1704件中 71 - 80件表示
  • 桜

    から見たサクラサクラ

    フレッシュアイペディアより)

  • 桜皮

    桜皮から見たサクラサクラ

    桜皮 フレッシュアイペディアより)

  • オウヒ

    オウヒから見たサクラサクラ

    オウヒ フレッシュアイペディアより)

  • さくら

    さくらから見たサクラサクラ

    さくら フレッシュアイペディアより)

  • 夕潮台公園

    夕潮台公園から見たサクラサクラ

    この公園では、春には約250本のが咲き誇る場所であるほか、当地は、孤立丘陵であることから、スダジイやコナラなど周辺他の影響を受けない珍しい自生植物の宝庫となっている。この自然状況を記した「夕潮台公園ネイチャーガイドマップ」(舞鶴観光協会編)が作成されるほどである。このため、市内保育所・幼稚園・小学校からの遠足の目的地となっているほか、ハイキングコース・サイクリングコースとして親しまれている。夕潮台公園 フレッシュアイペディアより)

  • 桜塚古墳

    桜塚古墳から見たサクラサクラ

    奈良時代の終わり頃に訪れた行者が、杖に使っていたの枝をこの地にさしたところ、根づいて一重と八重の花を咲かせたと言い伝えられ、これによって「桜塚」と呼ばれるようになったと言う。現在は畑地の一角にあって墳丘上に数本の桜の樹があり、五条川の桜が咲くのと同じ時期に花を咲かせる。桜塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 五色山公園

    五色山公園から見たサクラサクラ

    高浜町中心部から京都府舞鶴市寄りの内浦湾を臨む高台に、約30万?の敷地を持つ公園。約4,000本のやツツジ、ボタンなどが、四季折々に咲く。五色山公園 フレッシュアイペディアより)

  • 楓渓

    楓渓から見たサクラサクラ

    水沢は江戸時代、菰野藩の領地であり、元禄年間(1688年 - 1703年)当時の藩主土方雄豊が、領内巡視を兼ねて、もみじ狩りを楽しんだといわれている。その後歴代の藩主は、、ツツジ、もみじ等花木の伐採を禁じ、領内の景勝地の保護につとめた。楓渓においても、雑木を切り払いもみじを保護し、毎年春秋に訪れている。楓渓 フレッシュアイペディアより)

  • 桜尾村

    桜尾村から見たサクラサクラ

    村名は、合併した3つの村に由来する。伊佐美村の「佐」、椎倉村の「倉」、赤尾村の「尾」を取って佐倉尾(さくらお)とし、「さくら」をの漢字に変更した合成地名である。尚、かつては桜を櫻と表記していた。桜尾村 フレッシュアイペディアより)

  • 芦城公園

    芦城公園から見たサクラサクラ

    また、の名所で知られる公園で、園内にはソメイヨシノが植樹されており、春の花見の時期には多くの花見客で賑わう。芦城公園 フレッシュアイペディアより)

1704件中 71 - 80件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード