1704件中 41 - 50件表示
  • 円 (通貨)

    円 (通貨)から見たサクラサクラ

    百円硬貨 - 白銅製。外径22.6mm、量目4.8g。1967年発行。表は、裏は100と年号が記されている。円 (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • 機動隊

    機動隊から見たサクラサクラ

    今日では警察署や交番からの要請でパトロールに駆り出されることも多くなっている。服装は通常の活動服なので、交番勤務員か機動隊員かは見分けがつかないことが多い。道案内を乞うても対応が出来ない警察官は所轄署員ではなく機動隊からの応援要員である可能性が高いという。ただし、制服の襟にを象った金色のバッジをつけ、足は短靴ではなくブーツ風の安全靴を履いている他、地域によっては丸に「機」の文字(警視庁では「二機」「四機」など)の入った腕章をはめており、近寄れば容易に識別できることもある。機動隊 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場大門のケヤキ並木

    馬場大門のケヤキ並木から見たサクラサクラ

    馬場大門のケヤキ並木のように、馬場に植栽を行って並木を設ける行為は江戸時代ごろに日本各地で行われた。しかし、堤防のサクラ並木は例外として、江戸時代中期の並木はマツやスギなどの針葉樹で構成するのが常識であった。明治時代以降、並木は広葉樹が一般的になり、各地にケヤキ並木が設けられたが、馬場大門のケヤキ並木は江戸時代にあって広葉樹のケヤキを中心に植栽された珍しい例である。また、古木が多く残っている点も評価されている。馬場大門のケヤキ並木 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥山公園

    飛鳥山公園から見たサクラサクラ

    飛鳥山公園(あすかやまこうえん)は、東京都北区にある区立公園。JR都内のの名所の一つ。飛鳥山公園 フレッシュアイペディアより)

  • ウメ

    ウメから見たサクラサクラ

    江戸時代以降、花見といえばもっぱらサクラの花を見ることとされている。しかし奈良時代以前に「花」といえば、むしろウメを指すことの方が多かった。ウメよりサクラがより愛好されはじめるのは、平安時代中頃からのことである。ウメ フレッシュアイペディアより)

  • 新宿御苑

    新宿御苑から見たサクラサクラ

    例年4月上旬には内閣総理大臣主催の「を見る会」、11月上旬には環境大臣主催の「菊を観る会」が開催される。大正天皇・昭和天皇の大喪の礼が執り行われた場所でもある。新宿御苑 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎市

    高崎市から見たサクラサクラ

    の名所として知られる。高崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 姫路城

    姫路城から見たサクラサクラ

    姫路城天守の置かれている「姫山」は古名を「日女路(ひめじ)の丘」と称した。『播磨国風土記』にも「日女道丘(ひめじおか)」の名が見られる。姫山はが多く咲いたことから「桜木山」、転じて「鷺山(さぎやま)」とも言った。天守のある丘が姫山、西の丸のある丘が鷺山とすることもある。姫路城 フレッシュアイペディアより)

  • 高岡市

    高岡市から見たサクラサクラ

    高岡市は、市の木につまま(タブノキ)、市の花にかたかご(カタクリ)、市の花木にさくらを制定している。旧高岡市は、市の花にカタカゴ、市の花木にコシノヒガンザクラを制定していた。高岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 高岡市

    高岡市から見たサクラ

    高岡桜まつり(4月) - 高岡古城公園などで行われるの祭り。高岡市 フレッシュアイペディアより)

1704件中 41 - 50件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード