前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 梁勇基

    梁勇基から見た鄭大世

    2009年に北朝鮮代表が東アジア選手権予選で敗退した際、出場していた同じ在日朝鮮人の鄭大世が梁を待望するコメントを出している。北朝鮮代表が44年ぶりのW杯に挑む2010年、いわゆるBチームではあるが代表に2年ぶりに招集され、AFCチャレンジカップ2010優勝に大きく貢献。大会得点王及びMVPを獲得した。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見た宮川大輔 (タレント)

    高級学校時代、成績は学年でトップクラスだったが、阪南大学でサッカーをするために同大学へ進学した。好きな芸人は宮川大輔である。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見たベガルタ仙台

    梁 勇基(リャン・ヨンギ、???、1982年1月7日- )は、大阪府泉北郡忠岡町出身のプロサッカー選手(MF)。Jリーグのベガルタ仙台所属。在日朝鮮人であり北朝鮮代表としてもプレーする。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見たサッカー朝鮮民主主義人民共和国代表

    梁 勇基(リャン・ヨンギ、???、1982年1月7日- )は、大阪府泉北郡忠岡町出身のプロサッカー選手(MF)。Jリーグのベガルタ仙台所属。在日朝鮮人であり北朝鮮代表としてもプレーする。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見たサガン鳥栖

    Jリーグ初出場 - 2004年4月11日 サガン鳥栖梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見たKリーグ

    2003年11月、ジェフユナイテッド市原の外国人枠で内定が見込まれたが、契約に至らなかった。その後、2004年2月に川崎フロンターレのキャンプに参加したものの、ここでも契約には至らなかった。Jリーグを諦めて韓国・Kリーグ入りを目指そうと渡航準備していたとき、J2に降格したばかりのベガルタ仙台を高校時代の監督に紹介され、テスト生として入団し、プロ契約に至った。1年目からチームの即戦力として起用されるようになり、この年はリーグ戦32試合に出場。翌2005年にはレギュラーとして完全に定着し、2007年以降は5年連続でリーグ戦全試合出場を果たしている。2008年、2009年はチームの主将も務めた。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見たサッカー日本代表

    2011年3月29日に開催された「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ」では、日本国籍以外の選手としてはただ一人、Jリーグの選抜チームである「Jリーグ TEAM AS ONE」のメンバーに選出され、日本代表と初めて対戦した。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見た川崎フロンターレ

    2003年11月、ジェフユナイテッド市原の外国人枠で内定が見込まれたが、契約に至らなかった。その後、2004年2月に川崎フロンターレのキャンプに参加したものの、ここでも契約には至らなかった。Jリーグを諦めて韓国・Kリーグ入りを目指そうと渡航準備していたとき、J2に降格したばかりのベガルタ仙台を高校時代の監督に紹介され、テスト生として入団し、プロ契約に至った。1年目からチームの即戦力として起用されるようになり、この年はリーグ戦32試合に出場。翌2005年にはレギュラーとして完全に定着し、2007年以降は5年連続でリーグ戦全試合出場を果たしている。2008年、2009年はチームの主将も務めた。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見たジェフユナイテッド市原・千葉

    2003年11月、ジェフユナイテッド市原の外国人枠で内定が見込まれたが、契約に至らなかった。その後、2004年2月に川崎フロンターレのキャンプに参加したものの、ここでも契約には至らなかった。Jリーグを諦めて韓国・Kリーグ入りを目指そうと渡航準備していたとき、J2に降格したばかりのベガルタ仙台を高校時代の監督に紹介され、テスト生として入団し、プロ契約に至った。1年目からチームの即戦力として起用されるようになり、この年はリーグ戦32試合に出場。翌2005年にはレギュラーとして完全に定着し、2007年以降は5年連続でリーグ戦全試合出場を果たしている。2008年、2009年はチームの主将も務めた。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見た2009年

    2003年11月、ジェフユナイテッド市原の外国人枠で内定が見込まれたが、契約に至らなかった。その後、2004年2月に川崎フロンターレのキャンプに参加したものの、ここでも契約には至らなかった。Jリーグを諦めて韓国・Kリーグ入りを目指そうと渡航準備していたとき、J2に降格したばかりのベガルタ仙台を高校時代の監督に紹介され、テスト生として入団し、プロ契約に至った。1年目からチームの即戦力として起用されるようになり、この年はリーグ戦32試合に出場。翌2005年にはレギュラーとして完全に定着し、2007年以降は5年連続でリーグ戦全試合出場を果たしている。2008年、2009年はチームの主将も務めた。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「梁勇基」のニューストピックワード