前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示
  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た桑田真澄桑田真澄

    一方、巨人は、初戦で先発桑田真澄が打ち込まれて敗戦投手となったものの、試合後のミーティングで西武の主力打者の特徴を指摘、2戦目の槙原の完封につながった。槙原は2完投勝利の活躍でMVPに選ばれ、松井秀喜、緒方耕一らの外野手のファインプレーが光った。その中でも屋鋪要の第2戦最終回の同点を阻止したダイビングキャッチ、第5戦緒方の満塁本塁打など伏兵選手の活躍も目立った。1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の日本シリーズ

    1989年の日本シリーズから見た桑田真澄桑田真澄

    このシリーズに出場した巨人、近鉄の選手は、2008年3月の桑田真澄を最後に全て現役を引退している。 なお、このシリーズの両チーム監督は、近鉄の仰木彬は2005年12月、巨人の藤田元司は2006年2月に相次いで逝去している。1989年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本シリーズ

    1987年の日本シリーズから見た桑田真澄桑田真澄

    巨人は前年のシリーズMVPの左腕投手・工藤公康を全く打てず、第6戦で原辰徳が放ったソロ本塁打が工藤からの唯一の得点だった。第6戦の9回表、西武の日本一決定目前の場面で清原が突然涙を流し、それをなだめる辻の姿も見られた。PL学園高校の同期、清原と桑田真澄の「KK対決」は2打数1安打1四球の成績だった。なお、このシリーズ終了後に取り壊される後楽園球場で行われた最後のシリーズでもある。1987年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た桑田真澄桑田真澄

    1989年、藤田元司が監督に復帰。斎藤雅樹(20勝・防御率1.62)、桑田真澄(17勝・防御率2.60)、槇原寛己(12勝・防御率1.79)と三本柱が機能し、チームは2位の広島に9ゲーム差をつけリーグ優勝を達成する。1989年の日本シリーズでは近鉄バファローズに3連敗を喫した後、4連勝し逆転で17回目の日本一に輝く。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た桑田真澄桑田真澄

    高校は30校近いスカウトの中からPL学園高校を選ぶ。天理高校かPL学園かどちらに行くかで悩んでいたが、両校の練習を見学した際に、天理高では3年生が練習をし、1年生が球拾いをしているのに対し、PL学園では学年に関係なく同じメニューの練習ができることが決め手となった。入学当初は投手を希望していたが、同期の桑田真澄の傑出した実力を知り、「 (桑田には)絶対勝てない」と野手を選んだ(新入部員が最初に集まった際に、清原は名の通っていた桑田を探しその姿を発見すると「なんだ、こんな小さい奴か」と思ったが、実際の投球を見て驚嘆し、PL学園で投手になることを断念したと後にコメントしている)。一方桑田はこの時、清原をはじめ自分よりも一回りも二回りも体格のいい選手たちがたくさんいたことで自信をなくし、高校野球では通用しないかもしれないと思っていたという。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1987年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た桑田真澄桑田真澄

    前年、日本一を達成した西武ライオンズの森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグを制した広島東洋カープの阿南準郎監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いた。清原和博(西武)と桑田真澄(巨人)のK・K対決が初めて実現した。1987年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 桑田清原世代

    桑田清原世代から見た桑田真澄桑田真澄

    桑田清原世代(くわたきよはらせだい)とは、桑田真澄・清原和博と同学年にあたる1967年4月2日から1968年4月1日までに生まれた世代(とくに野球選手)を指す表現である。桑田清原世代 フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・マーチン (外野手)

    ビリー・マーチン (外野手)から見た桑田真澄桑田真澄

    来日初本塁打を5月15日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で桑田真澄から打った。これは満塁本塁打であり、桑田が日本でのプロ生活21年間で唯一満塁本塁打を打たれた打者がこのマーチンである(メジャーリーグでは7月2日にミルウォーキー・ブルワーズのダミアン・ミラーに打たれている)。ビリー・マーチン (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 岩田徹

    岩田徹から見た桑田真澄桑田真澄

    PL学園高時代は外野手として、1984年に春夏とも甲子園準優勝という快挙を成し遂げる。1学年後輩に清原和博・桑田真澄がいた。卒業後は三菱自動車水島に所属した。岩田徹 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺政仁

    渡辺政仁から見た桑田真澄桑田真澄

    同郷・同期の桑田真澄と比較されることが多く、素質は桑田以上と評されることもあったが、肩と肘の手術を経験するなど満足に投げられないことが多かった。それでも、年間出場した年は二軍でエース級の活躍をし、1993年には二軍で最多勝を獲得するなど期待されたが、結局投手として一軍に昇格することはなかった。渡辺政仁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード