1704件中 51 - 60件表示
  • 槍

    から見たサクラ

    基本的には樫、栗、胡桃、椎、ブナ、オノオレカンバ、オーク、ウォールナット、の木などの頑丈な木材が加工されて使われることが多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 燻製

    燻製から見たサクラサクラ

    燻煙(くんえん)とは、香りの良いサクラなどの木材を高温に熱した時に出る煙を食材に当てて風味付けをすると同時に、煙に含まれる殺菌・防腐成分を食材に浸透させる食品加工技法のことである。木材を完全燃焼させるとあまり煙が出ないので、意図的に不完全燃焼の環境を作り煙が出るように工夫される。直接木材に点火し燃やす方法と、他の熱源で木材を加熱して煙を出す方法とがある。燻製 フレッシュアイペディアより)

  • 羊山公園

    羊山公園から見たサクラサクラ

    の季節には、ソメイヨシノや八重などたくさんの桜が咲く。山麓の「牧水の滝」は、秩父を愛した歌人若山牧水の歌碑がある。その他、アスレチック広場、テニスコート、菖蒲田、棟方志功の作品を中心に展示する美術館「やまとーあーとみゅーじあむ」、武甲山に関する資料を集めた「武甲山資料館」がある。羊山公園 フレッシュアイペディアより)

  • クマリン

    クマリンから見たサクラサクラ

    の葉に代表される植物の芳香成分の一種。バニラに似た芳香があり、苦く、芳香性の刺激的な味がする。桜湯や天然のオオシマザクラの塩蔵葉を用いた桜餅の香りはこれらに含まれるクマリンなどによるものである。クマリン フレッシュアイペディアより)

  • 生田緑地

    生田緑地から見たサクラ

    枡形山展望台春には山頂に植えられたが彩りを添え、夏には一帯が緑で覆われ多摩丘陵のかつての姿を彷彿とさせる。そして木々が葉を落とす冬には横浜市街や遠く富士山までを見渡すことができる。手すりの柱は十二支の動物達を象り、これで方角を示している。なお、当展望台は夜間は閉鎖される。スロープおよびエレベータが整備されている。生田緑地 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵野陸上競技場

    武蔵野陸上競技場から見たサクラサクラ

    また、毎年3月から4月上旬にはの開花に合わせ、芝生席を市民に一般開放している。武蔵野陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 東桂駅

    東桂駅から見たサクラサクラ

    なお当駅の構内、2番線ホームの脇にはが植えられており、毎年春になると花を咲かせる。この季節に運行されているお花見列車は、大月発、河口湖発ともにこの桜を見物後、そのまま折り返して戻っていく。また、トーマスランド号という車両のみに設置されている液晶ディスプレイには、他の駅に停車中はその駅の駅舎の写真が表示されるが、この駅では満開時の2番線ホームの桜の写真が表示される。東桂駅 フレッシュアイペディアより)

  • 小金井公園

    小金井公園から見たサクラサクラ

    元は紀元二千六百年記念事業として計画された「小金井大緑地」が原形で、1954年(昭和29年)1月に「小金井公園」として開園した。基本テーマは「花と緑のひろびろ空間」。園内には雑木林と芝生が広がり、1,800本のが植えられた花見の名所としても人気があり、日本さくら名所100選に選定されている。正月時期には凧揚げの名所ともなる。また、公園内の「いこいの広場」では定期的にフリーマーケットも開催されている。小金井公園 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市大宮公園サッカー場

    さいたま市大宮公園サッカー場から見たサクラ

    改修前の大宮公園サッカー場のホームゴール裏スタンド裏側には、11本のの樹木、またバックスタンド席中にも1本のが植えられていた。このため春季は満開の桜が開花してサッカーファンを和ませてくれていた。改修に当ってそれが撤去され別の場所に移植されたが、スペースの都合上全部を移設するわけには行かなかった。そこで残った桜の木は2007年の改修完成を記念して、11月11日の大分トリニータとのこけら落とし戦と12月1日の川崎フロンターレ戦で、改修前最後の2005年11月23日ガンバ大阪戦を観戦したファンに配られた「改修前観戦証明書」を持参し、なおかつ上述2試合のチケットをそれぞれ購入・持参したファンに対する記念品として「移植できなかった大宮公園の桜の木で作成したオリジナルストラップ」を製作しプレゼントした。さいたま市大宮公園サッカー場 フレッシュアイペディアより)

  • 豊島区

    豊島区から見たサクラサクラ

    日本の国花であるサクラの代表品種、ソメイヨシノは、現在の豊島区駒込から巣鴨の旧染井村が発祥。染井の植木屋が江戸時代後期、交配して生み出した新種がソメイヨシノである。旧染井村では鉢植えをつくることが盛んで、ここでつくられた植木や盆栽は、花売りによって江戸中に運ばれていた。1860年(万延元年)に染井を訪れた英国人植物学者、ロバート・フォーチュンはその種類の多さに驚き、世界一とのお墨付きを与えている。また霧島ツツジも多くつくられ、JR駒込駅の土手が春になるとツツジでいっぱいになるのは、その名残である。豊島区 フレッシュアイペディアより)

1704件中 51 - 60件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード