267件中 21 - 30件表示
  • サクラ

    サクラから見た特別攻撃隊

    平安時代や明治以降では花のように散る人などの例えにされてきた。ただし、江戸時代はそのようにすぐに花が散ってしまう様は、家が長続きしないという想像を抱かせたため、桜を家紋とした武家は少なく、桜は未だに時代に根付いてなかったとされる。桜は日本精神の象徴のようなものとしての例えとして用いられているが、この喩えが使われた時期は大正後期からである。日本軍においても桜は好まれ、「歩兵の本領」や「同期の桜」などといった歌詞に「桜」「散る」という表現を反映した軍歌・戦時歌謡も多数作られ、太平洋戦争(大東亜戦争)末期には特攻兵器の名称にも使われている(桜花や桜弾機など)。いずれにせよ、桜は日本精神に根ざしており影響力を持っているため、国花の代表例とされることがある(正式には日本の国花は存在しない。ただし国花の代表例として桜と菊が使われることがある)。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たコンクリート

    桜は水はけの良く、日当たりの良い場所を好み、根を浅く広く広げるため、土が固くない場所をより好む。また、毎年花を咲かせるためには多くの栄養を必要とするので、他の落葉樹と同じく、寒肥により花をより多く咲かせることができる。土壌が踏み固められていると根頭がんしゅ病やネコブセンチュウ病を誘発し、これらの病気は土壌を汚染する。早いうちであれば土壌改良によって病気を止めることができるが、これらで桜が枯れた場合、何度桜を植えても枯れる場合がある。このため、これらの病気に罹った土壌は加熱殺菌すること、石灰などで消毒すること、土そのものを入れ替えること、桜の枯れた後には数年の間樹木を植えないことなどで対策をとることができる。桜の周りをコンクリートやアスファルトなどで固めないことや、桜を離れた位置から眺めるようにすることで土を踏み固めることを避けることができる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た小学校

    日本では桜は花見や観桜など、景観等の人気が高く多くの場所に植えられている。植栽の場合街路樹、公園、庭木、河川敷等に使われることが多い。近年では、サクラは街路樹に用いられている樹種としてイチョウについで2番目に多く、49万本が植えられている。道や線路・河川などに沿って植えられることが多く、このようなものを桜並木という。道などの両側に桜が並んでトンネルのような形状になっているものを桜のトンネル(桜トンネル)と呼ぶことがある。このように、辺り一面が花景色になることも多い。また、学校の校庭には桜が植えられていることが多い。小学校などの校庭には、児童や生徒の入学時に桜の花が咲いているようにするため、ソメイヨシノに比べて開花期間が長い八重桜を混植することが多い。また、古くから桜の花を育てている神社や寺も少なくない。しかし、害虫や病気など手入れが大変で、大きく育つためか、その人気の割には庭木にされることは少ない。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たセレッソ大阪

    セレッソ大阪-CEREZO OSAKA-』日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。セレッソとはスペイン語でサクラ(大阪市の市木)の意。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た環境省

    桜によく付く害虫として、2012年(平成24年)以降に顕著な話題となっているのが外来種のクビアカツヤカミキリである。サクラに寄生する同カミキリの大量繁殖と食害の大きさから、各地でサクラ、特にソメイヨシノの大量伐倒に至っており、その被害の深刻さから、2018年1月に同カミキリが環境省より特定外来生物に指定された。これを受けて埼玉県環境科学国際センターではサクラへ寄生するクビアカツヤカミキリ対策を広く公開している。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た中国

    現在、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・米国・カナダなど、主に北半球の温帯に、広範囲に分布している。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た

    『万葉集』には色々な植物が登場するが、桜もその一つである。しかし、中国文化の影響が強かった奈良時代は和歌などで単に「花」といえばを指していた。万葉集においては梅の歌118首に対し桜の歌は44首に過ぎなかった。その後平安時代に国風文化が育つに連れて徐々に桜の人気が高まり、「花」とは桜を指すようになる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たクローン

    開花期間は、ソメイヨシノでは、満開から一週間程度で花が散る。またソメイヨシノはクローンであるために、株ごとのばらつきも小さく、一斉に咲く。しかし、ソメイヨシノが爆発的に植えられる以前の日本では、少しずつ別の株、別の種に移りながら、様々な桜が咲くというのが、普通の姿であった。温度や雨が散る散らないの原因になる。花が咲いた後に気温が下がる花冷えが起こると、花は長く持ち、花が盛りになった後に雨が降ると早く散る。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た台風

    桜は「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」といわれるように、傷口が傷みやすい。実際、台風や人間により枝が折られるなどすると、傷口から腐って一気に枯れてしまうこともある。このため、しばしば剪定には不向きとされるが、適切な剪定は可能である。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た馬肉

    馬肉のことを桜肉という。サクラ フレッシュアイペディアより)

267件中 21 - 30件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード