268件中 71 - 80件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た佐山和夫

    『野球道 (ちくま新書) 』(桑田真澄・佐山和夫(共著)、筑摩書房、2011/08、ISBN 978-4480066152)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た高橋建

    復帰してからのマイナーにおける投球はいずれも順調な回復ぶりを示すものとなり、ピッツバーグの中継ぎ陣が壊滅状態であったというチーム事情も手伝い、6月9日にメジャー昇格、6月10日にヤンキースタジアムで行なわれたニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初登板を果たした。39歳70日でのメジャーデビューは日本人選手では史上1位(当時、現在は高橋建に次いで2位)、メジャー全体でも第二次世界大戦以後ではサチェル・ペイジの42歳、ディオメデス・オリーボの41歳に次ぐ記録となった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たディオメデス・オリーボ

    復帰してからのマイナーにおける投球はいずれも順調な回復ぶりを示すものとなり、ピッツバーグの中継ぎ陣が壊滅状態であったというチーム事情も手伝い、6月9日にメジャー昇格、6月10日にヤンキースタジアムで行なわれたニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初登板を果たした。39歳70日でのメジャーデビューは日本人選手では史上1位(当時、現在は高橋建に次いで2位)、メジャー全体でも第二次世界大戦以後ではサチェル・ペイジの42歳、ディオメデス・オリーボの41歳に次ぐ記録となった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た小森哲也

    7回3点リードの状態から登板し、「(準備は十分であったが、狭いナゴヤ球場等の条件下で)正直にいうと、怖かった」と述べている状況であった。8回先頭打者のPLの後輩で同室だった立浪和義が一塁ベースに執念のヘッドスライディングで左肩を痛めて負傷退場となりながら内野安打としたシーンに感動したことを認めている。9回裏二死小森哲也を大きなカーブで空振り三振に打ち取り、3イニングを無失点に抑えてセーブを挙げた。『ベースボールマガジン』2009年3月号は、「(最後の打者が三振の)直後の桑田のガッツポーズは多くの野球ファンの記憶に刻み込まれているはずだ」(pp.72-73)と記述している。試合前に涙を流し続けていたので、試合終了後は特に涙は出てはいなかった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た江口晃生

    引退後は野球解説者・評論家(日本テレビ・スポーツ報知専属評論家。TBS・J-SPO大リーグゲストコメンテイターほか)やタレントとして活動。2009年1月28日、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制コースに合格した。大学院では平田竹男教授の指導を受け、同期生には政治家の中山泰秀や競艇選手の江口晃生などがいる。2010年3月25日、首席で修了。修士論文の題目は「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」。本作で最優秀論文賞を受賞。「個別の入学資格審査」を経て進学したため、入学試験に合格した際、話題となり、早稲田大学に問い合わせが殺到した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た田口竜二

    打者としての才能にも優れ、甲子園通算本塁打数も清原和博に次ぐ歴代2位の6本である(内訳⇒高1夏:2、高2春:2、高2夏:1、高3春:0、高3夏:1)。高校通算25本塁打。5回の大会の中で桑田・清原のいたPL学園を1失点以内で抑えた投手は、2年生春の準決勝で延長11回で0-1で敗れた田口竜二(都城高⇒南海)、同決勝で1-0で投げ勝った山口重幸(岩倉高⇒阪神)、3年生春の準決勝で3-1で投げ勝った渡辺智男(伊野商⇒NTT四国⇒西武)といずれもプロ入りをしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たエイドリアン・ベルトレ

    初奪三振:2007年6月21日、対シアトル・マリナーズ3回戦(セーフコ・フィールド)、6回裏にエイドリアン・ベルトレから桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た湯舟敏郎

    6月15日、阪神タイガース戦の3回表において、湯舟敏郎の放った三塁線沿いの小フライ捕球の際に右肘を強打、その後も6回途中に降板するまで遜色無い投球を続けていたが、後の検査で側副靭帯断裂の重傷を負っていたことが判明。治療のため、自身の左手首から健全な靭帯を移植する手術(いわゆるトミー・ジョン手術)を受けることを選択し渡米。1995年シーズン残りとを棒に振り、4月6日の試合で661日ぶりに復帰。カムバックの際、マウンドにひざまずきながらプレートに右肘をつけたシーンは有名となり、これ以後復帰した投手やシーズン初登板の投手が同じ姿勢を取る姿が見られるようになった(木田優夫・岩本勉・黒木知宏等)。この試合ではバント飛球に対し迷わずダイブする桑田の姿に周囲が凍りつく一幕もあった。復帰した同年は球数制限があったこともあり完投は無かったが2年ぶりに規定投球回数をクリアし勝ち星も10勝を挙げた。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たサチェル・ペイジ

    復帰してからのマイナーにおける投球はいずれも順調な回復ぶりを示すものとなり、ピッツバーグの中継ぎ陣が壊滅状態であったというチーム事情も手伝い、6月9日にメジャー昇格、6月10日にヤンキースタジアムで行なわれたニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初登板を果たした。39歳70日でのメジャーデビューは日本人選手では史上1位(当時、現在は高橋建に次いで2位)、メジャー全体でも第二次世界大戦以後ではサチェル・ペイジの42歳、ディオメデス・オリーボの41歳に次ぐ記録となった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た吉原孝介

    1月8日、再びパイレーツとマイナー契約を結び、春季キャンプに招待選手として参加することを自身のブログで公表した。オープン戦では好投を見せたが、若手を起用する球団構想から外れ、メジャー昇格が絶望的となったことからことから、3月26日、引退する意思を明らかにし帰国した。引退会見などは特に行っていない。6月にはグリーンスタジアム神戸で巨人時代の同僚の吉原孝介を加え清原和博の打撃投手を務め、9月23日に茨城ゴールデンゴールズ主催の引退試合を行った。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

268件中 71 - 80件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード