238件中 51 - 60件表示
  • 暗黒街最後の日

    暗黒街最後の日から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    主演の鶴田浩二は、岡田が俊藤浩滋を使って1960年に東宝から引き抜いた。高倉健は岡田が美空ひばりと組ませたりチャンスを与え続けてきたが伸び悩み既に主演作も多かったものの、本作のようにオールスター映画になるとクレジットは2番手だった。燻り続ける高倉に岡田は売り出し路線の方向転換を企図し、アクションスターとして本作に出演させた。鶴田と高倉は仲が悪いのにも関わらず岡田が何度も共演させ1963年の『人生劇場 飛車角』の際に岡田が仲直りの手打ち式をさせている。高倉はここから仕事が好転したといわれる。三國連太郎はこの時期東映に籍を置いていたが、三國もやはり鶴田とは犬猿の仲。当時の大川博東映社長がごり押しし、現場は一触即発だったといわれる。この映画を最後に鶴田は三國と共演していない。梅宮辰夫は本作で井上監督に気に入られ硬派な二枚目役として井上の「暗黒街シリーズ」に出演したが、岡田が1964年の『悪女』から、今日の梅宮イメージである夜の帝王やプレイボーイ的な役にキャラを変更させている。暗黒街最後の日 フレッシュアイペディアより)

  • マダムんむん

    マダムんむんから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    マダムNo48 梅宮クラウディア・ヴィクトリア(梅宮辰夫婦人)マダムんむん フレッシュアイペディアより)

  • 谷口朱里

    谷口朱里から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    『続・決着』 : 監督石井輝男、主演梅宮辰夫・吉田輝雄、製作東映東京撮影所、配給東映、1968年3月30日公開(映倫番号 15207) - 出演・「二号さん」役谷口朱里 フレッシュアイペディアより)

  • オオカミ少年 (テレビ番組)

    オオカミ少年 (テレビ番組)から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    第2問 (ウソ)梅宮辰夫漬物本舗の店頭人形は寿命が来ると葬式を挙げるオオカミ少年 (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけない病院24時

    絶対に笑ってはいけない病院24時から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    梅宮辰夫 - クラウディアの付き添い絶対に笑ってはいけない病院24時 フレッシュアイペディアより)

  • クレムリン (漫画)

    クレムリン (漫画)から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    梅宮辰夫似である。名前はおろか、顔がまともに描かれたことがない。数年前、交通事故が原因でジョブズ山と知り合い(この頃は梅宮アンナ似で、わずか数年で辰夫化したらしい)、のちに結婚した。知り合った当時は、バツイチで女手一つでめぐみを育てながらトラックの運転手をしていたという。実は却津山とは週2、3回会っており、却津山に語ったところによると、ジョブズ山は昔は優しかったが、仕事で成功してから変わってしまったという。却津山との関係は非常によく、「春雄」「辰兄ィ」の仲であるが、ジョブズ山は電話の着信拒否、慰謝料やめぐみのためのランドセルなどの受け取り拒否など、徹底的に避けている。クレムリン (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • きおつけ!ヤスベェ

    きおつけ!ヤスベェから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    これが功を奏し、同年8月25日放送の同番組では初登場で第10位にランクインし、顔写真が紹介された。翌週9月1日放送分では第3位に躍進。「橋本聖子に似ている」と紹介され、ゲストの梅宮辰夫に「にやけた顔してるな」などと突っ込まれていた。きおつけ!ヤスベェ フレッシュアイペディアより)

  • ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇

    ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    出演 - 松村雄基、長山洋子、南果歩、相楽晴子、池波志乃、室田日出男、梅宮辰夫ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋一郎

    小嶋一郎から見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    1958年に東映ニューフェイスの第5期に合格。同期には梅宮辰夫・八代万智子・応蘭芳・高島新太郎・滝川潤がおり、東映へ入社。小嶋一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤一美のとんカツワイド

    斉藤一美のとんカツワイドから見た梅宮辰夫梅宮辰夫

    オープニングでは、梅宮辰夫の「ダイナマイトロック」の前奏に歌詞(番組タイトルと放送局名)をつけたタイトルコールを流していた。斉藤一美のとんカツワイド フレッシュアイペディアより)

238件中 51 - 60件表示

「梅宮辰夫」のニューストピックワード