214件中 31 - 40件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た講談社

    『野球バカ』(桑田泰次(著)、講談社、2000/7、桑田真澄の実父による著作、桑田の少年時代、大正中学教員による桑田のPL学園進学妨害、PL学園での1年生時の練習や寮での生活の様子、1年で夏の甲子園を制するまでのKKコンビの親と上級生の父母の反目・協力・苦闘と栄光が詳細に描かれる、ISBN 978-4062103046)(脚注では野球バカと表記)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た集英社

    『桑田真澄 ピッチャーズバイブル』 (石田雄太(著)、集英社、1998/4、ISBN 978-4087462180)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たポプラ社

    『野球の神様がくれたもの』(桑田真澄(著)、ポプラ社、2011/3、ISBN 978-4591121276)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たナイキ

    ナイキ『この試練をありがとうございます』(1997年)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た西山秀二

    大正中学時代にバッテリーを組んでいたのが上宮高校⇒南海⇒広島⇒巨人でプロ野球選手として活躍した西山秀二(前・巨人一軍バッテリーコーチ)である。桑田、西山率いるこの年の大正中は投打とも群を抜く強さだったと言われ、また大会50周年記念誌には、「桑田の球はファウルにするのがやっとという有様で、たまに出塁しても、見事なピックオフプレーにやられ、完敗を喫した。負けて悔しいというよりも、あまりの力の差に唖然とさせられるばかりだった」と、当時の怪物桑田を物語る逸話が掲載されている。準硬式の関係者の間では「大正中学に桑田あり」とその名を轟かせていた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た平田竹男

    現在は野球解説者(スポーツ報知専属評論家。随時日本テレビ放送網「Dramatic Game 1844」解説者、TBS・J-SPO大リーグゲストコメンテイター)として活動しているが、行く行くは指導者になることを望んでいるとされる(2013年1月、東京大学野球部特別コーチ)。2009年1月28日、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科社会人1年制コースに合格した。大学院では平田竹男教授の指導を受け、同級生には中山泰秀や江口晃生などがいる。2010年3月25日、首席で修了。修士論文の題目は「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」。本作で最優秀論文賞を受賞。「個別の入学資格審査」を経て進学したため、入学試験に合格した際、話題となり、早稲田大学に問い合わせが殺到した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た渡辺智男

    高校野球激戦区の大阪府から甲子園に出場可能な5回全てに出場。そのうち4度決勝に進出し1年夏と3年夏の2回優勝という記録を清原とともに打ち立てる。甲子園での通算勝利数は吉田正男に次ぐ歴代2位で学制改革以後は1位(20勝3敗)。なお、「夏の甲子園の優勝投手はプロで大成しない」と言われていたが、桑田がプロで173勝の成績を残した為、このジンクスも桑田によって破られた形となった。桑田はプロに進んだ時の事を考え、ストレートとカーブのみで3年間通した。打者としての才能にも優れ、甲子園通算本塁打数も清原和博に次ぐ歴代2位の6本である(内訳:高1夏2、高2春2、高2夏1、高3春0、高3夏1)。高校通算25本塁打。5回の大会の中で桑田・清原のいたPL学園を1失点以内で抑えた投手は、2年生春の準決勝で延長11回で0-1で敗れた田口竜二(都城高⇒南海)、同決勝で1-0で投げ勝った山口重幸(岩倉高⇒阪神)、3年生春の準決勝で3-1で投げ勝った渡辺智男(伊野商⇒NTT四国⇒西武)といずれもプロ入りをしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たKKコンビ

    1983年4月、PL学園高校入学。高校野球で活躍し、同期の清原和博とともに「KKコンビ」と呼ばれる。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た斎藤雅樹

    高校時代は清原和博とのK・Kコンビで一世を風靡し、斎藤雅樹、槙原寛己とともに1990年代の読売ジャイアンツを支えた3本柱の一人。現在はボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長、指導者講習会を行う特定非営利活動法人アミーチ・デル・クオーレの理事長を務めている。私生活では既婚者で2男の父。プロゴルファーの桑田泉は実弟。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た中日ドラゴンズ

    プロ入り前後は投球だけでなく打撃、守備も優れていた桑田について野手転向を薦める者も多かったが、投手として5月25日の中日ドラゴンズ戦でプロ初登板。6月5日の阪神タイガース戦で初勝利を初完投で飾る。2年目の7月8日、札幌市円山球場での対広島戦で、自らの3点本塁打とタイムリーヒットでチームの全4得点をもたらした上で、プロ初完封勝利を挙げる。このシーズンは15勝6敗、防御率2.17の成績を挙げ最優秀防御率のタイトルに輝き、先発投手を賞する沢村賞に選ばれた。以降まで6年連続2桁勝利を記録した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

214件中 31 - 40件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード