218件中 91 - 100件表示
  • サクラ

    サクラから見た箏曲

    音楽においては江戸時代の箏曲や、地歌をはじめとする三味線音楽に多く取り上げられている。一般に「日本古謡」とされる『さくらさくら』は、実は幕末頃に箏の手ほどきとして作られたものである。明治時代以降では滝廉太郎の歌曲『花』などが有名である。長唄『元禄花見踊』も明治以降の作であるがよく知られている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た大連市

    File:Longwangtang Cherry Blossom Park.JPG|中国遼寧省大連市旅順口区・龍王塘桜花園サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た戯曲

    戯曲では義経千本桜は本来その話の中には桜が登場しないにもかかわらず題名に桜を関しており、現在では桜を背景にする例も多い。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た歩兵の本領

    潔よさを人の模範と見て、江戸時代以降しばしば武士道のたとえにされてきた。ただし、そのようにすぐに花が散ってしまう様は、家が長続きしないという想像を抱かせたため、意外と桜を家紋とした武家は少ない。明治時代に新渡戸稲造が著した『武士道』では「武士道(シヴァリー)とは日本の象徴たる桜の花のようなもの」と冒頭に記している。武士道を美徳とした旧日本軍では、潔く散る桜が自己犠牲のシンボルとして多用された(特攻機桜花など)。たとえば「花(華)と散る」という言葉は戦死や殉職の暗喩である。歩兵の本領、あゝ紅の血は燃ゆる、同期の桜など、歌詞にそうした表現を反映した軍歌も数多く作曲され、戦中非常に良く歌われた。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た

    サクラは、バラ科サクラ属サクラ亜属に分類される落葉広葉樹である。春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせる(桜色)。花は日本では鑑賞用途としては他の植物に比べ、特別な地位にある。果実を食用とするほか、花やの塩漬けも食品などに利用される。日本国外においては、一般的に果樹としての役割のほうが重視された。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た同期の桜

    潔よさを人の模範と見て、江戸時代以降しばしば武士道のたとえにされてきた。ただし、そのようにすぐに花が散ってしまう様は、家が長続きしないという想像を抱かせたため、意外と桜を家紋とした武家は少ない。明治時代に新渡戸稲造が著した『武士道』では「武士道(シヴァリー)とは日本の象徴たる桜の花のようなもの」と冒頭に記している。武士道を美徳とした旧日本軍では、潔く散る桜が自己犠牲のシンボルとして多用された(特攻機桜花など)。たとえば「花(華)と散る」という言葉は戦死や殉職の暗喩である。歩兵の本領、あゝ紅の血は燃ゆる、同期の桜など、歌詞にそうした表現を反映した軍歌も数多く作曲され、戦中非常に良く歌われた。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たドラマ

    現在でもポピュラー音楽、映画、ドラマ、ゲームなど様々な作品のモチーフや題材になっている。特に春に発表されるポピュラー音楽では他に比べて桜を扱ったものが多く、これらの歌は桜ソングとして知られている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た食品

    サクラは、バラ科サクラ属サクラ亜属に分類される落葉広葉樹である。春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせる(桜色)。花は日本では鑑賞用途としては他の植物に比べ、特別な地位にある。果実を食用とするほか、花や葉の塩漬けも食品などに利用される。日本国外においては、一般的に果樹としての役割のほうが重視された。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た落葉

    サクラは、バラ科サクラ属サクラ亜属に分類される落葉広葉樹である。春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせる(桜色)。花は日本では鑑賞用途としては他の植物に比べ、特別な地位にある。果実を食用とするほか、花や葉の塩漬けも食品などに利用される。日本国外においては、一般的に果樹としての役割のほうが重視された。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た亜属

    サクラ属 は約400種からなるが、主に果実の特徴から5?7の亜属に分類される。サクラ亜属 はその1つである。これらの亜属を属とする説もあり、その場合、サクラ亜属はサクラ属 となる。サクラ フレッシュアイペディアより)

218件中 91 - 100件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード