218件中 31 - 40件表示
  • サクラ

    サクラから見たサクランボ

    桜は六月から七月にかけて実をつける。桜の実は「サクランボ」と呼ばれ、食用として流通する。実を食用とする品種の系統はおおむねセイヨウミザクラ(西洋実桜)とシナミザクラ(中国実桜、支那実桜)に分けることが出来、近年では多くが西洋系の品種であるセイヨウミザクラである。品種としては佐藤錦やナポレオン、アメリカンチェリーが有名である。スミミザクラのように酸味が強いがソースなどの料理に利用される品種もある。一方で観賞用の桜の実は小さく酸っぱい場合がほとんどであり、一般には食用とはされない。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た台風

    桜は「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」といわれるように、傷口が傷みやすい。実際、台風や人間により枝が折られるなどすると、傷口から腐って一気に枯れてしまうこともある。このため、しばしば剪定には不向きとされるが、適切な剪定は可能である。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た遼寧省

    File:Longwangtang Cherry Blossom Park.JPG|中国遼寧省大連市旅順口区・龍王塘桜花園サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た馬肉

    馬肉のことを桜肉と言う。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た伊豆大島

    サクラのおおもとの原産地はヒマラヤ近郊と考えられており、北半球の温帯に広範に分布している。日本では、ほぼ全土で何らかの種類が生育可能である。さまざまな自然環境に合わせて多様な種類が生まれており、日本においてもいくつかの固有種が見られる。たとえばソメイヨシノの片親であるオオシマザクラは伊豆大島など、南部暖帯に自生する固有種とされる。日本では少なくとも数百万年前から自生しているとされ、鮮新世の地層とされる三朝層群からムカシヤマザクラの葉の化石が見つかっている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たウメ

    花を観賞する園芸品種として好まれたため、さまざまな姿の花が見られる。花びらは五枚から百数十枚までさまざまであり、多くのものが白から桃色である。サクラに限らないが用語を挙げる。花弁が五枚までのものを一重、五枚から十枚のものを半八重、十枚以上の花弁をもつものを八重と言う。また、花弁が非常に多く、一枚一枚が細長い場合、菊咲きと称する。さらに萼、花弁、雄蕊の中にさらに萼、花弁、雄蕊のある二重構造のものも見られ、これは段咲きと呼ばれる。花弁の枚数の増え方には雄蕊が花弁に変化するものと、花弁や雄蕊そのものが倍数加する変化が見られる。同じサクラ属のモモやウメは花柄が短く枝に付くように咲くが、サクラはこれらと違って長い花柄をもっており、枝からはなれて咲く。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た自衛官

    日本では警察官および自衛官の階級章は、他国なら星形を使うべき所を桜花で表している。自衛隊の旗でも、陸海空を問わず、旭日と並んで桜の花を使用した旗は数多い。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たアメリカシロヒトリ

    桜に良く付く害虫としてはカイガラムシ、アブラムシ、ハダニ、それにケムシ・イモムシの類ではハマキムシ、コスカシバ、オビカレハ、アメリカシロヒトリ、サクラケンモン、モンクロシャチホコ(Phalera flavescens)などが挙げられる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たモモ

    花を観賞する園芸品種として好まれたため、さまざまな姿の花が見られる。花びらは五枚から百数十枚までさまざまであり、多くのものが白から桃色である。サクラに限らないが用語を挙げる。花弁が五枚までのものを一重、五枚から十枚のものを半八重、十枚以上の花弁をもつものを八重と言う。また、花弁が非常に多く、一枚一枚が細長い場合、菊咲きと称する。さらに萼、花弁、雄蕊の中にさらに萼、花弁、雄蕊のある二重構造のものも見られ、これは段咲きと呼ばれる。花弁の枚数の増え方には雄蕊が花弁に変化するものと、花弁や雄蕊そのものが倍数加する変化が見られる。同じサクラ属のモモやウメは花柄が短く枝に付くように咲くが、サクラはこれらと違って長い花柄をもっており、枝からはなれて咲く。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た南西諸島

    気象庁はその後も開花や満開の観測は引き続き行っている。気象庁では各地で特定の株を標本木として定めて職員の目視による観測を行う。標本木は南西諸島や北海道の大部分を除いてソメイヨシノであり、東京都など一部を除いて地方気象台の近隣に存在する。標本木の蕾が5?6輪ほころびると、開花したことが発表される。これをマスコミでは「開花宣言」と呼ぶことがある。標本木全体の80%以上のつぼみが開くと、「満開」となったことが発表される。サクラ フレッシュアイペディアより)

218件中 31 - 40件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード