槙原寛己以来29年ぶりとなる10代での初登板初勝利を挙げた。5月1日の広島戦ではプロ初完投・初完封勝利を記録。高卒2年目での完封は巨人では桑田真澄以来となった。しかし、5月16日のオリックス・バファローズ戦で右肩に違和感を覚え、翌日に登録抹消。二軍での調整を経て7月15日に一軍復帰。8月5日のDeNA戦で3ヶ月ぶりの勝利を挙げると、レギュラーシーズン終了まで先発ローテーションの一角を担った。ポストシーズンは2試合に登板し、中日とのCSファイナルステージ第3戦に先発して5回3失点。日本ハムとの日本シリーズでは第4戦に先発し7回3安打無失点。いずれも勝敗はつかなかった。アジアシリーズでは決勝のラミゴ戦に先発。6回1失点で勝利投手となった。宮國椋丞 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本シリーズ

    1987年の日本シリーズから見た桑田真澄桑田真澄

    また森は「巨人は15勝でチーム勝ち頭の桑田真澄が第一戦目の先発投手だったが、2年目で経験が浅く序盤に攻略できた。警戒していた江川卓と槙原寛己は第3、4戦で、2人とも1試合だけ。戦略の間違いがあった」と述べている。1987年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た桑田真澄桑田真澄

    早くから1年生では田口権一と共にレギュラー組に選ばれていたが、6月ぐらいに(入学当初から希望していた)投手の、練習はもうしなくていいと言われた。その後、同期の桑田真澄の傑出した実力を知り、「(桑田には)絶対勝てない」と野手を選んだ(新入部員が最初に集まった際に、清原は名の通っていた桑田を探しその姿を発見すると「なんだ、こんな小さい奴か」と思ったが、実際の投球を見て驚嘆し、PL学園で投手になることを断念したと後にコメントしている)。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・マーチン (外野手)

    ビリー・マーチン (外野手)から見た桑田真澄桑田真澄

    来日初本塁打を5月15日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で桑田真澄から打った。これは満塁本塁打であり、桑田が日本でのプロ生活21年間で唯一満塁本塁打を打たれた打者がこのマーチンである(メジャーリーグでは7月2日にミルウォーキー・ブルワーズのダミアン・ミラーに打たれている)。ビリー・マーチン (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • カート・ミラー

    カート・ミラーから見た桑田真澄桑田真澄

    打撃も上手く、1999年8月22日の対読売ジャイアンツ戦では、同点で迎えた8回表に桑田真澄から自ら決勝本塁打を放ち、勝利投手になった。カート・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の読売ジャイアンツ

    1987年の読売ジャイアンツから見た桑田真澄桑田真澄

    3年間優勝から遠ざかっていたチームは、新たに打撃コーチとして前中日監督の山内一弘を招聘。「かっぱえびせん」(やめられない、止まらないの意味)と呼ばれた山内の熱心な指導で打線は3番から7番まで(クロマティ・原辰徳・吉村禎章・篠塚利夫・中畑清)3割打者が並ぶ強力打線を形成。その後を打つ山倉和博も22本塁打を放ち「恐怖の8番打者」と恐れられた。山倉は捕手としても、2年目で防御率1位・15勝の桑田真澄をはじめ江川卓・槙原寛己・水野雄仁、抑えの鹿取義隆といった投手陣をリードし、巨人軍の捕手として初のMVPを獲得した。チームは6月13日に首位に立つと以後は一度も首位を明け渡すことなく、10月9日に優勝が決定、後楽園最終年に花を添えた。宿敵西武との対戦となった日本シリーズは、西武に守備・走塁でレベルの違いを見せつけられ2勝4敗で敗退。シーズン終了後に江川が突如現役引退を発表した。1987年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 岩田徹

    岩田徹から見た桑田真澄桑田真澄

    PL学園高時代は外野手として、1984年に春夏とも甲子園準優勝という快挙を成し遂げる。1学年後輩に清原和博・桑田真澄がいた。卒業後は三菱自動車水島に所属した。社会人野球通算22試合、打率.333、6本塁打、13打点。岩田徹 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のメジャーリーグベースボール

    2008年のメジャーリーグベースボールから見た桑田真澄桑田真澄

    1月8日 - 桑田真澄がピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約に合意したことを自らのホームページで明らかにした2008年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
321件中 1 - 10件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード