梁勇基 ニュース&Wiki etc.

梁 勇基(リャン・ヨンギ、???、1982年1月7日- )は、大阪府泉北郡忠岡町出身のプロサッカー選手(MF)。Jリーグのベガルタ仙台所属。在日朝鮮人であり北朝鮮代表としてもプレーする。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「梁勇基」のつながり調べ

  • 赤嶺真吾

    赤嶺真吾から見た梁勇基

    仙台では、手倉森誠監督から「90分アグレッシブに前でボールが収まり、ゴールに向かう姿勢がある」「裏への引き出しや起点としても良い」と高く評価され、スタメンに定着。MF梁勇基が「ボールを受けるアクションがはっきりしているので、パスが出しやすい」とコメントし、J1第28節京都戦では、ボールを持ちすぎて孤立しがちだったフェルナンジーニョとのコンビネーションを手倉森監督から評価されるなど、他アタッカーとの良好な連携を早々に築いた。J1第26節・本籍を持つFC東京との対戦では終盤に決勝点をアシストし勝利に貢献の他、試合を決定付けるゴールを決めるなど活躍、仙台のJ1残留の原動力の一つとなった。12月4日、鹿児島実業高校の先輩である平瀬智行の引退セレモニーの中で、後継者に指名された。シーズン終了後には、FC東京からの契約更新、仙台からの慰留、磐田からの再オファーと、争奪となった。古巣への復帰も考えていたがFWの柱として期待する仙台の熱意に押され2011年より完全移籍。平瀬から託された背番号14を断り、引き続き24番で臨んだ。(赤嶺真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山一成

    岡山一成から見た梁勇基

    仙台においても「岡山劇場」は健在で、8月30日の対京都戦ではヒーローインタビューの際にアナウンサーからマイクを奪い取ってマイクパフォーマンスを行ったほか、さらに全ての選手と全てのサポーターを巻き込んでのシャンゼリゼ合唱やロペスダンスや梁勇基コールをするなど、派手なパフォーマンスを披露している。(岡山一成 フレッシュアイペディアより)

「梁勇基」のニューストピックワード