238件中 101 - 110件表示
  • 血染の代紋

    血染の代紋から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    『血染の代紋』(ちぞめのだいもん)は、1970年1月31日に公開された日本の映画。製作は東映。監督は深作欣二、主演は梅宮辰夫血染の代紋 フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い 頂上作戦

    仁義なき戦い 頂上作戦から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    岩井信一 - 梅宮辰夫:明石組若衆(幹部)。岩井組組長。明石組の切込隊長。広能と親しい。(山本健一)仁義なき戦い 頂上作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑!!ドットスタジオ

    爆笑!!ドットスタジオから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    「義理と人情計りにかけりゃあ、視聴率が重たいテレビの世界、辛い浮世のお茶の間に、せめて咲かそか男花」という梅宮辰夫のナレーション口上で始まる、前期の名物コーナー。花田親分(ハナ)率いるヤクザ「花田組」がテレビ局を造ったという設定の元、様々なテレビ番組をヤクザ風にパロディ化していた。司会は概ねおぼんと西川が担当していた。爆笑!!ドットスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • 太田浩児

    太田浩児から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    プロデューサー転向第1作は、同年10月25日に公開された『北海の暴れ竜』(監督深作欣二、主演梅宮辰夫)で、植木照男に次いで企画としてクレジットされた。以降、深作欣二、鷹森立一、山口和彦らの作品を多く手掛けた。1969年(昭和44年)4月8日 - 同年6月17日に放映された『笑ってよいしょ』で初めて連続テレビ映画を手がける。1970年(昭和45年)5月23日に公開された『やくざ刑事』(監督野田幸男)はシリーズ化し、計4作を手がけた。1977年(昭和52年)には、水島新司の『ドカベン』(監督鈴木則文)、梶原一騎・影丸譲也の『空手バカ一代』(監督山口和彦)といった当時の人気少年マンガを実写映画化した。太田浩児 フレッシュアイペディアより)

  • 元祖!でぶや

    元祖!でぶやから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    2006年4月以降は特別番組や前後の時間帯の番組の特集などにより頻繁に放送が飛ばされ、これまでレギュラーだったランディ・マッスルが出演しなくなった。また放送1回あたりの出演者の人数が増えていた。その中には大御所と言われるタレント(ヨネスケ、梅宮辰夫、中尾彬など)とアイドル系女性タレント(夏川純、山本梓など)、お笑い芸人(旅先で石塚らを案内する「でぶ先案内人」という役目)といった構成になる傾向であった。またこの様に1話あたりの出演者が多くなると共に以前あったコーナー等も無くなってしまい、パパイヤ鈴木のダンスを交えたコーナーが無くなり、駄洒落を飛ばし番組を進行を進める石塚に対し、パパイヤの持ち味を活かす機会が少なくなった。元祖!でぶや フレッシュアイペディアより)

  • 女番長ブルース 牝蜂の逆襲

    女番長ブルース 牝蜂の逆襲から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    企画は岡田茂東映社長。1971年、鈴木則文と天尾完次プロデューサーがスカウトした池玲子を面接した岡田は即決で「主演をやらせろ」と命令。『温泉みみず芸者』で主演女優デビューとなった無名の新人女優・池玲子を、何とか売り出したいと考えた天尾は、苦し紛れに「衝撃のポルノ女優池玲子」とキャッチフレーズを付けた。これが"ポルノ"という言葉の誕生であるが、「平凡パンチ」が興味を示して密着取材すると、芸能マスコミが喰いつき、"ポルノ女優第一号池玲子"に取材が殺到、ポルノという言葉が各メディアに氾濫した。"不良性感度"を東映映画の座標軸とする岡田茂は『温泉みみず芸者』公開後、その新路線としてすぐさま"ポルノ女優第一号池玲子"の主演第二作製作を決定。天尾と鈴木に担当を命じ、「丁度、季節は真夏に入るから、海水浴場を取り入れ、ピチピチといきのいい十代の不良少女の奔放なズべ公ぶりを描くこと、題名は『牝蜂の逆襲』」と指示した。第一作なのに"逆襲"なのは、この映画の前に岡田が『三匹の牝蜂』というスケバン映画を作っているからである。しかし鈴木は「牝蜂という言葉は古くありませんか。何かもうちょっと時代に合う言葉を考えませんか」と反論。しかし岡田から「古いもんか。わしは牝蜂という言葉が好きなんじゃ。パンチがあるし、若い娘にピッタリじゃないか。池玲子で牝蜂を定着させシリーズにしようと思うとる」と言い返された。岡田は『二匹の牝犬』をヒットさせてから、題名を付けるのに絶対の自信を持っていた。当時、東映東京撮影所で梅宮辰夫の『不良番長』と大信田礼子の『ずべ公番長』がシリーズ化されており、取材中耳にした新しい言葉「スケバン」の鮮度が捨てがたいと天尾プロデューサーと、脚本・助監督の皆川隆之と協議し、女番長と書いてスケバンと読ませることとし、『女番長(すけばん)ブルース』というサブタイトルを『牝蜂の逆襲』という本タイトルの上に付けることにした、などと鈴木は話しているが、映画界を引退していた皆川隆之が2016年『日本不良映画年代記』(洋泉社)でのインタビューで、「新宿にツナギを着てオートバイに乗る集団がいると聞いて取材し、脚本を書き上げた。しかしタイトルが決まらないので、東京で『不良番長』をやっていたので『女番長』にして、そのまま読んでも語呂が悪いと、いろいろ考えて『スケコマシ』の『スケ』を使って『スケバン』にした」「鈴木(則文)さんもよく知らないから、このあたりは。ぼくの造語なんです」と話し、『スケバン』という言葉を作ったのは自分と述べた。女番長ブルース 牝蜂の逆襲 フレッシュアイペディアより)

  • 狂走セックス族

    狂走セックス族から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    皆川隆之の監督デビュー作で、東映に於けるバイカー=暴走族映画、1968年から始まる 梅宮辰夫主演「不良番長シリーズ」と、岩城滉一主演で1975年から始まる「暴走族シリーズ」の中間に一本だけ製作されたバイカー映画。狂走セックス族 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけない空港24時

    絶対に笑ってはいけない空港24時から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    梅宮辰夫 - AMEMIYAの相方・UMEMIYA絶対に笑ってはいけない空港24時 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時

    絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    梅宮辰夫 ? マグロ番長(青森県大間町非公認ゆるキャラ)絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時 フレッシュアイペディアより)

  • イケメン合衆国

    イケメン合衆国から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    梅宮辰夫(俳優) - 漬け物イケメン #7イケメン合衆国 フレッシュアイペディアより)

238件中 101 - 110件表示

「梅宮辰夫」のニューストピックワード