214件中 11 - 20件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た堀内恒夫

    1994年10月5日、神宮球場でのヤクルト戦に先発登板した際は、8回2死までノーヒットノーランに抑え、堀内コーチの指示で、8日に備えるため、完封のかかった9回を回避、降板。7日夜、宿舎で長嶋監督から呼び出され、「しびれるところで、いくぞ」と言われて、意欲満々で試合当日に臨んだ。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た桑田泉

    高校時代は清原和博とのK・Kコンビで一世を風靡し、斎藤雅樹、槙原寛己とともに1990年代の読売ジャイアンツを支えた3本柱の一人。現在はボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長、指導者講習会を行う特定非営利活動法人アミーチ・デル・クオーレの理事長を務めている。私生活では既婚者で2男の父。プロゴルファーの桑田泉は実弟。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た飯田哲也

    1995年4月8日、対ヤクルトスワローズ2回戦(東京ドーム)、9回表に飯田哲也桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た仁志敏久

    2011年9月14日に東日本大震災復興の為、福島あづま球場にて桑田中心に巨人時代の同僚仁志敏久やPL学園の後輩立浪和義らOBを集結させ地元の社会人クラブ選抜チームと対戦した。この時桑田はピッチャーとして出場したが現役を引退してから4年経っているのにもかかわらず130km/h台後半のストレートを披露。球場に訪れたファンを驚かせた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た長嶋茂雄

    オフ、共に巨人の一時代を築いた斎藤、槙原、村田真一が引退。自身も引退を決意するが、長嶋茂雄に代わって巨人監督に就任した原辰徳から「来年も一緒にやろう」と声を掛けられ、現役を続行。、古武術を応用したトレーニング、投球フォームを取り入れ復活。4年ぶりの二桁勝利、15年ぶりの最優秀防御率のタイトル獲得でチーム日本一に貢献した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た金田正一

    打率・出塁率・長打率・OPSは、通算38本塁打の金田正一(打率.198・出塁率.238・長打率.287・OPS.524)や通算21本塁打の堀内恒夫(打率.172・出塁率・196・長打率.262・OPS.459)よりも上である。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た西本聖

    高校時代はエースとして活躍する一方、打者としても清原和博ともにクリーンナップを打ち、プロに入ってからも打撃には定評があった。ゴールデングラブ賞を通算8度獲得するなど守備のうまさにも定評があった(投手として8回の受賞は西本聖と並び史上最多タイ)。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た矢野燿大

    2005年8月14日、対阪神タイガース15回戦(東京ドーム)、1回表に矢野輝弘桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た王貞治

    1985年のドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。桑田は早稲田大学進学を希望し他球団が指名を敬遠していたことから、巨人との密約が囁かれる(KKドラフト事件)。桑田自身は密約を否定した上で、「巨人に行かないと言ったことはない。春の選抜が終わった時点で、巨人が一位指名してくれたらプロに行こうと決めた。当時のドラフトでは進学を示唆しながらもプロに入団した選手は自分以外にも大勢いる」と弁明している。また、テレビ番組において、ドラフト前には4球団が1位指名でいくと伝えていたことを、桑田本人が明かしている。ドラフト当日のインタビューで王貞治監督は「チームの状況を考えれば補強ポイントは投手。投手と言えば桑田」「時期は言えないが、ずっと前から桑田一本で行こうと決めていた」と、指名はドラフト当日の気まぐれな決断ではないことを明かした。桑田で行こうと決断したポイントとして、「状況に応じたピッチングができること」、桑田で印象に残るプレーとしては、「1985年春の選抜の天理戦でトリプルプレーを決めたこと」を挙げている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た山崎武司

    1500奪三振:1998年6月17日、対中日ドラゴンズ13回戦(東京ドーム)、4回表に山崎武司から ※史上42人目桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

214件中 11 - 20件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード