321件中 21 - 30件表示
  • 西山秀二

    西山秀二から見た桑田真澄桑田真澄

    八尾市立大正中学校時代は桑田真澄とバッテリーを組み、上宮高では3年次の1985年、夏の甲子園大阪予選では5回戦で敗退。西山秀二 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺智男

    渡辺智男から見た桑田真澄桑田真澄

    3年春に選抜高校野球大会に出場し、これが同校初の全国大会となった。渡辺自身を含めチームは1回戦突破を目標としていたが、抽選の結果、初戦の相手はチーム打率が4割を超す東海大浦安となった。しかし1回表に渡辺の本塁打で先制して流れをつかみ、5対1で勝利。これによってチームの緊張が解け、落ち着いてプレーできたという。準決勝では清原和博、桑田真澄らを擁するPL学園と対戦。伊野商が初出場だった事もあり、下馬評では圧倒的有利だったPL側は投手対策を特に立てておらず、渡辺が清原を3三振に封じ込めるなどわずか1失点の好投で勝利した。決勝の対帝京戦では自ら本塁打を放ち、小林昭則との投げ合いを13奪三振の完封で制して優勝した。渡辺智男 フレッシュアイペディアより)

  • ドリフのクリスマスプレゼント

    ドリフのクリスマスプレゼントから見た桑田真澄桑田真澄

    野球選手ゲストは水野雄仁と桑田真澄(ともに当時読売ジャイアンツ投手)で、この年セ・リーグ優勝を果たしている。ドリフのクリスマスプレゼント フレッシュアイペディアより)

  • 槙原寛己

    槙原寛己から見た桑田真澄桑田真澄

    斎藤雅樹、桑田真澄とともに1990年代の読売ジャイアンツを支えた先発3本柱の一人。愛称は「マッキー」「マキさん」「ミスター・パーフェクト」など。所属事務所はノースプロダクション→オールラウンド。槙原寛己 フレッシュアイペディアより)

  • 中山裕章

    中山裕章から見た桑田真澄桑田真澄

    高知商高では1年生の時、夏の甲子園に津野浩の控え投手として出場。準々決勝に進出し、桑田真澄・清原和博(KKコンビ)のいたPL学園との対戦で、津野をリリーフして甲子園に初登板するが、9-10の接戦で敗れた。3年生となった、エースとして夏の甲子園に再度出場したが、準々決勝でまたもPL学園の桑田と投げ合い、3-6で敗退、ベスト8で終わった。同年秋、第40回国民体育大会高等学校野球競技優勝の原動力となった。この時の控え投手に1年下の岡林洋一がいる。また、大洋時代の監督・須藤豊は高校の大先輩にあたり、阪神タイガースの藤川球児は中学校・高校の後輩である。中山裕章 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡篤史

    片岡篤史から見た桑田真澄桑田真澄

    PL学園高校時代、4番打者として春の第59回選抜と同年夏の第69回全国選手権で優勝を果たし、甲子園史上4校目となる春夏連覇を達成。同期に立浪・橋本清・野村弘ら、1学年下には宮本慎也、2学年上には清原和博・桑田真澄のKKコンビがおり、片岡は清原の付き人であった。また、2学年下には清原和博の弟の清原幸治がおり、3年時の片岡の付き人であった。片岡篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た桑田真澄桑田真澄

    7月23日の対巨人戦(甲子園)で、桑田真澄から本塁打を放ち通算250本塁打を達成するも、12年間続けていた100試合出場が途切れる。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の日本

    1985年の日本から見た桑田真澄桑田真澄

    4月7日 - 第57回選抜高校野球大会は高知・伊野商業高校が大会初出場で初優勝。桑田真澄・清原和博の「KKコンビ」を擁する大阪・PL学園高校は準決勝で同校に敗退。1985年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高校野球

    日本の高校野球から見た桑田真澄桑田真澄

    現在、1人の選手が甲子園に出場できる回数は最大5回まで。しかし、学制改革前は旧制中学が5年制のため6回以上甲子園に出場することが可能であり(ここには学制改革が行われた直後の高校生を含む)、理論上は1人の選手が9回出場することが可能だった。1人の選手による最多出場回数は小川正太郎(和歌山中、現・和歌山県立桐蔭高校)の8回が最高。学制改革後に、5回すべてに出場した選手は荒木大輔(早稲田実・1980年〜1982年、のちヤクルトスワローズ)、小沢章一(早稲田実・1980年〜1982年、荒木と同期の選手)、清原和博(PL学園・1983年〜1985年、のち西武ライオンズ他)、桑田真澄(PL学園・1983年〜1985年、のち読売ジャイアンツ)、梅田大喜(明徳義塾・2002年〜2004年)、鶴川将吾(明徳義塾・2002年〜2004年)、道端俊輔(智弁和歌山・2009年〜2011年)などがいる。日本の高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の日本

    1983年の日本から見た桑田真澄桑田真澄

    8月21日 - 第65回全国高校野球選手権大会は大阪・PL学園高校が桑田真澄・清原和博の1年生コンビの活躍で5年ぶり2度目の優勝。前日の準決勝で池田高校の史上初となる甲子園3連覇を阻止。1983年の日本 フレッシュアイペディアより)

321件中 21 - 30件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード