303件中 91 - 100件表示
  • 田中一徳

    田中一徳から見た桑田真澄桑田真澄

    結局獲得する球団は現れなかったため現役引退を決意し、その旨をPL学園の先輩である桑田真澄に報告した。この様子はTBSの『NEWS23』で放映された。桑田からは「引退でもそれはマイナスということではないし、野球で学んだことを次のステップで生かしていけばいい」という言葉をかけられた。田中一徳 フレッシュアイペディアより)

  • 水野雄仁

    水野雄仁から見た桑田真澄桑田真澄

    82年の夏の選手権ではレフトとして出場、中軸を打ち、優勝に貢献した。荒木大輔を擁する早稲田実業学校との準々決勝では、終盤に満塁本塁打を放った。この試合で甲子園初登板も果している。翌83年夏のでは史上初の夏春夏の3連覇を目指して、全国大会に出場。準々決勝の中京戦での野中徹博との投手戦は、1980年代を代表する好ゲームとしてファンに記憶されている。準決勝では桑田真澄・清原和博のKKコンビいるPL学園に7対0で屈した。清原からは4三振を奪うも、桑田には左翼スタンドへの特大の本塁打を喫している(このときの桑田の本塁打が水野の甲子園での初被弾である)。水野雄仁 フレッシュアイペディアより)

  • 山本雅夫

    山本雅夫から見た桑田真澄桑田真澄

    育英高等学校から1972年ドラフト6位で南海ホークスに入団。1983年オフに鈴木伸良との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。1986年自由契約となり近鉄にテスト入団。1987年現役引退。左投手に強く(左殺し)、左腕先発時にはスタメンに名を連ねることも多かった。1986年に仙台遠征の夜に繁華街で写真週刊誌Emmaの記者とトラブルになり同僚の岡崎郁、桑田真澄とともに記者に暴行したと伝えられた。バッティングマシンに滅法強かった事から、山本マシン夫の異名がある。山本雅夫 フレッシュアイペディアより)

  • 完投

    完投から見た桑田真澄桑田真澄

    完投主義の最後の光芒と呼べるのが桑田真澄、斎藤雅樹、槙原寛己の「三本柱」を擁していた1989年・1990年の巨人である。両年とも巨人がリーグ優勝を果たしているが、これは藤田元司監督の先発完投主義によるもので、1990年にはチームで70完投を記録している。完投 フレッシュアイペディアより)

  • 中村順司

    中村順司から見た桑田真澄桑田真澄

    清原和博、桑田真澄のKKコンビを始め、立浪和義、大村三郎、福留孝介らを代表とする、数々の超高校級の選手を育てあげた名将。監督就任後は、1981年度卒業生の吉村禎章、若井基安、西川佳明から、1998年度卒業生の大西宏明、平石洋介(あるいは中村を慕って入学したはずの、2000年度卒業生加藤領健、中尾敏浩)に至るまで、すべての年度の卒業生の少なくとも一人以上を最終的にプロ入りさせている。中村順司 フレッシュアイペディアより)

  • 甲野善紀

    甲野善紀から見た桑田真澄桑田真澄

    甲野善紀は、独自に古文書、松林左馬助無雲の『願立剣術物語』、無住心剣流・小出切一雲、針ヶ谷夕雲の『天真独露』『無住心剣術書』、三代目真里谷円四郎語録、川村秀東の『前集』『中集』、丹羽十郎左衛門の『天狗芸術論』、金子弥次左衛門の『梅華集』、宮本武蔵の『五輪書』、千葉周作の『剣術物語』その他新陰流、起倒流柔術の加藤有慶、肥田式強健術の肥田春充、白井亨、中井亀治郎、弓道の梅路見鸞、整体の野口晴哉などから研究し、新体道の青木宏之、振武舘の黒田鉄山、沖縄古伝空手心道流の宇城憲治等と交流。後に確立した「うねらない、ためない、ひねらない」動きや固定的な支点に依らない動作、いわゆる「井桁術理」など、従来のスポーツ運動論にはなかった身体運用法を、様々な武術・武道・スポーツ・異業種との交流からヒントを得て研究している。甲野の紹介する技術は、安定している重心 (バランス) をわざと不安定にする事によって、軽い力加減で動かせるようにするもの (重いドラム缶を斜めにして転がすようなもの。) などで、たびたび「不安定な状態は、最も身軽な状態である。」と述べている。なお、こういった身体運用法については桑田真澄を初めとして卓球の平野早矢香、バスケットボールの小磯典子などが活躍し、甲野との面識はないものの末續慎吾が「ナンバ走り」を研究して世界陸上200mで銅メダルを獲得したと言われたこともありスポーツの各方面から注目され、ラグビーの平尾剛などが研究している。甲野善紀 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た桑田真澄桑田真澄

    (セ) ○桑田(巨)、中込(神)、岡林(ヤ)、与田、大野(広)?古田、達川(広)1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • オフサイド (漫画)

    オフサイド (漫画)から見た桑田真澄桑田真澄

    作中の食事シーンではコロッケばかり食べている(チームメイト曰く「味音痴で、コロッケ一つで丼飯を食べられる」)。また、着こなしにも無頓着である。キャラクターとしてのモデルは元巨人の桑田真澄オフサイド (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 白幡隆宗

    白幡隆宗から見た桑田真澄桑田真澄

    二軍のイースタン・リーグで首位打者になるなど実力はあったが、一軍では出場機会に恵まれなかった。オフ、岡本光との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍し、外野手に再転向。1番・右翼手でスタメン起用されたこともあり、優勝に貢献する働きをした。オフに自由契約となり、横浜大洋ホエールズに移籍。桑田真澄から逆転本塁打を放つなど対巨人戦には勝負強く、は1試合だけではあるが4番も任された。翌5月に須藤豊が監督を辞任して江尻亮が指揮を執ると出場機会が減少し、同年オフに戦力外通告を受け、現役引退。白幡隆宗 フレッシュアイペディアより)

  • 井出竜也

    井出竜也から見た桑田真澄桑田真澄

    1000試合出場:2004年4月22日、対横浜ベイスターズ3回戦(東京ドーム)、8回裏に桑田真澄の代打で出場 ※史上392人目井出竜也 フレッシュアイペディアより)

303件中 91 - 100件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード