前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
218件中 1 - 10件表示
  • サクラ

    サクラから見た松尾芭蕉

    伝統文化的作品の例では桜を人に見立てた能の西行桜などがある。江戸時代の代表的俳人・松尾芭蕉は、1688年(貞享5年)春、かつて奉公した頃のことなどを思って「さまざまの事おもひ出す桜哉」の句を詠んだ。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た花見

    日本では平安時代の国風文化の影響以降、桜は花の代名詞のようになり、春の花の中でも特別な位置を占めるようになった。桜の花の下の宴会の花見は風物詩である。各地に桜の名所があり、有名な一本桜も数多く存在する。サクラの開花時期は関東以西の平地では3月下旬から4月半ば頃が多く、日本の年度は4月始まりであることや、学校に多くの場合サクラが植えられていることから、人生の転機を彩る花にもなっている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た西行

    歌人の中でも特に平安末期の西行法師が、「花」すなわち桜を愛したことは有名である。彼は吉野の桜を多く歌にしており、特に「願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎの望月のころ」の歌は有名である。西行はこの歌に詠んだ通り、旧暦二月十六日に入寂したとされる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た山田孝雄

    山田孝雄 『櫻史』 桜書房、1941年。のち講談社学術文庫、1990年。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た仁明天皇

    古今和歌集仮名序にある王仁の歌とされる「難波津の咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花」の「花」は梅であるが、平安時代の歌人である紀友則の歌「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花ぞ散るらむ」の「花」は桜である。嵯峨天皇は桜を愛し、花見を開いたとされており、左近の桜は、元は梅であったとされるが桜が好きであった仁明天皇が在位期間中に梅が枯れた後に桜に植え替えたとされている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た一休宗純

    「花は桜木(さくらぎ)、人は武士」:武士の理想としての潔い生き様を、ぱっと咲いてぱっと散るサクラにたとえた言葉。もとは一休宗純の言葉の一部。→散華サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た紀友則

    古今和歌集仮名序にある王仁の歌とされる「難波津の咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花」の「花」は梅であるが、平安時代の歌人である紀友則の歌「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花ぞ散るらむ」の「花」は桜である。嵯峨天皇は桜を愛し、花見を開いたとされており、左近の桜は、元は梅であったとされるが桜が好きであった仁明天皇が在位期間中に梅が枯れた後に桜に植え替えたとされている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た滝廉太郎

    音楽においては江戸時代の箏曲や、地歌をはじめとする三味線音楽に多く取り上げられている。一般に「日本古謡」とされる『さくらさくら』は、実は幕末頃に箏の手ほどきとして作られたものである。明治時代以降では滝廉太郎の歌曲『花』などが有名である。長唄『元禄花見踊』も明治以降の作であるがよく知られている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た豊臣秀吉

    豊臣秀吉は醍醐寺に700本の桜を植えさせ、慶長3年3月15日(1598年4月20日)に近親の者や諸大名を従えて盛大な花見を催したとされる(醍醐の花見)。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た新渡戸稲造

    潔よさを人の模範と見て、江戸時代以降しばしば武士道のたとえにされてきた。ただし、そのようにすぐに花が散ってしまう様は、家が長続きしないという想像を抱かせたため、意外と桜を家紋とした武家は少ない。明治時代に新渡戸稲造が著した『武士道』では「武士道(シヴァリー)とは日本の象徴たる桜の花のようなもの」と冒頭に記している。武士道を美徳とした旧日本軍では、潔く散る桜が自己犠牲のシンボルとして多用された(特攻機桜花など)。たとえば「花(華)と散る」という言葉は戦死や殉職の暗喩である。歩兵の本領、あゝ紅の血は燃ゆる、同期の桜など、歌詞にそうした表現を反映した軍歌も数多く作曲され、戦中非常に良く歌われた。サクラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
218件中 1 - 10件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード