268件中 51 - 60件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た渡辺智男

    打者としての才能にも優れ、甲子園通算本塁打数も清原和博に次ぐ歴代2位の6本である(内訳⇒高1夏:2、高2春:2、高2夏:1、高3春:0、高3夏:1)。高校通算25本塁打。5回の大会の中で桑田・清原のいたPL学園を1失点以内で抑えた投手は、2年生春の準決勝で延長11回で0-1で敗れた田口竜二(都城高⇒南海)、同決勝で1-0で投げ勝った山口重幸(岩倉高⇒阪神)、3年生春の準決勝で3-1で投げ勝った渡辺智男(伊野商⇒NTT四国⇒西武)といずれもプロ入りをしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た西山秀二

    大正中学時代にバッテリーを組んでいたのが、のちに上宮高等学校を経て、南海→広島→巨人でプロ野球選手として活躍した西山秀二である。桑田、西山率いるこの年の大正中は投打とも群を抜く強さだったと言われ、また大会50周年記念誌には、「桑田の球はファウルにするのがやっとという有様で、たまに出塁しても、見事なピックオフプレーにやられ、完敗を喫した。負けて悔しいというよりも、あまりの力の差に唖然とさせられるばかりだった」と、桑田を物語る逸話が掲載されている。準硬式の関係者の間では「大正中学に桑田あり」とその名を轟かせていた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た斎藤雅樹

    PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビで一世を風靡し、プロ入り後は1990年代の読売ジャイアンツ(巨人)を、斎藤雅樹、槙原寛己とともに先発3本柱の一人として支えた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た沢村栄治賞

    2年目の7月8日、札幌市円山球場での広島東洋カープ戦で、自らの3点本塁打とタイムリーヒットでチームの全4得点をもたらした上で、プロ初完封勝利を挙げる。このシーズンは15勝6敗、防御率2.17の成績を挙げ最優秀防御率のタイトルを獲得、沢村賞に選ばれた。また、堀内恒夫以来の10代での2桁勝利となった。同年の日本シリーズでは第1戦と第5戦に先発したが、いずれの試合も自らのエラーで自滅し、序盤で降板した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た埼玉西武ライオンズ

    打者としての才能にも優れ、甲子園通算本塁打数も清原和博に次ぐ歴代2位の6本である(内訳⇒高1夏:2、高2春:2、高2夏:1、高3春:0、高3夏:1)。高校通算25本塁打。5回の大会の中で桑田・清原のいたPL学園を1失点以内で抑えた投手は、2年生春の準決勝で延長11回で0-1で敗れた田口竜二(都城高⇒南海)、同決勝で1-0で投げ勝った山口重幸(岩倉高⇒阪神)、3年生春の準決勝で3-1で投げ勝った渡辺智男(伊野商⇒NTT四国⇒西武)といずれもプロ入りをしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たゴールデングラブ賞

    高校時代はエースとして活躍する一方、打者としても試合によっては清原和博以上の打率や本塁打数を出したこともあり、プロに入ってからも打撃には定評があった。2002年6月19日の対横浜戦では、延長11回表の控え選手が限られた状況で投手岡島の代打に起用され、勝ち越しに繋がる安打を打っている。またゴールデングラブ賞を通算8度獲得するなど守備のうまさにも定評があった(投手として8回の受賞は西本聖と並び史上最多タイ)。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た東京ヤクルトスワローズ

    1994年10月5日、神宮球場でのヤクルト戦に先発登板した際は、8回二死までノーヒットノーランに抑え、投手コーチの堀内の指示で、8日に備えるため、完封のかかった9回を回避、降板。7日夜、宿舎で監督の長嶋茂雄から呼び出され、「しびれるところで、いくぞ」と言われて、意欲満々で試合当日に臨んだ。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た中日ドラゴンズ

    プロ入り前後は投球だけでなく打撃、守備も優れていた桑田について野手転向を薦める者も多かったが、球団と桑田の意向から転向はせず、投手として5月25日の中日ドラゴンズ戦でプロ初登板。6月5日の阪神タイガース戦で初勝利を初完投で飾る。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たピッツバーグ・パイレーツ

    2007年にピッツバーグ・パイレーツで現役を引退してからは、フリーランスの野球解説者として活動するかたわら、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程で修士(スポーツ科学)を取得。指導者講習会を主催する特定非営利活動法人「アミーチ・デル・クオーレ」の理事長、ボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長、東京大学運動会硬式野球部の特別コーチや、日本野球機構(NPB)「統一球問題における有識者による第三者調査・検証委員会」の特別アドバイザーも務める。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た読売ジャイアンツ

    PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビで一世を風靡し、プロ入り後は1990年代の読売ジャイアンツ(巨人)を、斎藤雅樹、槙原寛己とともに先発3本柱の一人として支えた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

268件中 51 - 60件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード