321件中 91 - 100件表示
  • フランク・ジョーブ

    フランク・ジョーブから見た桑田真澄桑田真澄

    1974年、利き手の左腕靭帯を損傷していたトミー・ジョンに対して腱を自家移植する手術を実施。ジョンの手術以降、同様に肩や肘を故障していた数多くのプロ野球選手に対して同様の手術を行い、多くの選手が故障から復活した。アメリカを始めとして、この手術をトミー・ジョン手術と呼んでいる。NPBのプロ野球選手では、村田兆治、荒木大輔、桑田真澄、近藤真一らが同様の手術を受けた。また手術は受けなかったが、1989年に右肩を痛めた立浪和義も診察を受けた。フランク・ジョーブ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田剛

    吉田剛から見た桑田真澄桑田真澄

    取手二高では甲子園に通算3回出場。2年生の時に高校同期のエース石田文樹とバッテリーを組み、捕手として第55回選抜に出場。しかし1回戦で泉州に惜敗した。翌の第56回選抜には遊撃手として連続出場し、準々決勝に進出するが岩倉に敗退。同年第66回全国選手権では順調に勝ち進み、決勝でKKコンビ(清原和博と桑田真澄)を擁するPL学園を破り、優勝を飾った。この試合では桑田から本塁打を放っている。同年秋の奈良わかくさ国体でも決勝でPL学園を破り、優勝を果たしている。吉田剛 フレッシュアイペディアより)

  • 青木勇人 (野球)

    青木勇人 (野球)から見た桑田真澄桑田真澄

    1977年に東京都江戸川区で生まれる。幼少期は巨人ファンで、桑田真澄・斎藤雅樹・原辰徳らに憧れていた。江戸川区立上一色南小学校1年から野球を始め、中学時代も軟式野球部に所属し、遊撃手で活躍した。修徳学園中学校・修徳高等学校に進学して硬式野球部に入部したが、本人と推薦組の選手達との間にある待遇の差に、1ヶ月で退部した。一時は野球を辞めようと思ったが、軟式野球部の監督に誘われて軟式に転向。エース投手として活躍し、3年時は全国高等学校軟式野球選手権大会でベスト8に進出。青木勇人 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 津野浩

    津野浩から見た桑田真澄桑田真澄

    高知商業では甲子園に3回出場。2年生の時、1982年春の選抜に中脇幸夫の控え投手として出場。2回戦では先発に起用されるが、郡山高に1-5で敗れた。同年夏の甲子園でも1回戦で安積商を相手にリリーフ登板、この試合に勝ち2回戦に進むが、東海大甲府に敗退。翌1983年夏の甲子園はエースとして出場。3回戦で箕島高校の吉井理人から満塁本塁打を放つなど打撃面でも活躍を見せた。この大会では準々決勝に進出するが、桑田真澄、清原和博のいたPL学園に9-10の接戦で敗れる。この試合では2年下の中山裕章のリリーフを仰いだ。津野浩 フレッシュアイペディアより)

  • 八尾市立成法中学校

    八尾市立成法中学校から見た桑田真澄桑田真澄

    桑田真澄 - 元プロ野球選手八尾市立成法中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波健二

    丹波健二から見た桑田真澄桑田真澄

    1981年に日体荏原高に入学。甲子園を目指すも、2年生の時は東東京大会の準々決勝で、投手に1学年先輩の今野隆裕(後にロッテ)を擁しながらも城西大附高に7-1のコールド勝ち寸前から7-10へのまさかの逆転負けでベスト8止まり。3年生の時も、東東京大会準々決勝で、山口重幸(後に阪神)、森範行(後に日本ハム)ら1学年下を中心とする岩倉高に逆転負けを喫した。岩倉高は、翌年の春の選抜で初出場ながら山口、森の活躍により桑田、清原を擁したPL学園を破り全国制覇をした。丹波健二 フレッシュアイペディアより)

  • マーベル・ウイン

    マーベル・ウインから見た桑田真澄桑田真澄

    同年度入団した外国人に、1991年度年俸が4000万とウインの年俸の3分の1以下であるトーマス・オマリーがいる。オマリーは日本野球に順応しようと食事では箸を使うなど努力し、日本野球界で成功した。対照的に、入団前はオマリー以上の評価を受けていたウインは、日本に適応するための努力をせず、結果を残せず明暗を分けた。あまりの明暗ぶりに、両選手を比較して話すファンも多く、「凡打製造機」と揶揄されていた。1991年7月7日の巨人戦(東京ドーム)、延長13回に桑田真澄からドーム最上階に叩き込む150m級の決勝本塁打を放った。ウインは前述の通り目立った成績を残せず、その試合で3回から登板し無失点に抑えて勝利投手となった仲田幸司もこの年は絶不調で1勝7敗(つまりこの試合がシーズン唯一の勝利)だったため、当時阪神ファンは「七夕の奇跡」と珍しがった。マーベル・ウイン フレッシュアイペディアより)

  • 南九州短期大学

    南九州短期大学から見た桑田真澄桑田真澄

    2008年1月16日、桑田真澄による教養公開講座が行なわれた。南九州短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • アニータ・カステロ

    アニータ・カステロから見た桑田真澄桑田真澄

    1985年初頭から、日本においてクリスチャン・ディオールのファッションモデルとして活動する。1988年12月初め、球団関係者の紹介でパーティで知り合ったプロ野球読売ジャイアンツの桑田真澄と交際を開始する。1989年1月に交際が発覚するが、桑田は否定。その後、4月1日に桑田が登板する東京ドームでの西武とのオープン戦にアニータが現れるなど注目を集めたが、その直後に破局。アニータが所属事務所や友人の猛反対にあったことや、桑田も球団上層部から忠告を受けた上に母親からも反対されたことが原因とされる。アニータ・カステロ フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の読売ジャイアンツ

    1985年の読売ジャイアンツから見た桑田真澄桑田真澄

    11月20日 - ドラフト会議が行われ、KKコンビで注目を集めたPL学園の清原和博は6球団の競合の末西武が交渉権を獲得。一方、早稲田大学進学が有力だった桑田真澄は巨人が1位単独指名で交渉権を獲得。1985年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

321件中 91 - 100件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード