218件中 61 - 70件表示
  • サクラ

    サクラから見たうどんこ病

    桜が多くかかる病気としては根頭がんしゅ病、根瘤線虫病、てんぐ巣病、膏薬病、うどんこ病などがある。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たマメザクラ

    マメザクラ群 - マメザクラ などサクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た神代桜

    古木として知られる桜も多い。日本三大桜がいずれも樹齢千年を超える老古木となっているほか、五大桜も古木が多く、内神代桜は樹齢が1800年を超えているとされる。それ以外にも有名で長寿の一本桜が多く存在する。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た葉桜

    ソメイヨシノなどで良く知られている通り、葉が展開する前に花が咲くものも少くない。花が散り頃に葉が混ざって生えた状態から初夏過ぎまでを葉桜と呼ぶ。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た武士道

    潔よさを人の模範と見て、江戸時代以降しばしば武士道のたとえにされてきた。ただし、そのようにすぐに花が散ってしまう様は、家が長続きしないという想像を抱かせたため、意外と桜を家紋とした武家は少ない。明治時代に新渡戸稲造が著した『武士道』では「武士道(シヴァリー)とは日本の象徴たる桜の花のようなもの」と冒頭に記している。武士道を美徳とした旧日本軍では、潔く散る桜が自己犠牲のシンボルとして多用された(特攻機桜花など)。たとえば「花(華)と散る」という言葉は戦死や殉職の暗喩である。歩兵の本領、あゝ紅の血は燃ゆる、同期の桜など、歌詞にそうした表現を反映した軍歌も数多く作曲され、戦中非常に良く歌われた。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たポピュラー音楽

    現在でもポピュラー音楽、映画、ドラマ、ゲームなど様々な作品のモチーフや題材になっている。特に春に発表されるポピュラー音楽では他に比べて桜を扱ったものが多く、これらの歌は桜ソングとして知られている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たスミミザクラ

    桜は六月から七月にかけて実をつける。桜の実は「サクランボ」と呼ばれ、食用として流通する。実を食用とする品種の系統はおおむねセイヨウミザクラ(西洋実桜)とシナミザクラ(中国実桜、支那実桜)に分けることが出来、近年では多くが西洋系の品種であるセイヨウミザクラである。品種としては佐藤錦やナポレオン、アメリカンチェリーが有名である。スミミザクラのように酸味が強いがソースなどの料理に利用される品種もある。一方で観賞用の桜の実は小さく酸っぱい場合がほとんどであり、一般には食用とはされない。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た八重桜

    既に植えられている株の品種を、観察から正確に同定するのは難しいが、現代では遺伝子情報が良くわかるようになり、品種の特定がよりしやすくなった。人間が作った園芸品種をまとめてサトザクラと呼ぶことがある。八重咲きの品種はヤエザクラと総称される。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た果実

    サクラは、バラ科サクラ属サクラ亜属に分類される落葉広葉樹である。春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせる(桜色)。花は日本では鑑賞用途としては他の植物に比べ、特別な地位にある。果実を食用とするほか、花や葉の塩漬けも食品などに利用される。日本国外においては、一般的に果樹としての役割のほうが重視された。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た雄蕊

    サクラは突然変異が多い植物として知られており、花弁や雄蕊の変化、花の大きさ、色の変化、実の増減などが多分に見られる。品種改良も多く行われ、また変化させるだけでなく、代を重ねることや接木によって、突然変異を固定化することも行われる。一方で、自家不和合性を持つものも多いため一代限りの突然変異も稀ではない。自家不和合性を持つ場合、次の代には同じ特徴が受け継がれない事が多いためである。サクラ フレッシュアイペディアより)

218件中 61 - 70件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード

  • ブレーキが利かなくなり、十字路の交差点を2か所、停止できずに突っ切った。

  • 悪の秘密結社

  • 200メートルほど手前の交差点からブレーキがきかなかった