2237件中 41 - 50件表示
  • 馬場大門のケヤキ並木

    馬場大門のケヤキ並木から見たサクラサクラ

    馬場大門のケヤキ並木のように、馬場に植栽を行って並木を設ける行為は江戸時代ごろに日本各地で行われた。しかし、堤防のサクラ並木は例外として、江戸時代中期の並木はマツやスギなどの針葉樹で構成するのが常識であった。明治時代以降、並木は広葉樹が一般的になり、各地にケヤキ並木が設けられたが、馬場大門のケヤキ並木は江戸時代にあって広葉樹のケヤキを中心に植栽された珍しい例である。また、古木が多く残っている点も評価されている。馬場大門のケヤキ並木 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥山公園

    飛鳥山公園から見たサクラサクラ

    飛鳥山公園(あすかやまこうえん)は、東京都北区にある区立公園。東京都内のの名所の一つ。飛鳥山公園 フレッシュアイペディアより)

  • 南岸低気圧

    南岸低気圧から見たサクラ

    暖気側では季節外れの大雨や高温、寒気側(特に低気圧西側)では低温をもたらすという特徴がある。晩冬から初春の関東以西の太平洋側に大雪を降らせる典型的な低気圧である。また、東北から関東地方にかけての東日本太平洋側の降雪はこの低気圧によるものが多く、晩冬から初春の2月から3月上旬にかけて降りやすい。立春以降の場合は「春の大雪」と呼ばれることがある。特に、関東地方では例年既にの開花シーズンを迎えている3月下旬から4月にかけて、季節外れの雪をもたらす場合がある。この場合、開花した・チューリップ・菜の花等の春の花が咲いていながら雪が降るという不釣合いかつ不思議な光景になることがあり、2010年4月17日の関東地方のように新緑や若葉をバックに雪が降った年もある。南岸低気圧 フレッシュアイペディアより)

  • 御幸道路

    御幸道路から見たサクラサクラ

    沿線の歩道にはサクラとカエデが交互に植えられている。ほかにツツジも見られる。これらは真珠養殖技術を確立した御木本幸吉が寄付したもので、御木本は街路樹の整備費用だけでなく毎年の補足維持基金まで三重県に寄付していた。御幸道路 フレッシュアイペディアより)

  • 京福電気鉄道北野線

    京福電気鉄道北野線から見たサクラサクラ

    住宅街の中を走っているほか、沿線には名刹が多く駅名にもなっている。また、宇多野駅 - 鳴滝駅間の線路両側には並木があって桜のトンネルになっており、春の開花時には夜間ライトアップが行われる。全線が専用軌道である。京福電気鉄道北野線 フレッシュアイペディアより)

  • 都島郵便局

    都島郵便局から見たサクラサクラ

    1990年(平成2年)3月23日 - 花の万博の開催に合わせ、大阪市周辺の主な郵便局40局において、風景印を花をかたどった変形印に変更(当局は都島区の花である)。都島郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 小額政府紙幣

    小額政府紙幣から見たサクラサクラ

    表面 富士山、、旭日小額政府紙幣 フレッシュアイペディアより)

  • 円 (通貨)

    円 (通貨)から見たサクラサクラ

    百円硬貨 - 白銅製。外径22.6mm、量目4.8g。1967年(昭和42年)発行。表は、裏は100と年号が記されている。円 (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • 造幣局 (日本)

    造幣局 (日本)から見たサクラサクラ

    大阪本局にはカンザンやフゲンゾウなどの遅咲きのヤエザクラを中心に134品種350本(2017年時点)のサクラが植栽されており、日本さくら名所100選に選定されている。毎年4月中旬のヤエザクラの開花時期に敷地内の一部が花見客に一般公開される「桜の通り抜け」が行われており、多品種のサクラを見ることができる春の伝統行事となっており、夜間照明により日没後も夜桜鑑賞ができる。造幣局 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ハチスカザクラ

    ハチスカザクラから見たサクラサクラ

    ハチスカザクラ(蜂須賀桜)は、カンザクラ系のサクラの栽培品種。ハチスカザクラ フレッシュアイペディアより)

2237件中 41 - 50件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード