303件中 21 - 30件表示
  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た桑田真澄桑田真澄

    9月23日 - 巨人・桑田真澄投手が自身のホームページで退団を表明。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た桑田真澄桑田真澄

    6月10日 -(現地時間)メジャーリーグ・パイレーツの桑田真澄投手がヤンキースタジアムでの対ヤンキース戦でメジャーデビュー。3番手で登板し、2回1安打(1本塁打)2失点。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の野球

    1985年の野球から見た桑田真澄桑田真澄

    8月21日 - 第67回全国高校野球選手権大会決勝戦でPL学園が宇部商に4?3で勝利し、2年ぶり3度目の優勝。清原和博が1大会新記録となる5本塁打を記録。桑田真澄も勝利投手となり、甲子園での通算勝利数歴代2位となる20勝目を挙げている。1985年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た桑田真澄桑田真澄

    上宮高校で甲子園に3回出場。1989年の夏の甲子園では1試合2本塁打を放つなど注目された。同校では種田仁、小野寺在二郎、ほっしゃん。(お笑い芸人)とチームメイトである。高校通算24本塁打。甲子園通算6本塁打は清原和博に次いで歴代2位タイ(桑田真澄と同数)の記録である。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 甲子園連覇

    甲子園連覇から見た桑田真澄桑田真澄

    「絶対的優勝候補」とされて2年目夏に臨んだ83年の池田は自慢のやまびこ打線がその力を発揮して準々決勝まで危なげなく勝ち続けた。ベスト4に進出した他の3校の前評判が池田よりも低かったことから、史上初甲子園3季連続優勝の偉業がいよいよ視野に入っての準決勝だったが、三回戦の広島商戦で頭部にデッドボールを受けていたエース水野が1年生の桑田真澄・清原和博(KKコンビ)が中心のPL学園に序盤から打ち込まれ、自慢の打線も桑田の落差の大きいカーブと絶妙のコントロールの前にまさかの0-7完封負け。PL学園も81年-82年と春連覇していたものの、戦前の予想では池田が圧倒的に優位とされていただけに、池田のこの敗戦は大きな話題となった。勝ったPL学園はそのまま優勝し、その後KKコンビを中心に黄金時代を迎えることになる。甲子園連覇 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た桑田真澄桑田真澄

    8月21日 - 第65回全国高校野球選手権大会は大阪・PL学園高校が桑田真澄・清原和博の1年生コンビの活躍で5年ぶり2度目の優勝。前日の準決勝で池田高校の史上初となる甲子園3連覇を阻止。1983年 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た桑田真澄桑田真澄

    1990年(平成2年)、34本塁打・102打点で本塁打王と打点王を獲得。両リーグ本塁打王は史上初だった。また、最高出塁率も獲得していた為、結果的にはセ・リーグ移籍後初となるタイトル三冠を手中にしている。この年、鳴り物入りでプロ入りし快進撃を続けていた近鉄バファローズ(当時)の野茂英雄について、オールスター前にコメントを求められた落合は「フォークでしか勝負できないんだろう。若いのにオジン臭い投手だ」と酷評。そしてオールスター第2戦で落合と野茂の対決が実現すると、落合は野茂が投じた高めのストレートを狙い打ち、本塁打を放った。全パを指揮していた森祇晶は野茂にフォークの多投を進言していたが、野茂はこの対戦で1球しかフォークを投げておらず、完全に落合の挑発に乗った形になってしまった。桑田真澄や今中慎二にも同様のエピソードがある。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 槙原寛己

    槙原寛己から見た桑田真澄桑田真澄

    斎藤雅樹、桑田真澄とともに1990年代の読売ジャイアンツを支えた3本柱の一人。引退後はTBSの解説者。愛称は「マッキー」「マキさん」「ミスター・パーフェクト」など。槙原寛己 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た桑田真澄桑田真澄

    7月23日の対巨人戦(甲子園)で、桑田真澄から本塁打を放ち通算250本塁打を達成するも、12年間続けていた100試合出場が途切れる。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見た桑田真澄桑田真澄

    、引退も考えていた桑田真澄の先発復帰、故障で一軍から離脱していた河原純一の抑え転向、長嶋政権下ではスタメンを外れることの多かった清水隆行の1番起用など大胆な選手起用を行い、就任1年目にしてリーグ優勝に導いた。2002年の日本シリーズでは西武ライオンズ相手に球団史上初の無傷の4連勝で、長嶋や王が成し得なかった「監督初年度での日本一」を達成した。この年、松井秀喜と清水以外の選手は故障、翌年も怪我人の多い2年間だったものの、日本一となった2002年などは、当時の支配下選手70名中66名を一軍で適材適所で使い分け、二軍で好調だった選手を昇格後即スタメンで起用したり、積極的にエンドランや盗塁を用いる用兵で結果を残した。6月19日の対横浜戦の11回表無死一塁で、打者が投手で左打者の岡島秀樹、相手投手が左投げの河原隆一の場面、ベンチに控え野手清原和博・村田善則・鈴木尚広が残っている状況で、投手である桑田真澄を代打に指名した。横浜は投手を右投げの東和政に交代させ、守備陣はバントシフトを敷くが、桑田は初球をバスターエンドランし、試合に勝利した。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

303件中 21 - 30件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード