218件中 41 - 50件表示
  • サクラ

    サクラから見た醍醐寺

    豊臣秀吉は醍醐寺に700本の桜を植えさせ、慶長3年3月15日(1598年4月20日)に近親の者や諸大名を従えて盛大な花見を催したとされる(醍醐の花見)。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たコスモス

    秋桜はコスモスのことをさす。桜に似た花の形からこう呼ばれるサクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たアブラムシ

    桜に良く付く害虫としてはカイガラムシ、アブラムシ、ハダニ、それにケムシ・イモムシの類ではハマキムシ、コスカシバ、オビカレハ、アメリカシロヒトリ、サクラケンモン、モンクロシャチホコ(Phalera flavescens)などが挙げられる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た温暖化

    近年、サクラが以前に比べ若干早く咲く現象も見られている。これには温暖化の影響が見られ、また、都市部で開花が早まることはヒートアイランド現象も少なからず影響している。また、九州では桜前線が、普通とは逆に南下する例も現れた。これは、冬が暖かすぎると休眠打破が起こりにくいため、暖かい九州南部では開花が遅れるのだと考えられる。これらは季節学的な自然環境の変化を端的に表す指標にもなっている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た幕末

    音楽においては江戸時代の箏曲や、地歌をはじめとする三味線音楽に多く取り上げられている。一般に「日本古謡」とされる『さくらさくら』は、実は幕末頃に箏の手ほどきとして作られたものである。明治時代以降では滝廉太郎の歌曲『花』などが有名である。長唄『元禄花見踊』も明治以降の作であるがよく知られている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たサクラエビ

    サクラエビ、サクラマスなど、体色の赤いものに「サクラ」の語を当てる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た気温

    2009年(平成21年)まで気象庁が行っていた予想方法は、各地点の冬期の気温経過や春期の気温予想等を考慮した各種計算を経て、標本木に対して開花予想日を決定していた。民間気象会社の予想方法も概ねこれに近いが、独自の手法を採り入れて行っているものもある。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たヒートアイランド現象

    近年、サクラが以前に比べ若干早く咲く現象も見られている。これには温暖化の影響が見られ、また、都市部で開花が早まることはヒートアイランド現象も少なからず影響している。また、九州では桜前線が、普通とは逆に南下する例も現れた。これは、冬が暖かすぎると休眠打破が起こりにくいため、暖かい九州南部では開花が遅れるのだと考えられる。これらは季節学的な自然環境の変化を端的に表す指標にもなっている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た酸性雨

    桜は街路樹として植えられることも多いことなどから、車などの排気ガスによっていためられることも多い。このような場合対策はとりづらいため、その他の要因で樹木が弱らないようにすることが大切である。山高神代桜では桜を守るために近くを通っていた道路に迂回路が作られた。酸性雨も木を弱める要因になる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た奈良時代

    『万葉集』には色々な植物が登場するが、桜もその一つである。しかし、中国文化の影響が強かった奈良時代は和歌などで単に「花」といえば梅をさしていた。万葉集においては梅の歌118首に対し桜の歌は44首に過ぎなかった。その後平安時代に国風文化が育つに連れて徐々に桜の人気が高まり、「花」とは桜を指すようになる。サクラ フレッシュアイペディアより)

218件中 41 - 50件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード