前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
268件中 1 - 10件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た清原和博

    PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビで一世を風靡し、プロ入り後は1990年代の読売ジャイアンツ(巨人)を、斎藤雅樹、槙原寛己とともに先発3本柱の一人として支えた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た立浪和義

    7回3点リードの状態から登板し、「(準備は十分であったが、狭いナゴヤ球場等の条件下で)正直にいうと、怖かった」と述べている状況であった。8回先頭打者のPLの後輩で同室だった立浪和義が一塁ベースに執念のヘッドスライディングで左肩を痛めて負傷退場となりながら内野安打としたシーンに感動したことを認めている。9回裏二死小森哲也を大きなカーブで空振り三振に打ち取り、3イニングを無失点に抑えてセーブを挙げた。『ベースボールマガジン』2009年3月号は、「(最後の打者が三振の)直後の桑田のガッツポーズは多くの野球ファンの記憶に刻み込まれているはずだ」(pp.72-73)と記述している。試合前に涙を流し続けていたので、試合終了後は特に涙は出てはいなかった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た村田真一

    も回復の兆しが見えず、4勝5敗の成績で終わった。16勝を挙げた1998年から2001年までの4年間はいずれも防御率4点台だった。そして共に巨人の一時代を築いた斎藤、槙原、村田真一などのベテラン勢が引退した。長嶋も監督を勇退した。長嶋政権の晩年は成績を残せなかったが、この時期の桑田のことを落合博満は、後年、自著の中で大きく評価をしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た槙原寛己

    PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビで一世を風靡し、プロ入り後は1990年代の読売ジャイアンツ(巨人)を、斎藤雅樹、槙原寛己とともに先発3本柱の一人として支えた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た長嶋茂雄

    長嶋茂雄が2度目の巨人監督へ就任したも前年に続いて打線の援護に恵まれないこともあって精彩を欠き、野手転向論が再度沸くようになる。この時期の不調に関して、当時セ・リーグの審判だった田中俊幸の著書「審判だからわかること」によると「低めの球に伸びがなく、それまでストライクとコールしていた球が外れるようになっていた」という。シーズンは、14勝11敗、防御率2.52、奪三振185の成績を挙げ、最多奪三振のタイトルを獲得。シーズンを通しての活躍でセ・リーグ最優秀選手 (MVP) に選出される。8月13日の阪神タイガース戦(東京ドーム)では、セ・リーグタイ記録の16奪三振(毎回奪三振も記録)で完封。また、10.8決戦で、7回から救援登板、9回までを無失点に抑えて胴上げ投手となる。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た落合博満

    も回復の兆しが見えず、4勝5敗の成績で終わった。16勝を挙げた1998年から2001年までの4年間はいずれも防御率4点台だった。そして共に巨人の一時代を築いた斎藤、槙原、村田真一などのベテラン勢が引退した。長嶋も監督を勇退した。長嶋政権の晩年は成績を残せなかったが、この時期の桑田のことを落合博満は、後年、自著の中で大きく評価をしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た幻冬舎

    『心の野球 超効率的努力のススメ』(桑田真澄(著)、幻冬舎、2010/6、ISBN 978-4344018242)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たぴあ

    『不惑 桑田・清原と戦った男たち』(矢崎良一(著)、ぴあ、2008/2、不惑の年(40歳)を迎えたKKコンビと同学年の9人(内プロ経験者8名)にKKコンビに関する取材をしたノンフィクション、渡辺智男、西山秀二、酒井光次郎、小林昭則、高林孝行、大森剛、大塚光二、今久留主成幸、小林至が取材対象、ISBN 978-4835616926)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た堀内恒夫

    2年目の7月8日、札幌市円山球場での広島東洋カープ戦で、自らの3点本塁打とタイムリーヒットでチームの全4得点をもたらした上で、プロ初完封勝利を挙げる。このシーズンは15勝6敗、防御率2.17の成績を挙げ最優秀防御率のタイトルを獲得、沢村賞に選ばれた。また、堀内恒夫以来の10代での2桁勝利となった。同年の日本シリーズでは第1戦と第5戦に先発したが、いずれの試合も自らのエラーで自滅し、序盤で降板した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た阪神タイガース

    打者としての才能にも優れ、甲子園通算本塁打数も清原和博に次ぐ歴代2位の6本である(内訳⇒高1夏:2、高2春:2、高2夏:1、高3春:0、高3夏:1)。高校通算25本塁打。5回の大会の中で桑田・清原のいたPL学園を1失点以内で抑えた投手は、2年生春の準決勝で延長11回で0-1で敗れた田口竜二(都城高⇒南海)、同決勝で1-0で投げ勝った山口重幸(岩倉高⇒阪神)、3年生春の準決勝で3-1で投げ勝った渡辺智男(伊野商⇒NTT四国⇒西武)といずれもプロ入りをしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
268件中 1 - 10件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード