321件中 11 - 20件表示
  • 桑田清原世代

    桑田清原世代から見た桑田真澄桑田真澄

    桑田清原世代(くわたきよはらせだい)とは、桑田真澄(1968年4月1日 - )・清原和博(1967年8月18日 - )と同学年にあたる1967年4月2日から1968年4月1日までに生まれた世代(とくに野球選手)を指す表現である。桑田清原世代 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の野球

    1987年の野球から見た桑田真澄桑田真澄

    巨人の桑田真澄が札幌円山球場での対広島11回戦で勝利投手となってシーズン10勝目を挙げ、1967年の江夏豊、堀内恒夫が記録して以来の20年ぶり10代での2ケタ勝利を記録。1987年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ドラベース ドラえもん超野球外伝

    ドラベース ドラえもん超野球外伝から見た桑田真澄桑田真澄

    江戸川ジャイアンツのエース、名乗る間もなく打たれたため名前は不明。モデルは桑田真澄と思われる。ドラベース ドラえもん超野球外伝 フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た桑田真澄桑田真澄

    読売ジャイアンツにおいては前川八郎→中尾碩志→藤田元司→堀内恒夫→桑田真澄→杉内俊哉と受け継がれ、「18=エース」のイメージが確立された。球団史上でも、背番号18の選手は上記の6名と、短期着用したヴィクトル・スタルヒン、近藤貞雄を加えたこの8名のみである。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤隆 (野球)

    斎藤隆 (野球)から見た桑田真澄桑田真澄

    この年はチーム最多の72試合に登板し防御率2.07、リリーフ投手中リーグ1位のWHIP0.91、同じく両リーグ最多となる107奪三振の好成績を挙げ、サイ・ヤング賞の選出投票で8位となった。後にピッツバーグ・パイレーツと契約する桑田真澄は、この斎藤の成功が自身にメジャー挑戦を決断させたと語っている。ポストシーズンではニューヨーク・メッツとのディビジョンシリーズで2試合に登板し2回2/3を無得点に抑えたものの、リードした場面での登板機会はなくチームは3連敗を喫した。オフには1年100万ドル(約1億1500万円)、出来高30万ドルで契約を更新。斎藤隆 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の野球

    1985年の野球から見た桑田真澄桑田真澄

    8月21日 - 第67回全国高校野球選手権大会決勝戦で、大阪府代表のPL学園が山口県代表の宇部商に4-3で勝利し、2年ぶり3度目の優勝。清原和博が1大会新記録となる通算5本塁打を記録。桑田真澄も勝利投手となり、春夏の甲子園での通算勝利数歴代2位となる20勝目を挙げる。1985年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 平田竹男

    平田竹男から見た桑田真澄桑田真澄

    現在早稲田大学スポーツ科学学術院のスポーツ研究科教授。早大での教え子にはシダックスの志太勤、元読売ジャイアンツの桑田真澄、現役競艇選手の江口晃生、日本プロテニス協会理事長の佐藤直子、プロレスラーの石澤常光(ケンドー・カシン)、講談社社長の野間省伸、元サッカー日本代表の相馬直樹、元卓球選手の松下浩二(現在は卓球用品総合メーカー「VICTAS」会長)、水泳指導者の平井伯昌、競輪選手の安福洋一・長塚智広、テレビ東京アナウンサーの大橋未歩、政治家の中山泰秀らがいる。早大においては専門であるスポーツ科学の他、官僚時代の経験からエネルギー・環境についての講義も担当している。平田竹男 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のメジャーリーグベースボール

    2007年のメジャーリーグベースボールから見た桑田真澄桑田真澄

    6月10日 -(現地時間)メジャーリーグ・ピッツバーグ・パイレーツの桑田真澄投手がヤンキースタジアムでの対ヤンキース戦でメジャーデビュー。3番手で登板し、2回1安打(1本塁打)2失点。2007年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学運動会硬式野球部

    東京大学運動会硬式野球部から見た桑田真澄桑田真澄

    2013年1月、桑田真澄を特別コーチとして招聘した。「最高の頭脳を持つ選手達に“考える野球”が出来ない訳がない」とは当人の弁。週に1度のペースで主に投手陣を指導したが2014年12月末でコーチを退任した。東京大学運動会硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺政仁

    渡辺政仁から見た桑田真澄桑田真澄

    同郷・同期の桑田真澄と比較されることが多く、素質は桑田以上と評されることもあったが、肩と肘の手術を経験するなど満足に投げられないことが多かった。それでも、年間出場した年は二軍でエース級の活躍をし、1993年には二軍で最多勝を獲得するなど期待されたが、翌1994年は手術とリハビリで二軍でも出場なしに終わり、結局投手として一軍に昇格することはなかった。渡辺政仁 フレッシュアイペディアより)

321件中 11 - 20件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード