218件中 81 - 90件表示
  • サクラ

    サクラから見たヒマラヤ

    サクラのおおもとの原産地はヒマラヤ近郊と考えられており、北半球の温帯に広範に分布している。日本では、ほぼ全土で何らかの種類が生育可能である。さまざまな自然環境に合わせて多様な種類が生まれており、日本においてもいくつかの固有種が見られる。たとえばソメイヨシノの片親であるオオシマザクラは伊豆大島など、南部暖帯に自生する固有種とされる。日本では少なくとも数百万年前から自生しているとされ、鮮新世の地層とされる三朝層群からムカシヤマザクラの葉の化石が見つかっている。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た桜餅

    桜の葉の塩漬けも食用として用いられる。桜餅は、塩漬けの葉で包まれている。桜の葉の塩漬けには多くの場合オオシマザクラが用いられており、伊豆半島南部において生産が盛んである。シロップ漬けにされることもある。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たアメリカ合衆国

    File:Washington C D.C. Tidal Basin cherry trees.jpg|アメリカ合衆国ワシントンD.C.・タイダル・ベイスンサクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た東京管区気象台

    気象庁が定める東京のサクラの標本木は、靖国神社境内にある特定のソメイヨシノである。本来標本木がどれであるかは非公開となっているが、東京の標本木については2012年にどの木が標本であるかを公開している。現代日本においてサクラの開花については特に衆目の注目を集める傾向にあり、開花の時期になると、東京管区気象台の職員が観測する風景を、複数のマスコミが取材に訪れる様子がしばしば見られる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た三春町

    File:Miharu Miharu-Takizakura Front 1.jpg|福島県三春町・三春滝桜サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た名字

    人名にも桜の付くものは少なくない。桜が入った苗字もそうであるが、近年は女性の名前として「さくら」の語が使われることが多い。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たカイガラムシ

    桜に良く付く害虫としてはカイガラムシ、アブラムシ、ハダニ、それにケムシ・イモムシの類ではハマキムシ、コスカシバ、オビカレハ、アメリカシロヒトリ、サクラケンモン、モンクロシャチホコ(Phalera flavescens)などが挙げられる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た義経千本桜

    戯曲では義経千本桜は本来その話の中には桜が登場しないにもかかわらず題名に桜を関しており、現在では桜を背景にする例も多い。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見たスモモ亜属

    かつてはニワザクラ、ユスラウメなどを含むユスラウメ節 もサクラ亜属とされたが、Krüssmann (1978) によりニワウメ亜属 に分離された。分子系統からは、ニワウメ亜属はサクラ亜属とは別系統であり、しかもスモモ亜属/モモ亜属 内に分散した多系統という結果が出ている。ただし、サクラ亜属をサクラ節 (通常のサクラ亜属)とニワウメ節 (ニワウメ亜属とウワミズザクラ亜属?)に分ける資料もある。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た地歌

    音楽においては江戸時代の箏曲や、地歌をはじめとする三味線音楽に多く取り上げられている。一般に「日本古謡」とされる『さくらさくら』は、実は幕末頃に箏の手ほどきとして作られたものである。明治時代以降では滝廉太郎の歌曲『花』などが有名である。長唄『元禄花見踊』も明治以降の作であるがよく知られている。サクラ フレッシュアイペディアより)

218件中 81 - 90件表示

「桜の花情報」のニューストピックワード

  • ブレーキが利かなくなり、十字路の交差点を2か所、停止できずに突っ切った。

  • 悪の秘密結社

  • 200メートルほど手前の交差点からブレーキがきかなかった