268件中 31 - 40件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た仁志敏久

    2011年9月14日に東日本大震災復興の為、福島県営あづま球場にて桑田中心に巨人時代の同僚の仁志敏久やPL学園の後輩の立浪和義らOBを集結させ地元の社会人クラブ選抜チームと対戦した。この時桑田はピッチャーとして出場したが現役を引退してから4年経っているのにもかかわらず130km/h台後半のストレートを披露。球場に訪れたファンを驚かせた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た西本聖

    高校時代はエースとして活躍する一方、打者としても試合によっては清原和博以上の打率や本塁打数を出したこともあり、プロに入ってからも打撃には定評があった。2002年6月19日の対横浜戦では、延長11回表の控え選手が限られた状況で投手岡島の代打に起用され、勝ち越しに繋がる安打を打っている。またゴールデングラブ賞を通算8度獲得するなど守備のうまさにも定評があった(投手として8回の受賞は西本聖と並び史上最多タイ)。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た上野由岐子

    サントリー『BOSSコーヒー』贅沢微糖 いいとこドリップ「贅沢バッティングセンター」篇(2009年、上野由岐子、伊藤淳史と共演)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た早稲田大学

    2007年にピッツバーグ・パイレーツで現役を引退してからは、フリーランスの野球解説者として活動するかたわら、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程で修士(スポーツ科学)を取得。指導者講習会を主催する特定非営利活動法人「アミーチ・デル・クオーレ」の理事長、ボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長、東京大学運動会硬式野球部の特別コーチや、日本野球機構(NPB)「統一球問題における有識者による第三者調査・検証委員会」の特別アドバイザーも務める。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た広島東洋カープ

    大正中学時代にバッテリーを組んでいたのが、のちに上宮高等学校を経て、南海→広島→巨人でプロ野球選手として活躍した西山秀二である。桑田、西山率いるこの年の大正中は投打とも群を抜く強さだったと言われ、また大会50周年記念誌には、「桑田の球はファウルにするのがやっとという有様で、たまに出塁しても、見事なピックオフプレーにやられ、完敗を喫した。負けて悔しいというよりも、あまりの力の差に唖然とさせられるばかりだった」と、桑田を物語る逸話が掲載されている。準硬式の関係者の間では「大正中学に桑田あり」とその名を轟かせていた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た橋本清

    『PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?』(橋本清(著)、ぴあ、2009/3、橋本清が第1章で桑田を取材、ISBN 978-4835617282)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た久光製薬

    久光製薬『エアーサロンパス』(1991年)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た日本テレビ放送網

    引退後は野球解説者・評論家(日本テレビ・スポーツ報知専属評論家。TBS・J-SPO大リーグゲストコメンテイターほか)やタレントとして活動。2009年1月28日、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制コースに合格した。大学院では平田竹男教授の指導を受け、同期生には政治家の中山泰秀や競艇選手の江口晃生などがいる。2010年3月25日、首席で修了。修士論文の題目は「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」。本作で最優秀論文賞を受賞。「個別の入学資格審査」を経て進学したため、入学試験に合格した際、話題となり、早稲田大学に問い合わせが殺到した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た神戸製鋼所

    1981年、1982年と春のセンバツを連覇したPLも、夏は4年連続(1979年-1982年)で甲子園出場を逃しており、1983年のV奪回は至上命令だった。この年のPLは投手陣が安定せず、野球部監督の中村順司は、市神港高校・報徳学園の野球部監督として春4回、夏4回の甲子園出場経験があり、神戸製鋼の監督として都市対抗野球でも優勝(1977年)した清水一夫を臨時投手コーチとして招聘する。この清水が桑田の外野からの返球を見て、球の回転の良さに驚き、「おい、あんな選手がおるんか。凄いのがおるじゃないか。学年など関係ない。私に任せてくれ。夏までに立派なピッチャーにしてみせる」と発言し、桑田を投手に戻す。清水コーチのマンツーマンの指導が始まる。清水は後に「下半身が発達していながら、その使い方を知らなかった。だから足腰、膝の使い方を教えた。それだけでよかったんです。腕のしなり、天性の肩の強さは惚れ惚れするほど。毎日、私が桑田の球を自ら受け、一日、一日成長してゆくのが手に取るように分かったものでした。球の切れ、伸び、変化球の絶妙な使い方、どれをとっても素晴らしかった。そして、どんな過酷なトレーニングにも泣きそうな顔をしながらついて来た、見事な意志の力。私を恩人と今も慕ってくれているが、私としては『この子を使わん手はない』とコーチとして考えただけのこと。」と述懐している。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た集英社

    『桑田真澄 ピッチャーズバイブル』 (石田雄太(著)、集英社、1998/4、ISBN 978-4087462180)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

268件中 31 - 40件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード