50件中 31 - 40件表示
  • 志村X

    志村Xから見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    第24回 梅宮辰夫・アンナ(放送当時アンナはまだ結婚をしていなかった)志村X フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のテレビ (日本)

    2007年のテレビ (日本)から見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    3月16日 - 特命係長 只野仁(3rdシーズン)で、梅宮辰夫と長女の梅宮アンナが共演した。2007年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 不良番長

    不良番長から見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    梅宮辰夫が1964年の『暗黒街大通り』までの硬派な役から突如、プレイボーイ、女を泣かす役に変身したのは『暗黒街大通り』の後の『悪女』(1964年)からであるがこの方向転換を発案したのも岡田茂である。岡田は普段の梅宮をちゃんと観察していて、梅宮の日常生活に近い役を当てた。「今度こういう台本でやってくれと言われた時、毎日の俺と同じじゃねえかって。特に抵抗はなかった」と梅宮は話している。「夜の青春シリーズ」などを挟んで「不良番長シリーズ」に至った。1972年にクラウディア・ヴィクトリアと再婚し、梅宮アンナが産まれ、アンナを溺愛して撮影所でおしめを交換していたら、岡田から「ちょっと来い!」と呼び出され「お前何考えてんだ、プレイボーイの役やる人間が赤ん坊のおしめ換えてるんじゃないよ! 監督が怒ってあいつじゃ撮らないって言ってるぞ」と言われ1本映画が流れたことがあるという。不良番長 フレッシュアイペディアより)

  • 東横学園大倉山高等学校

    東横学園大倉山高等学校から見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    梅宮アンナ - モデル、タレント東横学園大倉山高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • リモート

    リモートから見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    マイコ・ ジャクソン刑事:梅宮アンナ(7話)リモート フレッシュアイペディアより)

  • はとこ

    はとこから見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    高橋克典 - 梅宮アンナ・梅宮万紗子(従姉妹)はとこ フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    第三部『代理戦争』で第一部に続いて再登板となった梅宮辰夫が演じたのが明石組幹部・岩井信一。モデルとなった山口組幹部・山本健一の眉毛のない顔に似せるため、当初眉毛をロウでつぶすメーキャップをしていた。実際の山本は眉毛がないのではなく薄かったというが、梅宮はよく汗をかいて溶けるのでめんどうくさくなってある日、志賀勝を真似て眉毛を剃った。京都の撮影所から東京に戻って当時1歳の娘・梅宮アンナを抱くと、普段泣かない子だったのに「ギャーッ!!!」と引きつるように泣いたという。小沢仁志はこの梅宮のヤマケン役の顔について「(梅宮さんの)昔の映画観てみろ。『仁義なき戦い』とか。恐ろしい。あれで30代だぜ」と評した。梅宮は山本とは本作以前から付き合いがあり、「あの人に恥かかしちゃいけねぇなという想いはありました」、「今は問題があるかもしれないけど、ヤクザの役を演じるんだったら同じメシを食い、同じ酒を飲み、時にはソープにも一緒に行くような…。そんな"匂い"を吸収するのも大事なことだったんだよ」、「いまホントにヤクザと付き合うとすぐ叩かれるでしょ?だからみんな付き合いもできないし、やってもコソコソするしかないんだよ。でも僕らのときには大っぴらにね」などと回想している。一方で「みなさんの中で役者・梅宮辰夫は『仁義なき戦い』の印象が強いかもしれないけど、僕の真髄は不良と女たらしを兼ねた『不良番長シリーズ』なんですよ」と述べている。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • バカップル

    バカップルから見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    日本独特の表現。1985年版の『現代用語の基礎知識』に掲載された後、1990年代にTBSの番組内で用いられたことにより急激に広まった。また1995年頃にタレント羽賀研二と梅宮アンナのカップルをワイドショーが「バカップル」と評したため再び流行語となった。バカップル フレッシュアイペディアより)

  • 特命係長 只野仁 (テレビドラマ)

    特命係長 只野仁 (テレビドラマ)から見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    常磐夏希(ハスラー・元暴走族総長) - 梅宮アンナ特命係長 只野仁 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • Popteen

    Popteenから見た梅宮アンナ梅宮アンナ

    1996年(平成8年)頃から多数の芸能人を表紙に起用しており、表紙に登場した事のある人物は神田うの、SPEED、吉川ひなの、梅宮アンナ、安室奈美恵、浜崎あゆみ、ブリトニー・スピアーズ、Avril Lavigne、中島美嘉、小池栄子、上戸彩、松浦亜弥、hitomi、市原隼人、BoA、大塚愛、倖田來未、リア・ディゾン、ゴリエ、若槻千夏、西野カナ、EXO-CBX、など。その中でも浜崎あゆみは表紙に19回登場し、舟山久美子と並びカバークイーンとなっている。在籍モデル(当時)の益若つばさと梅田直樹の結婚式の模様を2008年2月号で紹介したところ、過去最大の売上を記録した。EXO-CBXは海外男性グループ初の単独表紙を飾った。Popteen フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「梅宮アンナ」のニューストピックワード