303件中 41 - 50件表示
  • 小森哲也

    小森哲也から見た桑田真澄桑田真澄

    上宮高校を経て、のドラフト4位で中日ドラゴンズに入団。のいわゆる「10.8決戦」では、最後の打者として桑田真澄から三振を喫するシーンが有名であった。小森哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田剛

    吉田剛から見た桑田真澄桑田真澄

    1984年の夏の甲子園に茨城県代表・取手二高の主将として出場した吉田は、決勝戦でKKコンビのPL学園高校と対戦、桑田真澄から本塁打を放ち優勝に貢献した。同期に大洋に入団した石田文樹がいる。吉田剛 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐雅人

    甲斐雅人から見た桑田真澄桑田真澄

    小学生の頃、野球教室で元巨人の桑田真澄から指導を受けたことがある。甲斐雅人 フレッシュアイペディアより)

  • エスターリン・フランコ

    エスターリン・フランコから見た桑田真澄桑田真澄

    初打点:2005年8月20日、対読売ジャイアンツ16回戦(東京ドーム)、5回表に桑田真澄から左前先制決勝適時打エスターリン・フランコ フレッシュアイペディアより)

  • マーベル・ウイン

    マーベル・ウインから見た桑田真澄桑田真澄

    同年度入団した外国人に、1991年度年俸が4000万とウインの年俸の3分の1以下であるトーマス・オマリーがいる。オマリーは日本野球に順応しようと食事では箸を使うなど努力し、日本野球界で成功した。対照的に、入団前はオマリー以上の評価を受けていたウインは、日本に適応するための努力をせず、結果を残せず明暗を分けた。あまりの明暗ぶりに、両選手を比較して話すファンも多く、「凡打製造機」と揶揄されていた。1991年7月7日の巨人戦(東京ドーム)、延長13回に桑田真澄からドーム最上階に叩き込む150m級の決勝本塁打を放った。ウインは前述の通り目立った成績を残せず、その試合で3回から登板し無失点に抑えて勝利投手となった仲田幸司もこの年は絶不調で1勝7敗(つまりこの試合がシーズン唯一の勝利)だったため、当時阪神ファンは「七夕の奇跡」と珍しがった。マーベル・ウイン フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のセントラル・リーグ

    1995年のセントラル・リーグから見た桑田真澄桑田真澄

    巨人は、開幕カードのヤクルト戦で、初戦こそ斎藤雅樹投手が完封勝利を収めたものの、2戦目は桑田真澄投手が完投を勝利を目前にして、9回に飯田哲也外野手に頭部を直撃する危険球を投じてしまい、退場したことをきっかけにして、逆転負けを喫してしまう。3戦目も敗れ、スタートは3勝8敗と最悪。結局、巨人は優勝争いに加わることなく終わった。1995年のセントラル・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 東俊介

    東俊介から見た桑田真澄桑田真澄

    2009年3月現役引退。引退後は早稲田大学大学院にて平田竹男教授のもと、桑田真澄、江口晃生、中山泰秀らとスポーツマネジメントを学び、2010年3月卒業。大崎オーソルのチームマネジメントをテーマにした修士論文は優秀論文賞を受賞した。東俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 内匠政博

    内匠政博から見た桑田真澄桑田真澄

    PL学園高校では清原和博や桑田真澄らと同期で、3年生時の夏の甲子園では1番・中堅手として出場し、全国制覇。近畿大学では酒井光次郎と同期。関西学生リーグ通算81試合出場、322打数96安打、打率.298、3本塁打、29打点。ベストナイン3度受賞。内匠政博 フレッシュアイペディアより)

  • 前田俊郎

    前田俊郎から見た桑田真澄桑田真澄

    所沢商業高校3年時に出場した第65回全国高等学校野球選手権大会では初戦のPL学園高校戦で桑田真澄と投げ合うが加藤正樹に本塁打を打たれるなどし2-6で敗れた(この試合で前田は桑田から本塁打を打っている)。卒業後は新日鐵君津を経て1987年ドラフト5位で西武ライオンズに入団した。しかし1軍出場がないまま1992年に退団した。その後は西武でスカウトを務めていた。前田俊郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田原伸吾

    田原伸吾から見た桑田真澄桑田真澄

    準々決勝では同期の桑田、清原のKKコンビを擁するPL学園と対戦し、最終回に田原は桑田から右中間に打ち返し1点を返すも、1 - 5で敗戦。田原伸吾 フレッシュアイペディアより)

303件中 41 - 50件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード