前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た清原和博

    高校時代は清原和博とのK・Kコンビで一世を風靡し、斎藤雅樹、槙原寛己とともに1990年代の読売ジャイアンツを支えた3本柱の一人。現在はボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長、指導者講習会を行う特定非営利活動法人アミーチ・デル・クオーレの理事長を務めている。私生活では既婚者で2男の父。プロゴルファーの桑田泉は実弟。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た槙原寛己

    高校時代は清原和博とのK・Kコンビで一世を風靡し、斎藤雅樹、槙原寛己とともに1990年代の読売ジャイアンツを支えた3本柱の一人。現在はボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長、指導者講習会を行う特定非営利活動法人アミーチ・デル・クオーレの理事長を務めている。私生活では既婚者で2男の父。プロゴルファーの桑田泉は実弟。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た立浪和義

    7回3点リードの状態から登板し、「(準備は十分であったが、狭いナゴヤ球場等の条件下で)正直にいうと、怖かった」と述べている状況であった。8回先頭打者のPLの後輩で同室だった立浪和義が一塁ベースに執念のヘッドスライディングで左肩を痛めて負傷退場となりながら内野安打としたシーンに感動したことを認めている。9回裏2死小森哲也を大きなカーブで空振り三振に打ち取り、3イニングを無失点に抑えてセーブを挙げた。『ベースボールマガジン』2009年3月号は、「(最後の打者が三振の)直後の桑田のガッツポーズは多くの野球ファンの記憶に刻み込まれているはずだ」(pp.72-73)と記述している。試合前に涙を流し続けていたので、試合終了後は特に涙は出てはいなかった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た村田真一

    オフ、共に巨人の一時代を築いた斎藤、槙原、村田真一が引退。自身も引退を決意するが、長嶋茂雄に代わって巨人監督に就任した原辰徳から「来年も一緒にやろう」と声を掛けられ、現役を続行。、古武術を応用したトレーニング、投球フォームを取り入れ復活。4年ぶりの二桁勝利、15年ぶりの最優秀防御率のタイトル獲得でチーム日本一に貢献した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た幻冬舎

    『心の野球 超効率的努力のススメ』(桑田真澄(著)、幻冬舎、2010/6、ISBN 978-4344018242)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たぴあ

    『不惑 桑田・清原と戦った男たち』(矢崎良一(著)、ぴあ、2008/2、不惑の年(40歳)を迎えたKKコンビと同学年の9人(内プロ経験者8名)にKKコンビに関する取材をしたノンフィクション、渡辺智男、西山秀二、酒井光次郎、小林昭則、高林孝行、大森剛、大塚光二、今久留主成幸、小林至が取材対象、ISBN 978-4835616926)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た読売ジャイアンツ

    大正中学時代にバッテリーを組んでいたのが上宮高校⇒南海⇒広島⇒巨人でプロ野球選手として活躍した西山秀二(前・巨人一軍バッテリーコーチ)である。桑田、西山率いるこの年の大正中は投打とも群を抜く強さだったと言われ、また大会50周年記念誌には、「桑田の球はファウルにするのがやっとという有様で、たまに出塁しても、見事なピックオフプレーにやられ、完敗を喫した。負けて悔しいというよりも、あまりの力の差に唖然とさせられるばかりだった」と、当時の怪物桑田を物語る逸話が掲載されている。準硬式の関係者の間では「大正中学に桑田あり」とその名を轟かせていた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た阪神タイガース

    高校野球激戦区の大阪府から甲子園に出場可能な5回全てに出場。そのうち4度決勝に進出し1年夏と3年夏の2回優勝という記録を清原とともに打ち立てる。甲子園での通算勝利数は吉田正男に次ぐ歴代2位で学制改革以後は1位(20勝3敗)。なお、「夏の甲子園の優勝投手はプロで大成しない」と言われていたが、桑田がプロで173勝の成績を残した為、このジンクスも桑田によって破られた形となった。桑田はプロに進んだ時の事を考え、ストレートとカーブのみで3年間通した。打者としての才能にも優れ、甲子園通算本塁打数も清原和博に次ぐ歴代2位の6本である(内訳:高1夏2、高2春2、高2夏1、高3春0、高3夏1)。高校通算25本塁打。5回の大会の中で桑田・清原のいたPL学園を1失点以内で抑えた投手は、2年生春の準決勝で延長11回で0-1で敗れた田口竜二(都城高⇒南海)、同決勝で1-0で投げ勝った山口重幸(岩倉高⇒阪神)、3年生春の準決勝で3-1で投げ勝った渡辺智男(伊野商⇒NTT四国⇒西武)といずれもプロ入りをしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た広島東洋カープ

    大正中学時代にバッテリーを組んでいたのが上宮高校⇒南海⇒広島⇒巨人でプロ野球選手として活躍した西山秀二(前・巨人一軍バッテリーコーチ)である。桑田、西山率いるこの年の大正中は投打とも群を抜く強さだったと言われ、また大会50周年記念誌には、「桑田の球はファウルにするのがやっとという有様で、たまに出塁しても、見事なピックオフプレーにやられ、完敗を喫した。負けて悔しいというよりも、あまりの力の差に唖然とさせられるばかりだった」と、当時の怪物桑田を物語る逸話が掲載されている。準硬式の関係者の間では「大正中学に桑田あり」とその名を轟かせていた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た伊藤淳史

    サントリー『BOSSコーヒー』贅沢微糖 いいとこドリップ「贅沢バッティングセンター」篇(2009年、上野由岐子、伊藤淳史と共演)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード