218件中 11 - 20件表示
  • サクラ

    サクラから見た本居宣長

    江戸時代の国学者、本居宣長は「敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」と詠み、桜が「もののあはれ」などと基調とする日本人の精神具体的な例えとみなした。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た嵯峨天皇

    古今和歌集仮名序にある王仁の歌とされる「難波津の咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花」の「花」は梅であるが、平安時代の歌人である紀友則の歌「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花ぞ散るらむ」の「花」は桜である。嵯峨天皇は桜を愛し、花見を開いたとされており、左近の桜は、元は梅であったとされるが桜が好きであった仁明天皇が在位期間中に梅が枯れた後に桜に植え替えたとされている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た

    サクラは、バラ科サクラ属サクラ亜属に分類される落葉広葉樹である。春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせる(桜色)。花は日本では鑑賞用途としては他の植物に比べ、特別な地位にある。果実を食用とするほか、や葉の塩漬けも食品などに利用される。日本国外においては、一般的に果樹としての役割のほうが重視された。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た秋桜

    秋桜はコスモスのことをさす。桜に似た花の形からこう呼ばれるサクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た殉職

    潔よさを人の模範と見て、江戸時代以降しばしば武士道のたとえにされてきた。ただし、そのようにすぐに花が散ってしまう様は、家が長続きしないという想像を抱かせたため、意外と桜を家紋とした武家は少ない。明治時代に新渡戸稲造が著した『武士道』では「武士道(シヴァリー)とは日本の象徴たる桜の花のようなもの」と冒頭に記している。武士道を美徳とした旧日本軍では、潔く散る桜が自己犠牲のシンボルとして多用された(特攻機桜花など)。たとえば「花(華)と散る」という言葉は戦死や殉職の暗喩である。歩兵の本領、あゝ紅の血は燃ゆる、同期の桜など、歌詞にそうした表現を反映した軍歌も数多く作曲され、戦中非常に良く歌われた。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た紅葉

    全てではないが、多くの種に共通して見られる特徴を挙げる。雌雄同株であり、中高木から低木程度の大きさである。樹皮はカバノキにも似た水平方向の皮目が出来る。葉の形は楕円形であり、枝に互生し、葉の端はぎざぎざ(鋸歯)になっている。葉に薄い細毛が生えるものも少なくない。葉は秋になると紅葉する。根から新たな茎(ひこばえ)がしばしば生え、不定根も良く発生する。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たコンクリート

    桜は水はけの良く、日当たりの良い場所を好み、根を浅く広く広げるため、土が固くない場所をより好む。また、毎年花を咲かせるためには多くの栄養を必要とするので、他の落葉樹と同じく、寒肥により花をより多く咲かせることが出来る。土壌が踏み固められていると根頭がんしゅ病やネコブセンチュウ病を誘発し、これらの病気は土壌を汚染する。早いうちであれば土壌改良によって病気を止める事が出来るが、これらで桜が枯れた場合、何度桜を植えても枯れる場合がある。このため、これらの病気にかかった土壌は加熱殺菌すること、石灰などで消毒すること、土そのものを入れ替えること、桜の枯れた後には数年の間樹木を植えないことなどで対策をとることが出来る。桜の周りをコンクリートやアスファルトなどで固めないことや、桜を離れた位置から眺めるようにすることで土を踏み固めることを避けることが出来る。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た日本の警察官

    日本では警察官および自衛官の階級章は、他国なら星形を使うべき所を桜花で表している。自衛隊の旗でも、陸海空を問わず、旭日と並んで桜の花を使用した旗は数多い。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たイネ

    春に里にやってくる(サ)の神が憑依する座(クラ)である。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た小学校

    並木のように道に沿って、あるいは河川に沿って植えられることが多く、あたり一面が花景色になることも多い。また、学校の校庭には桜が植えられていることが多い。小学校などの校庭には、児童や生徒の入学時に桜の花が咲いているようにするため、ソメイヨシノに比べて開花期間が長い八重桜を混植することが多い。また、古くから桜の花を育てている神社や寺も少なくない。しかし、害虫や病気など手入れが大変で、大きく育つためか、その人気の割には庭木にされることは少ない。サクラ フレッシュアイペディアより)

218件中 11 - 20件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード

  • ブレーキが利かなくなり、十字路の交差点を2か所、停止できずに突っ切った。

  • 悪の秘密結社

  • 200メートルほど手前の交差点からブレーキがきかなかった