321件中 61 - 70件表示
  • シンクロ打法

    シンクロ打法から見た桑田真澄桑田真澄

    投手がシンクロ打法のタイミング同調行為を無効化するために行う技術を指して、シンクロ崩しという。通常、投手が重心を降下する際には、その速度を随意的に早めることはできても、遅くすることはできないとされていた。しかし、桑田真澄と橋本武広など、軸足の粘りによって、シンクロを無効化する投手が存在することが指摘されている。シンクロ打法 フレッシュアイペディアより)

  • 甲野善紀

    甲野善紀から見た桑田真澄桑田真澄

    甲野善紀は、独自に古文書、松林左馬助無雲の『願立剣術物語』、無住心剣流・小出切一雲、針ヶ谷夕雲の『天真独露』『無住心剣術書』、三代目真里谷円四郎語録、川村秀東の『前集』『中集』、丹羽十郎左衛門の『天狗芸術論』、金子弥次左衛門の『梅華集』、宮本武蔵の『五輪書』、千葉周作の『剣術物語』その他新陰流、起倒流柔術の加藤有慶、肥田式強健術の肥田春充、白井亨、中井亀治郎、弓道の梅路見鸞、整体の野口晴哉などから研究し、新体道の青木宏之、振武舘の黒田鉄山、沖縄古伝空手心道流の宇城憲治等と交流。後に確立した「うねらない、ためない、ひねらない」動きや固定的な支点に依らない動作、いわゆる「井桁術理」など、従来のスポーツ運動論にはなかった身体運用法を、様々な武術・武道・スポーツ・異業種との交流からヒントを得て研究している。甲野の紹介する技術は、安定している重心 (バランス) をわざと不安定にする事によって、軽い力加減で動かせるようにするもの (重いドラム缶を斜めにして転がすようなもの。) などで、たびたび「不安定な状態は、最も身軽な状態である。」と述べている。なお、こういった身体運用法については桑田真澄を初めとして卓球の平野早矢香、バスケットボールの小磯典子などが活躍し、甲野との面識はないものの末續慎吾が「ナンバ走り」を研究して世界陸上200mで銅メダルを獲得したと言われたこともありスポーツの各方面から注目され、ラグビーの平尾剛などが研究している。甲野善紀 フレッシュアイペディアより)

  • 山田和利

    山田和利から見た桑田真澄桑田真澄

    初本塁打:1988年6月18日、対読売ジャイアンツ12回戦(ナゴヤ球場)、7回裏に都裕次郎の代打として出場、桑田真澄からソロ山田和利 フレッシュアイペディアより)

  • 1968年のスポーツ

    1968年のスポーツから見た桑田真澄桑田真澄

    4月1日 - 桑田真澄(大阪府、野球)1968年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 白球の記憶

    白球の記憶から見た桑田真澄桑田真澄

    「PL学園 KKコンビ?第65-67回 桑田真澄・清原和博」(8月12日・6日目第3-4試合) - “甲子園の申し子”と言われたKKコンビ(桑田・清原両選手)の活躍による第65・67回大会のPL学園2回の優勝(同校通算3回目)の様子を紹介。白球の記憶 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の読売ジャイアンツ

    1995年の読売ジャイアンツから見た桑田真澄桑田真澄

    前年5年ぶりに日本一になった巨人は、FAでヤクルトから広沢克己、広島から川口和久を獲得、また近鉄とのトレードで阿波野秀幸、ヤクルトを自由契約になったジャック・ハウエル、さらにミネソタ・ツインズのシェーン・マックを2年8億円という破格の条件で獲得するなど、より盤石な戦力となりシーズン前は優勝の絶対本命に推されていた。そして迎えたヤクルトとの開幕3連戦、開幕戦は斎藤雅樹が3安打完封に抑え快勝、翌日の2戦目も桑田真澄が8回まで2安打無失点と2試合連続完封が見えてきた矢先、桑田は9回先頭打者の飯田哲也の頭部に死球を与え危険球退場となり、急遽登板した橋本清と石毛博史が打ち込まれ逆転負け、続く3戦目も敗れヤクルトを勢いづかせた。波に乗れない巨人は5月24日の試合で桑田が右ヒジを負傷し戦線離脱、さらに8月には家庭の事情で帰国していたハウエルが途中退団となかなかヤクルトとの差を縮めることができないでいたが、長嶋監督は逆転を信じ「メークドラマ」という言葉で選手に奮起を促した。しかし9月9日のヤクルト戦でテリー・ブロスにノーヒットノーランを許し意気消沈した巨人は、9月30日にまたもブロスに完封負けを喫し、20年ぶりに目の前で相手球団(ヤクルト)の胴上げを許すという屈辱を味わった。10月8日の最終戦で原辰徳が引退。1995年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年の読売ジャイアンツ

    1991年の読売ジャイアンツから見た桑田真澄桑田真澄

    14日の広島戦で桑田真澄がプロ初セーブを記録。1991年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の読売ジャイアンツ

    1997年の読売ジャイアンツから見た桑田真澄桑田真澄

    ゴールデングラブ賞:桑田真澄(投手、3年ぶり6度目)1997年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の読売ジャイアンツ

    1993年の読売ジャイアンツから見た桑田真澄桑田真澄

    桑田真澄(投手、2年ぶり4度目)1993年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の読売ジャイアンツ

    1998年の読売ジャイアンツから見た桑田真澄桑田真澄

    最高勝率:桑田真澄(.762、初受賞)1998年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

321件中 61 - 70件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード