214件中 61 - 70件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たサチェル・ペイジ

    復帰してからのマイナーにおける投球はいずれも順調な回復ぶりを示すものとなり、ピッツバーグの中継ぎ陣が壊滅状態であったというチーム事情も手伝い、6月9日にメジャー昇格、6月10日にヤンキースタジアムで行なわれたニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初登板を果たした。39歳70日でのメジャーデビューは日本人選手では史上1位(当時、現在は高橋建に次いで2位)、メジャー全体でも第二次世界大戦以後ではサチェル・ペイジの42歳、ディオメデス・オリーボの41歳に次ぐ記録となった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た吉原孝介

    昇格当初は敗戦処理などでの登板が続いたが、ジム・トレーシー監督から「大事な場面でストライクが取れる」と評価を受け、中継ぎとして重要な場面での登板を任される機会が出てきた。しかしながら、日本時代にも指摘されていた球威の衰えに加え、桑田最大の武器であるコントロールも精彩を欠き打ち込まれる場面が増え、19試合に登板し0勝1敗、防御率9.43と振るわず、1勝も上げないまま8月14日(日本時間では15日)にピッツバーグより戦力外通告を受けた。退団時は「何も悔いはない」「メジャーリーガーになれた充実感でいっぱい」と清々しい表情で語るなど引退を示唆していたが、翌1月8日、再びパイレーツとマイナー契約を結び、春季キャンプに招待選手として参加することを自身のブログで公表した。オープン戦では好投を見せたが、若手を起用する球団構想から外れ、メジャー昇格が絶望的となったことからことから、3月26日、引退する意思を明らかにし帰国した。6月にはグリーンスタジアム神戸で巨人軍時代の同僚吉原孝介を加え清原和博の打撃投手を務め、9月23日茨城ゴールデンゴールズ主催の引退試合を行った。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たアロンゾ・パウエル

    1000奪三振:1993年6月12日、対中日ドラゴンズ10回戦(ナゴヤ球場)、1回裏にアロンゾ・パウエルから ※史上89人目桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た石田雄太

    『桑田真澄 ピッチャーズバイブル』 (石田雄太(著)、集英社、1998/4、ISBN 978-4087462180)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た中井美穂中井 美穂

    「プロ野球ニュース」に出演した際、中井美穂アナウンサーに「納豆僕好きなんですよ。」(関西出身は納豆嫌いという固定観念をふまえて)と答えていた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た佐藤秀明

    初安打:1986年6月5日、対阪神タイガース10回戦(後楽園球場)、5回裏に佐藤秀明から単打桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た北別府学

    初本塁打:1987年7月8日、対広島東洋カープ11回戦(札幌市円山球場)、4回裏に北別府学から先制決勝3ラン桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た石川好

    『投手・桑田真澄の青春』(石川好(著)、シンコーミュージック・エンタテイメント、2007/3、初出は桑田のプロ1年目?2年目時に『サンデー毎日』で連載されていた『オカルトの投手』、これを単行本に纏めたもの、ISBN 978-4401631032)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た藤田元司

    からは藤田元司独特の先発理論にもとづき斎藤雅樹、槙原寛己と共に3人の先発の軸として使われ「三本柱」と称された。には登板日漏洩疑惑が持ち上がった。桑田は疑惑の調査段階において金銭と高級腕時計の受領があったことを球団に報告し、後に虚偽報告をしたことを申し出た。これがプロ野球選手の統一契約書第17条(模範行為)に違反するとして、球団から謹慎1ヶ月と罰金1000万円の処分を受けた。疑惑内容については、事実ではないことが後に判明している。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た鈴木康友 (野球)

    初奪三振:同上、8回裏に鈴木康友から桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

214件中 61 - 70件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード