303件中 11 - 20件表示
  • 西山秀二

    西山秀二から見た桑田真澄桑田真澄

    八尾市立大正中学校で後にPL学園⇒巨人と進んだ桑田真澄とバッテリーを組む。後年、西山は桑田のことを「今まで見てきた中で最高のピッチャー」と評している。上宮高では3年夏の府大会では5回戦で敗退。西山秀二 フレッシュアイペディアより)

  • カート・ミラー

    カート・ミラーから見た桑田真澄桑田真澄

    打撃も上手く、1999年8月22日の対読売ジャイアンツ戦では、同点で迎えた8回表に桑田真澄から自ら決勝本塁打を放ち、勝利投手になった。カート・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た桑田真澄桑田真澄

       桑田真澄巨人 下柳剛ダイエー1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た桑田真澄桑田真澄

    高校進学時は東京に住んでいて、関東の強豪校(学校名は発言していない)からの野球推薦の話があったにも関わらず、大阪のPL学園に入学した。PL学園に入るきっかけは、「1番はオヤジがPL出身だったことと、KKコンビ(桑田真澄・清原和博)が甲子園で活躍する姿やPLのユニフォームに憧れていた。」と語っているが、坪井のPL進学決意に父の新三郎は「あとは自分で考えてやれ」とPL学園入学の後押しもしなかったという。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡篤史

    片岡篤史から見た桑田真澄桑田真澄

    PL学園高校時代、4番打者としての甲子園で春・夏連覇を果たす。同期に立浪和義・橋本清・野村弘ら、1学年下には宮本慎也、2学年上には清原和博・桑田真澄がいた。片岡篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年の日本シリーズ

    1990年の日本シリーズから見た桑田真澄桑田真澄

    斎藤雅樹・桑田真澄などセ・リーグの防御率上位4人、シーズン70完投を記録していた巨人であったが、9月8日の対ヤクルト戦でリーグ優勝を決めてから間隔が空いており、巨人系列の読売新聞は、やはり西武対巨人の2002年の日本シリーズ終了を報じる記事で、これら投手陣が「豊富なデータを消化不良のまま」「主軸を警戒しすぎて次々にKOされた」と振り返っている。1990年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高校野球

    日本の高校野球から見た桑田真澄桑田真澄

    現在、1人の選手が甲子園に出場できる回数は最大5回まで。しかし、学制改革前は旧制中学が5年制のため6回以上甲子園に出場することが可能であり(ここには学制改革が行われた直後の高校生を含む)、理論上は1人の選手が9回出場することが可能だった。1人の選手による最多出場回数は小川正太郎(和歌山中、現・和歌山県立桐蔭高校)の8回が最高。学制改革後に、5回すべてに出場した選手は荒木大輔(早稲田実、のちヤクルトスワローズ)、清原和博(PL学園、のち西武ライオンズ他)、桑田真澄(PL学園、のち読売ジャイアンツ)、小沢章一(早稲田実、荒木と同期の選手)、梅田大喜(明徳義塾)、鶴川将吾(明徳義塾)、道端俊輔(智弁和歌山)などがいる。日本の高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺智男

    渡辺智男から見た桑田真澄桑田真澄

    3年春に選抜高校野球大会に出場し、これが同校初の全国大会となった。渡辺自身を含めチームは1回戦突破を目標としていたが、抽選の結果、初戦の相手はチーム打率が4割を超す東海大浦安となった。しかし1回表に渡辺の本塁打で先制して流れをつかみ、5対1で勝利。これによってチームの緊張が解け、落ち着いてプレーできたという。準決勝では清原和博、桑田真澄らを擁するPL学園と対戦。伊野商が初出場だった事もあり、下馬評では圧倒的有利だったPL側は投手対策を特に立てておらず、渡辺が清原を3三振に封じ込めるなどわずか1失点の好投で勝利した。決勝の対帝京戦では自ら本塁打を放ち、小林昭則との投げ合いを13奪三振の完封で制して優勝した。渡辺智男 フレッシュアイペディアより)

  • MAJOR

    MAJORから見た桑田真澄桑田真澄

    桑田真澄や井川慶、岩村明憲、田中将大ら、現役・元プロ野球選手にもファンが多い。MAJOR フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤隆 (野球)

    斎藤隆 (野球)から見た桑田真澄桑田真澄

    この年はチーム最多の72試合に登板し防御率2.07、リリーフ投手中リーグ1位のWHIP0.91、同じく両リーグ最多となる107奪三振の好成績を挙げ、後にピッツバーグ・パイレーツと契約する桑田真澄は、この斎藤の成功が自身にメジャー挑戦を決断させたと語っている。ポストシーズンではニューヨーク・メッツとのディビジョンシリーズで2試合に登板し2回2/3を無得点に抑えたものの、リードした場面での登板機会はなくチームは3連敗を喫した。オフには1年100万ドル(約1億1500万円)、出来高30万ドルで契約を更新。斎藤隆 (野球) フレッシュアイペディアより)

303件中 11 - 20件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード