196件中 11 - 20件表示
  • 1978年のテレビ (日本)

    1978年のテレビ (日本)から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    アヒル大合唱(出演:山本陽子、梅宮辰夫、篠田三郎 他)1978年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 人気者でいこう!

    人気者でいこう!から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    進行席の後ろには一流芸能人の写真が飾られており、最年長の丹波哲郎、最年少の上原多香子、スポーツ界からは松木安太郎(サッカー解説者)、落合博満(元・中日ドラゴンズ監督)などがいる。一方、進行席の向かい側には映す価値なし殿堂入りとして志村けん、加藤茶、古手川祐子、梅宮辰夫の写真(といっても、白い紙に顔と肩のラインを点線で描いただけの物だった)が飾られている。普通芸能人以下は一流芸能人の写真の下にピンクの横書きネームプレートでランク毎に区分けされているが(初期は縦書きのブロンズ色で、一回り大きかった)、2回出演した場合は前回ランクのネームプレートが水色となって(初期は濃い青。また常連の志村・石田純一は、古くなる度に濃い緑・オレンジなどに変わっていった)、最新ランクがピンクとなる。人気者でいこう! フレッシュアイペディアより)

  • 山城新伍

    山城新伍から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    同年10月9日、梅宮辰夫、松方弘樹らが発起人となった「お別れの会」が都内のホテルで催され、長門裕之、菅原文太、中村玉緒、地井武男、和田アキ子、渡瀬恒彦、小林稔侍、赤木春恵、山本陽子、五月みどりら136人が出席し、故人を偲んだ。山城新伍 フレッシュアイペディアより)

  • はぐれ刑事純情派

    はぐれ刑事純情派から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    レギュラーの出演者は、藤田まこと、梅宮辰夫、島田順司、眞野あずさの4人で、若手の刑事は栄転によって変わる。新藤刑事がクリフハンガーで姿を消し、第2シリーズから浅野刑事に替わるほか、14年目以降は殉職が増え、若手以外のメンバーも去るようになる。シリーズの長期化により「登場人物が3シリーズごとにひとつ歳をとる」とする設定となる。はぐれ刑事純情派 フレッシュアイペディアより)

  • 新・夜明けの刑事

    新・夜明けの刑事から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    メンバーは柴田、大野が去り、前作の中盤で転勤した池原(演・石橋正次)が復帰、新課長・浅倉(演・梅宮辰夫)が加わる。新・夜明けの刑事 フレッシュアイペディアより)

  • 逃亡者 木島丈一郎

    逃亡者 木島丈一郎から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    山城(元刑事で木島の先輩、青森在住) - 梅宮辰夫逃亡者 木島丈一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンDX

    ダウンタウンDXから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    元々は関西を離れ、すでに東京で活躍していた、ダウンタウンが、大阪にある読売テレビ本社で菅原文太や梅宮辰夫といった大物ゲストを迎え、様々な角度からトークを聞き出すといった内容の番組としてスタート。この番組を最初に企画したのは当時『鶴瓶上岡パペポTV』や『EXテレビ』を手がけていた白岩久弥(初代プロデューサー→2代目チーフプロデューサー)。番組開始直前に「深夜番組の名物プロデューサーがゴールデンに進出」として新聞にインタビュー記事が掲載され、出演者のみならず裏方のスタッフもが注目される中でのスタートであった。ダウンタウンDX フレッシュアイペディアより)

  • 東映

    東映から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    一方、東映現代劇は1950年代半ばから1960年代前半にかけ波島進、江原真二郎、中原ひとみ、高倉健、佐久間良子、水木襄、梅宮辰夫、千葉真一、三田佳子ら主演スターを輩出。1957年(昭和32年)には東京・大泉撮影所の隣に動画専用スタジオを建設し、前年に日動映画を合併して設立した東映動画(現・東映アニメーション)を移転させた。1958年(昭和33年)には競合会社よりもいち早くテレビ映画の製作に着手。同年に大泉に東映テレビ・プロダクションとその撮影所を設ける。観客動員No.1となった東映は1960年(昭和35年)に第二東映を設立し、制作本数を倍増して日本映画界の売上50%のシェアを目指した。同年に第二東映が新東宝を吸収合併し、時代劇を新東宝が現代劇を第二東映が制作する新会社の新東映の設立が仮調印直前まで進むも頓挫。翌1961年に第二東映はニュー東映と改称するが、うまくいかずに2年で解散した。東映 フレッシュアイペディアより)

  • 料理の鉄人

    料理の鉄人から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    梅宮辰夫 - 挑戦経験あり。審査員を務めたレギュラー放送最終回での最強鉄人決定戦・決勝では、(辛口批評のチャイ・ランを含む)他の4人の審査員が20-19としたが一人だけ17-16としたこと、続いて行われた世界最強シェフ決定戦でも、唯一アラン・パッサールの勝ちと判定した点については、一部視聴者から非難の声があがった。料理の鉄人 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉真一

    千葉真一から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    2010年10月22日には東京・グランドプリンスホテル赤坂で、結婚披露宴を兼ねた芸能生活50周年記念式典を開いた。もともとは、アントニオ猪木・池谷幸雄・石田純一・市川亀治郎・今井雅之・内野聖陽・梅宮辰夫・岡崎二朗・ガッツ石松・川地民夫・神取忍・樹木希林・北の湖敏満・京本政樹・具志堅用高・郷田勇三・小林幸子・コロッケ・高橋英樹・竹本直一・田中好子・谷村新司・津川雅彦・十朱幸代・夏八木勲・白竜・張本勲・布施明・風吹ジュン・松井章圭・松坂慶子・美川憲一・三田佳子・やまさき十三・山本KID徳郁・横峯良郎・ラモス瑠偉ら計60名を発起人とした芸能生活50周年記念式典が先に決まっていたところ、現妻と挙式や披露宴をしていなかったため、千葉の要望で記念式典と合わせて企画された。千葉真一 フレッシュアイペディアより)

196件中 11 - 20件表示

「梅宮辰夫」のニューストピックワード