前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
196件中 1 - 10件表示
  • 安岡力也

    安岡力也から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    シャープ・ホークスと並行して一時期は、ヘビー級とミドル級でキックボクサーをしており、4試合で3勝1敗の成績を残した。ただし相手は素人が多かったと自ら述べている。後に山上ボクシングスポーツジムの副会長も務めていた。1969年にグループ解散後は主に俳優として活動。東映では若山富三郎の派閥に属して、山城新伍の下についていた。仕事を干されていた時期に梅宮辰夫に救ってもらい、梅宮主演の『不良番長』シリーズにレギュラー出演し、以降、梅宮を兄貴分として信奉している。この映画の現場は台本を重視しない事で有名だったが、ある日ゲスト出演した地井武男が現場で台本を読んでいる姿を見て、梅宮に「兄貴。野郎、本読んでますぜ。締めちゃいましょうか?」と伝え、共演者の山城に「役者が台本読むのは当たり前やがな」と言われた。安岡力也 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮アンナ

    梅宮アンナから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    父親は俳優の梅宮辰夫で母親はアメリカ合衆国出身の元モデル・梅宮クラウディアで本人はハーフ。母親は、。梅宮アンナ フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    ギャングシリーズを開拓したものの、「そもそも日本にギャングなどいない」と、東映を『時代劇』路線から俊藤浩滋と組んで『人生劇場 飛車角』を初めとする任侠映画路線に転換させる。日活、大映、東宝など他社も追随した。他社はテレビに食われて生き詰まってしまったが、“任侠路線”だけは、テレビに食われることもなく、当たりに当たった。土曜深夜のオールナイト興行には観客が押し寄せ、任侠映画は70年安保に向けて学生運動の盛り上がりとともに、高度経済成長・管理社会に疎外感を抱く学生やサラリーマンを中心に熱狂的ブームを起こした。東宝、松竹は戦前から不動産を持っていたので、生きのびることが出来たが、戦後派で不動産もない東映が勢いを増したのは岡田の切り替え戦略によるもの。『任侠映画』と後に手掛ける『実録ヤクザ映画』抜きに1960年代から1970年代の日本映画は語れない。岡田の仕掛けた“任侠路線”〜“実録路線”は、その後『日本の首領』や、『鬼龍院花子の生涯』などの「女性文芸路線」、『極道の妻たち』シリーズに、先の“現代アクション”“ハードアクション路線”は、『キイハンター』『Gメン'75』や、『ビー・バップ・ハイスクール』や『極道渡世の素敵な面々』などの“ネオやくざ路線”に引き継がれ、後にVシネマという新ジャンルを切り開いていった。岡田は企画、製作のみに手腕を発揮したのではなく、その過程に於いて、宣伝面を考慮した側面においても抜群の力量を発揮した。特に1960年代、1970年代の『人生劇場 飛車角』『緋牡丹博徒』『大奥物語』など、任侠映画、エログロ映画のタイトルの大半は岡田が考えたものである。『大奥物語』の○の中に秘を書くマークは、今は一般的に使われるが、これも岡田が考えたものでこの快挙は当時のジャーナリズムを刺激して「物語」という活字が新聞や週刊誌によく使われた。「今ではどこの企業でも部外秘の書類にというハンコを押しているのだから、著作料をもらいたいぐらい」と話している。禁断の園には誰でも興味が沸くだろう、と考えたのが製作の切っ掛けだが山田五十鈴、佐久間良子、藤純子らスター女優を起用して大当たりした。『大奥物語』はブームを呼び、その後の大奥物は、この作品の衣装や小道具がモデルになりエッセンスは受け継がれ現在もテレビドラマ等に繋がる。1964年の『二匹の牝犬』では文学座の小川眞由美と六本木で遊んでいた緑魔子を組ませた。同年中島貞夫に命じて撮らせた『くの一忍法』は、山田風太郎原作の『くノ一忍法帖』最初の映像化。東宝から引き抜いて以来パッとしなかった鶴田浩二を『人生劇場 飛車角』で、燻っていた高倉健を『日本侠客伝』『網走番外地』で、若山富三郎を『極道』シリーズで、そして『不良番長』シリーズで梅宮辰夫を売り出す。筋金入りの清純派、佐久間良子の裸のシーンを売り物に田坂具隆監督で『五番町夕霧楼』を大ヒットさせた。本作は京の廓の内情を初めて公にした作品として話題を呼んだ。内田吐夢監督に撮らせた『飢餓海峡』(1965年)も岡田の企画。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    尚、現在のスタイルになる以前には和田アキ子が「男疑惑」、梅宮辰夫が「ヅラ疑惑」、浜田が「整形疑惑」で裁かれた。無論3件ともネタに過ぎないものの、明らかな合成写真や捏造されたVTR、被告の関係者らによる虚偽の証言、さらには松本が開発したという「YES/NO」によるフローチャート(ただし、梅宮の裁判の場合では『娘アンナを可愛いと思う』など、被告に選択の余地がない設問がほとんどである)によって有罪が確定し、いずれも死刑判決が下された。浜田、梅宮の際の裁判長は菅が、和田の際は彼女のマネージャーだった。浜田の「整形疑惑」以外で浜田は検事で、松本は教授役で登場し、証拠品やVTRを被告に突きつけていく。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    若杉寛(モデル・大西政寛)(演者・梅宮辰夫)…土居組若衆頭で後に山守組につく。広能の兄貴分で広能から慕われていた。広能逮捕後、山守の本性に気付き神原射殺後に逃亡中の隠れ家を警察に踏み込まれ射殺される。密告者は山守か槙原と推測される。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • プレイガール (テレビドラマ)

    プレイガール (テレビドラマ)から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    最初のテレビシリーズ。1969年4月7日から1974年9月30日まで(全287話)。次回予告のナレーターは梅宮辰夫が行っていたことがあった。メンバーは全員、国際秘密保険調査員という肩書きを持つ。プレイガール (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い 代理戦争

    仁義なき戦い 代理戦争から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    岩井信一 - 梅宮辰夫:明石組幹部。岩井組組長。広能とは兄弟分。明石組の切込隊長として山陽道にまで名前が響いている存在。原理主義者の実務家タイプ。広能とはウマが合うがヤクザの信念の問題として、仲間同士の流血沙汰を嫌う広能を批判し「山守造反」を勧告する。モデルは山本健一。仁義なき戦い 代理戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 城卓矢

    城卓矢から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    1966年(昭和41年)1月、城卓矢と改名、心機一転して『骨まで愛して』をリリース、140万枚を売り上げる大ヒットを飛ばして有名歌手の仲間入りを果たす。同曲を原作に川内が脚本を書き、日活が渡哲也を主演に映画『骨まで愛して』を製作、城も本人役で出演し、同年7月9日に公開された。引き続き同年リリースした『あなたの命』でも、同様に作詞の川内の脚本で映画化され、城も出演している。同年12月31日に東京宝塚劇場で行われた第17回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。1967年(昭和42年)5月にはカントリー&ウェスタン調の『トンバで行こう』をリリース、同年から翌1968年(昭和43年)にかけて東映東京撮影所製作の梅宮辰夫主演ものの映画に出演、いずれも助演した。楽曲には他にも森進一『おふくろさん』とは同名異曲の『おふくろさん』や、『夜のブルース』などがある。城卓矢 フレッシュアイペディアより)

  • オシャレ魔女 アブandチェンジ

    オシャレ魔女 アブandチェンジから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    「世界の美女大集合」という触れ込みで呼び出されて登場。序盤はぜんぜんリズムに乗れていなかった。なおこの回のバックは1-4回戦まではバックの顔がすべてアンナ本人のものに差し替えられたものだったが、最後のみ父親(梅宮辰夫)の顔だった。3回戦目の後はアブが『あんたがたどこさ』の替え歌で本人だけでなく、梅宮辰夫にまでバカにしていた。オシャレ魔女 アブandチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • TBS水曜10時枠の連続ドラマ

    TBS水曜10時枠の連続ドラマから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    さよならお竜さん(7月?9月)出演:岩下志麻、緒形拳、梅宮辰夫TBS水曜10時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
196件中 1 - 10件表示

「梅宮辰夫」のニューストピックワード