268件中 11 - 20件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た伊藤淳史

    サントリー『BOSSコーヒー』贅沢微糖 いいとこドリップ「贅沢バッティングセンター」篇(2009年、上野由岐子、伊藤淳史と共演)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た岩本勉

    6月15日、阪神タイガース戦の3回表において、湯舟敏郎の放った三塁線沿いの小フライ捕球の際に右肘を強打、その後も6回途中に降板するまで遜色無い投球を続けていたが、後の検査で側副靭帯断裂の重傷を負っていたことが判明。治療のため、自身の左手首から健全な靭帯を移植する手術(いわゆるトミー・ジョン手術)を受けることを選択し渡米。1995年シーズン残りとを棒に振り、4月6日の試合で661日ぶりに復帰。カムバックの際、マウンドにひざまずきながらプレートに右肘をつけたシーンは有名となり、これ以後復帰した投手やシーズン初登板の投手が同じ姿勢を取る姿が見られるようになった(木田優夫・岩本勉・黒木知宏等)。この試合ではバント飛球に対し迷わずダイブする桑田の姿に周囲が凍りつく一幕もあった。復帰した同年は球数制限があったこともあり完投は無かったが2年ぶりに規定投球回数をクリアし勝ち星も10勝を挙げた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た今久留主成幸

    1983年4月、PL学園高等学校に入学。高校野球で活躍し、同期の清原和博とともに「KKコンビ」と呼ばれる。同期では他にも松山秀明、今久留主成幸、内匠政博がプロ入りした。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たあだち充

    あだち充による野球漫画「タッチ」が1985年にテレビアニメ化された際、その当時にPL学園のエースとして活躍していた桑田の投球フォームを元に、主人公・上杉達也の投球フォームの動画が作画された。この話が後の2002年に放送されたテレビ朝日系列のバラエティ番組「決定!これが日本のベスト100」にて取り上げられ、桑田本人にもそのエピソードが伝えられた。ただし、原作漫画の投球フォームのモデルは桑田ではない。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た江川卓 (野球)

    カーブを軸とした「コンビネーションピッチャー」の一人。174cmと小柄な体だったが、オーバースローからダイナミックに投げる140km/h台の速球、カーブ、シュート、フォーク(実際はSFFで、江川卓の「ラビットボール」に対抗して「サンダーボール」と命名して投げていた)、スライダー、遅いストレート(チェンジアップではない)、晩年にはチェンジアップを覚え常に研究を怠らなかった。打者や調子によって織り混ぜ、173勝を積み上げた。変化球に関しては高校時代はカーブしか投げておらずプロに入ってからもシュートを覚え、SFFを覚えと徐々に球種を増やしていった。これに関してはいっぺんに覚えて投げるより徐々に増やす事によって投手の寿命を伸ばす考えからである。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た木田優夫

    6月15日、阪神タイガース戦の3回表において、湯舟敏郎の放った三塁線沿いの小フライ捕球の際に右肘を強打、その後も6回途中に降板するまで遜色無い投球を続けていたが、後の検査で側副靭帯断裂の重傷を負っていたことが判明。治療のため、自身の左手首から健全な靭帯を移植する手術(いわゆるトミー・ジョン手術)を受けることを選択し渡米。1995年シーズン残りとを棒に振り、4月6日の試合で661日ぶりに復帰。カムバックの際、マウンドにひざまずきながらプレートに右肘をつけたシーンは有名となり、これ以後復帰した投手やシーズン初登板の投手が同じ姿勢を取る姿が見られるようになった(木田優夫・岩本勉・黒木知宏等)。この試合ではバント飛球に対し迷わずダイブする桑田の姿に周囲が凍りつく一幕もあった。復帰した同年は球数制限があったこともあり完投は無かったが2年ぶりに規定投球回数をクリアし勝ち星も10勝を挙げた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た吉村禎章

    しばらく二軍で調整を続け、8月21日のイースタンリーグのヤクルト戦。原監督が一軍昇格の見極めの為に観戦する中で先発するが、足を故障して2回途中に降板。昇格のチャンスを逃した。その後、シーズン終盤になっても首脳陣から一切声はかからなかったことから、自分を戦力としては見ていないと判断。吉村禎章二軍監督に、首都圏での最終登板機会である9月24日、読売ジャイアンツ球場での二軍戦は自分に投げさせてくれるよう懇願し、「球団が処遇をはっきりしてくれないので、お世話になったファンに巨人での最後の登板を知らせるには、これしか方法がなかった為」9月23日、球団のホームページにある自身のページ『LIFE IS ART』で退団と2軍戦登板を示唆する内容の文章を掲載する。処遇が冷たいなどと巨人(というより「表看板」である原監督)バッシングが展開されたり、スポーツ誌にオリックスに移籍していた盟友の清原和博のコメントが掲載されたり、引退試合を計画していた球団フロントは独断で動いた桑田に激怒するといったチグハグな状況となった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た黒木知宏

    6月15日、阪神タイガース戦の3回表において、湯舟敏郎の放った三塁線沿いの小フライ捕球の際に右肘を強打、その後も6回途中に降板するまで遜色無い投球を続けていたが、後の検査で側副靭帯断裂の重傷を負っていたことが判明。治療のため、自身の左手首から健全な靭帯を移植する手術(いわゆるトミー・ジョン手術)を受けることを選択し渡米。1995年シーズン残りとを棒に振り、4月6日の試合で661日ぶりに復帰。カムバックの際、マウンドにひざまずきながらプレートに右肘をつけたシーンは有名となり、これ以後復帰した投手やシーズン初登板の投手が同じ姿勢を取る姿が見られるようになった(木田優夫・岩本勉・黒木知宏等)。この試合ではバント飛球に対し迷わずダイブする桑田の姿に周囲が凍りつく一幕もあった。復帰した同年は球数制限があったこともあり完投は無かったが2年ぶりに規定投球回数をクリアし勝ち星も10勝を挙げた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た山口俊

    危険球退場:3回 ※浅尾拓也、内海哲也、山口俊と並びNPB最多タイ記録桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た小林至

    『不惑 桑田・清原と戦った男たち』(矢崎良一(著)、ぴあ、2008/2、不惑の年(40歳)を迎えたKKコンビと同学年の9人(内プロ経験者8名)にKKコンビに関する取材をしたノンフィクション、渡辺智男、西山秀二、酒井光次郎、小林昭則、高林孝行、大森剛、大塚光二、今久留主成幸、小林至が取材対象、ISBN 978-4835616926)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

268件中 11 - 20件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード