214件中 21 - 30件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たジム・トレーシー

    昇格当初は敗戦処理などでの登板が続いたが、ジム・トレーシー監督から「大事な場面でストライクが取れる」と評価を受け、中継ぎとして重要な場面での登板を任される機会が出てきた。しかしながら、日本時代にも指摘されていた球威の衰えに加え、桑田最大の武器であるコントロールも精彩を欠き打ち込まれる場面が増え、19試合に登板し0勝1敗、防御率9.43と振るわず、1勝も上げないまま8月14日(日本時間では15日)にピッツバーグより戦力外通告を受けた。退団時は「何も悔いはない」「メジャーリーガーになれた充実感でいっぱい」と清々しい表情で語るなど引退を示唆していたが、翌1月8日、再びパイレーツとマイナー契約を結び、春季キャンプに招待選手として参加することを自身のブログで公表した。オープン戦では好投を見せたが、若手を起用する球団構想から外れ、メジャー昇格が絶望的となったことからことから、3月26日、引退する意思を明らかにし帰国した。6月にはグリーンスタジアム神戸で巨人軍時代の同僚吉原孝介を加え清原和博の打撃投手を務め、9月23日茨城ゴールデンゴールズ主催の引退試合を行った。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た落合博満

    には前年覇者ヤクルトとの開幕戦で9年ぶりに開幕投手を務め、9回2死から金石昭人の救援を仰ぎ完投は逃したが、勝ち星を挙げている。この年は最多勝争いに加わる16勝を挙げたが、1勝差で川崎憲次郎に及ばなかった。この年以降、手術前のようなボールのキレは戻らず(直球は時速140km台前半)、以後、投手としての新たなスタイルを模索する中で精彩を欠いていく。この間、先発、中継ぎ、抑え、敗戦処理とジャイアンツの起用方法も迷走を続けた。この時期の桑田のことを落合博満は、後年、自著の中で大きく評価をしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た上野由岐子

    サントリー『BOSSコーヒー』贅沢微糖 いいとこドリップ「贅沢バッティングセンター」篇(2009年、上野由岐子、伊藤淳史と共演)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た小林至

    『不惑 桑田・清原と戦った男たち』(矢崎良一(著)、ぴあ、2008/2、不惑の年(40歳)を迎えたKKコンビと同学年の9人(内プロ経験者8名)にKKコンビに関する取材をしたノンフィクション、渡辺智男、西山秀二、酒井光次郎、小林昭則、高林孝行、大森剛、大塚光二、今久留主成幸、小林至が取材対象、ISBN 978-4835616926)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た原辰徳

    オフ、共に巨人の一時代を築いた斎藤、槙原、村田真一が引退。自身も引退を決意するが、長嶋茂雄に代わって巨人監督に就任した原辰徳から「来年も一緒にやろう」と声を掛けられ、現役を続行。、古武術を応用したトレーニング、投球フォームを取り入れ復活。4年ぶりの二桁勝利、15年ぶりの最優秀防御率のタイトル獲得でチーム日本一に貢献した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た橋本清

    『PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?』(橋本清(著)、ぴあ、2009/3、橋本清が第1章で桑田を取材、ISBN 978-4835617282)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た久光製薬

    久光製薬『エアーサロンパス』(1991年)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た日本テレビ放送網

    現在は野球解説者(スポーツ報知専属評論家。随時日本テレビ放送網「Dramatic Game 1844」解説者、TBS・J-SPO大リーグゲストコメンテイター)として活動しているが、行く行くは指導者になることを望んでいるとされる(2013年1月、東京大学野球部特別コーチ)。2009年1月28日、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科社会人1年制コースに合格した。大学院では平田竹男教授の指導を受け、同級生には中山泰秀や江口晃生などがいる。2010年3月25日、首席で修了。修士論文の題目は「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」。本作で最優秀論文賞を受賞。「個別の入学資格審査」を経て進学したため、入学試験に合格した際、話題となり、早稲田大学に問い合わせが殺到した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た新潮社

    『野球を学問する』(桑田真澄・平田竹男(共著)、新潮社、2010/3、ISBN 978-4103239611)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た神戸製鋼所

    1981年、1982年と春の選抜を連覇したPLも、夏は4年連続(1979年-1982年)で甲子園出場を逃しており、1983年のV奪回は至上命令だった。この年のPLは投手陣が安定せず、中村順司監督は、市神港、報徳学園の野球部監督として春4回、夏4回の甲子園出場経験があり、神戸製鋼の監督として都市対抗野球でも優勝(1977年)した清水一夫を臨時投手コーチとして招聘する。この清水が桑田の外野からの返球を見て、球の回転の良さに驚き、「おい、あんな選手がおるんか。凄いのがおるじゃないか。学年など関係ない。私に任せてくれ。夏までに立派なピッチャーにしてみせる」と発言し、桑田を投手に戻す。清水コーチのマンツーマンの指導が始まる。清水は後に「下半身が発達していながら、その使い方を知らなかった。だから足腰、膝の使い方を教えた。それだけでよかったんです。腕のしなり、天性の肩の強さは惚れ惚れするほど。毎日、私が桑田の球を自ら受け、一日、一日成長してゆくのが手に取るように分かったものでした。球の切れ、伸び、変化球の絶妙な使い方、どれをとっても素晴らしかった。そして、どんな過酷なトレーニングにも泣きそうな顔をしながらついて来た、見事な意志の力。私を恩人と今も慕ってくれているが、私としては『この子を使わん手はない』とコーチとして考えただけのこと。」と述懐している。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

214件中 21 - 30件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード