268件中 81 - 90件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見たアロンゾ・パウエル

    1000奪三振:1993年6月12日、対中日ドラゴンズ10回戦(ナゴヤ球場)、1回裏にアロンゾ・パウエルから ※史上89人目桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た石田雄太

    『桑田真澄 ピッチャーズバイブル』 (石田雄太(著)、集英社、1998/4、ISBN 978-4087462180)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た石川好

    『投手・桑田真澄の青春』(石川好(著)、シンコーミュージック・エンタテイメント、2007/3、初出は桑田のプロ1年目?2年目時に『サンデー毎日』で連載されていた『オカルトの投手』、これを単行本に纏めたもの、ISBN 978-4401631032)桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た中牧昭二

    2月、中牧昭二によってスポーツ用品メーカーとの関係を暴露する内容の書籍『さらば桑田真澄、さらばプロ野球』出版されたところ、その中で、桑田が親しくしている会員制メンバーズクラブの社長に登板日を教えたらしい旨の記述や会員の勧誘に成功の報酬として現金をもらう記述があり、さらに同社長がかつて常習賭博罪で有罪判決を受けたことも明らかになったため、桑田が野球賭博に関与しているのではないかとの憶測を招き、その件も週刊誌やスポーツ紙等で騒がれることとなった。当初、桑田は登板日漏洩の事実と金品の授受の事実をいずれも否定したが、その後それが虚偽であったことが判明した。そこで、巨人は、3月30日、桑田に対し、金品の授受等が統一契約書17条(模範行為)に反するとして、シーズン開始後登板禁止1か月、罰金1000万円の処分を行った。この件は、国会でも採り上げられるなど社会問題化した。中牧との間では、野球賭博には関与していないことが確認されている。もっとも、謹慎後は2試合連続完封でシーズン復帰するなど、1か月の遅れをものともせず勝利数・防御率ともに斎藤に続いてリーグ2位と活躍した。日本シリーズは第3戦に先発し、初めて完投(8イニング)したが、7失点と打ち込まれ敗戦投手になった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た水野雄仁

    1983年、1年生で背番号「11」ながら夏の甲子園に同校の事実上のエースとして出場。1回戦の所沢商業高校戦で夏の甲子園デビュー。2回戦の中津工業高校戦を三安打完封、初本塁打。水野雄仁を擁して史上初の夏春夏の甲子園三連覇を目指した「やまびこ打線」の池田高校を準決勝で7-0と完封。二死無走者でバッターボックスに立った投手桑田は、「ホームラン以外で出塁してスタミナ消耗するより、三振でも良いのでフルスイングでホームランを狙う方がベター」と考え、レフトスタンドにホームランを放つ。それまで一度も甲子園で本塁打を打たれたことのない水野から甲子園で初めて本塁打を打った選手となる(自身、この大会2本目の本塁打)。決勝では横浜商業高校を3-0と下して優勝を飾り、学制改革以降最年少優勝投手(15歳)の記録を立てた。決勝の試合後、「あと4回、甲子園に来て全部勝ちたい」と発言し、記者連中を驚かせる。1年生投手が夏の甲子園の決勝に駒を進める例は東邦高校の坂本佳一、早稲田実業高校の荒木大輔のように過去にもあったが、いずれも準優勝に終わっており、桑田はそのジンクスを破ったこととなる。また、この夏の甲子園の活躍により1年生で唯一、全日本高校選抜メンバーに選ばれ、アメリカ遠征を経験する。帰国後、1年生で優勝し、首脳陣の信頼を勝ち得た桑田は、中村監督に全体練習の短縮化(3時間程度)と個人練習の強化、大会後の投手のノースロー調整を提案。中村がこれを了承し、以後、PLの黄金時代(1983年夏-1987年夏)を迎えることとなる。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た八木裕

    1999年9月12日、対阪神タイガース24回戦(阪神甲子園球場)、9回裏に八木裕桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た荒木大輔

    1983年、1年生で背番号「11」ながら夏の甲子園に同校の事実上のエースとして出場。1回戦の所沢商業高校戦で夏の甲子園デビュー。2回戦の中津工業高校戦を三安打完封、初本塁打。水野雄仁を擁して史上初の夏春夏の甲子園三連覇を目指した「やまびこ打線」の池田高校を準決勝で7-0と完封。二死無走者でバッターボックスに立った投手桑田は、「ホームラン以外で出塁してスタミナ消耗するより、三振でも良いのでフルスイングでホームランを狙う方がベター」と考え、レフトスタンドにホームランを放つ。それまで一度も甲子園で本塁打を打たれたことのない水野から甲子園で初めて本塁打を打った選手となる(自身、この大会2本目の本塁打)。決勝では横浜商業高校を3-0と下して優勝を飾り、学制改革以降最年少優勝投手(15歳)の記録を立てた。決勝の試合後、「あと4回、甲子園に来て全部勝ちたい」と発言し、記者連中を驚かせる。1年生投手が夏の甲子園の決勝に駒を進める例は東邦高校の坂本佳一、早稲田実業高校の荒木大輔のように過去にもあったが、いずれも準優勝に終わっており、桑田はそのジンクスを破ったこととなる。また、この夏の甲子園の活躍により1年生で唯一、全日本高校選抜メンバーに選ばれ、アメリカ遠征を経験する。帰国後、1年生で優勝し、首脳陣の信頼を勝ち得た桑田は、中村監督に全体練習の短縮化(3時間程度)と個人練習の強化、大会後の投手のノースロー調整を提案。中村がこれを了承し、以後、PLの黄金時代(1983年夏-1987年夏)を迎えることとなる。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た内匠政博

    1983年4月、PL学園高等学校に入学。高校野球で活躍し、同期の清原和博とともに「KKコンビ」と呼ばれる。同期では他にも松山秀明、今久留主成幸、内匠政博がプロ入りした。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た中山泰秀

    引退後は野球解説者・評論家(日本テレビ・スポーツ報知専属評論家。TBS・J-SPO大リーグゲストコメンテイターほか)やタレントとして活動。2009年1月28日、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制コースに合格した。大学院では平田竹男教授の指導を受け、同期生には政治家の中山泰秀や競艇選手の江口晃生などがいる。2010年3月25日、首席で修了。修士論文の題目は「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」。本作で最優秀論文賞を受賞。「個別の入学資格審査」を経て進学したため、入学試験に合格した際、話題となり、早稲田大学に問い合わせが殺到した。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た南渕時高

    2000投球回数:同上、9回表3死目に南渕時高を右飛で達成 ※史上78人目桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

268件中 81 - 90件表示

「桑田真樹」のニューストピックワード