231件中 11 - 20件表示
  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た高倉健

    大学在学中に銀座でスカウトされ、1958年(昭和33年)、東映ニューフェイス5期生に合格。同期には八代万智子・応蘭芳・高島新太郎・小嶋一郎・滝川潤がいる。東映へ入社し、翌年映画『少年探偵団 敵は原子潜航挺』シリーズで主演デビュー。新人時代は他に『遊星王子』等子供向けヒーロー映画に主演していた。東映が全力で売り出していた波多伸二が1960年(昭和33年)、デビューから四作目で急死し、若手の主演級スターがいなくなり、プロデューサー・監督ら幹部クラスで波多に代わるスターの選考が行われた。ここで大半が推したのは亀石征一郎だったが、岡田茂プロデューサー(のち、東映社長)が「亀石?あいつは暗くてダメだ!梅宮がいい。あいつは仰げばどんどん上がる。ああいう奴が人気が出るんだ」と鶴の一声を発し、梅宮が東映東京撮影所(以下、東映東京)の次世代スターとして売り出されることになった。以後、1964年(昭和39年)の『暗黒街大通り』までは「アクション映画」や「仁侠映画」で硬派な役柄で活躍していたが、段々私生活が派手になっていく梅宮を見て岡田プロデューサーが、梅宮の私生活に近いプレイボーイ、女を泣かす役柄をあてた。これが1965年(昭和40年)の『ひも』に始まる「夜の青春シリーズ」で、これが同じ岡田プロデュースによる1968年(昭和43年)からの「不良番長シリーズ」に至る。1960年代半ば以降は東映京都撮影所(東映京都)で「任侠映画」が量産されたため、東映東京の看板スターだった鶴田浩二と高倉健が東映京都に行くことが多くなり、必然的に梅宮が東映東京の看板スターとなった。このため女性からのモテ方は今の芸能人の比ではなかったと話している。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た山城新伍

    「不良番長シリーズ』は、最初の数本こそシリアス・タッチだったものの、梅宮を軸にした集団コメディの色彩は回を重ねるごとに強くなり、後に公私共に盟友となる山城新伍がコメディリリーフとして加わってからは、ますます破壊的なギャグが繰り出され、計16作が封切り公開した。梅宮は「みなさんの中で役者・梅宮辰夫は『仁義なき戦い』の印象が強いかもしれないけど、僕の真髄は不良と女たらしを兼ねた『不良番長シリーズ』なんですよ」と述べ、自身の代表作としている。続いて主演の『夜の歌謡シリーズ』、更に1970年代からは『帝王シリーズ』を成功させた。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た立花隆

    会津出身の梅宮の祖父・辰次郎が陸軍士官学校卒業後日露戦争に従軍、その後妻とともに満州・奉天に移住、辰次郎は関東軍参謀・板垣征四郎とも懇意の仲で、祖父の葬儀では板垣が弔文を読んだという。同地で辰次郎の次男として生まれ、満州医科大学を卒業し医師となった後、満州国ハルビン特別市で満鉄病院に勤務していた父・次郎の長男として生まれる。弟と妹それぞれ2人ずつの5人兄弟。一家はその後、次郎の異動により開原市(現中華人民共和国遼寧省)に移住、同地で太平洋戦争終戦を迎え、1946年に他の引揚者らとともに信濃丸で博多港に帰国。帰国から半年後に茨城県水戸市の病院に職を見つけた父とともに一家で移住、茨城大学教育学部附属愛宕中学校では陸上競技をしていた。同窓に自動車評論家の徳大寺有恒がおり、同じく陸上競技をやっていた。同中学校の後輩にはジャーナリストで評論家の立花隆がおり、立花とは後年、テレビ番組の企画で共演している。水戸移転から10年後、近くに親戚のいた品川区戸越銀座へ移住する。戸越銀座移転後、実家は内科・小児科を診療科目とする梅宮医院を開業、辰夫は跡継ぎとして期待されていた が、早稲田高等学校を経て、医学部を受験するも不合格となったため、日本大学法学部に入学(後に中退)。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た岡田茂 (東映)

    大学在学中に銀座でスカウトされ、1958年(昭和33年)、東映ニューフェイス5期生に合格。同期には八代万智子・応蘭芳・高島新太郎・小嶋一郎・滝川潤がいる。東映へ入社し、翌年映画『少年探偵団 敵は原子潜航挺』シリーズで主演デビュー。新人時代は他に『遊星王子』等子供向けヒーロー映画に主演していた。東映が全力で売り出していた波多伸二が1960年(昭和33年)、デビューから四作目で急死し、若手の主演級スターがいなくなり、プロデューサー・監督ら幹部クラスで波多に代わるスターの選考が行われた。ここで大半が推したのは亀石征一郎だったが、岡田茂プロデューサー(のち、東映社長)が「亀石?あいつは暗くてダメだ!梅宮がいい。あいつは仰げばどんどん上がる。ああいう奴が人気が出るんだ」と鶴の一声を発し、梅宮が東映東京撮影所(以下、東映東京)の次世代スターとして売り出されることになった。以後、1964年(昭和39年)の『暗黒街大通り』までは「アクション映画」や「仁侠映画」で硬派な役柄で活躍していたが、段々私生活が派手になっていく梅宮を見て岡田プロデューサーが、梅宮の私生活に近いプレイボーイ、女を泣かす役柄をあてた。これが1965年(昭和40年)の『ひも』に始まる「夜の青春シリーズ」で、これが同じ岡田プロデュースによる1968年(昭和43年)からの「不良番長シリーズ」に至る。1960年代半ば以降は東映京都撮影所(東映京都)で「任侠映画」が量産されたため、東映東京の看板スターだった鶴田浩二と高倉健が東映京都に行くことが多くなり、必然的に梅宮が東映東京の看板スターとなった。このため女性からのモテ方は今の芸能人の比ではなかったと話している。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た倉本聡

    1975年、倉本聡に請われて『前略おふくろ様』に出演。「渋い」板前役を演じ、役柄を広げることに成功。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た加藤浩次

    数多くの映画で共演した松方弘樹とは盟友であり、バラエティで共演するたびに子供っぽいケンカをする事が多かった。『スクール☆ウォーズ』で夫婦役として共演した和田アキ子とは「あんちゃん」「アッコ」と呼び合う兄妹のような仲である。安岡力也からは「兄貴」と慕われ、山城新伍とは「兄弟」と呼び合う仲であった。めちゃイケのコーナー、爆烈お父さんの父で、加藤浩次演ずる加藤辰夫のモデルといわれている。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た深作欣二

    1972年(昭和47年)、自身が経営する事務所「梅宮企画」倒産などによる多額の借金で窮地に立たされるが、クラウディア・ヴィクトリアと再婚、同年にはアンナが誕生した。1973年(昭和48年)からは『仁義なき戦い』や安藤昇主演の東映実録路線で貫禄十分の独特の存在を醸し出した。同映画の監督、深作欣二とは同郷(茨城県水戸市)という縁もあった。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た和田アキ子

    数多くの映画で共演した松方弘樹とは盟友であり、バラエティで共演するたびに子供っぽいケンカをする事が多かった。『スクール☆ウォーズ』で夫婦役として共演した和田アキ子とは「あんちゃん」「アッコ」と呼び合う兄妹のような仲である。安岡力也からは「兄貴」と慕われ、山城新伍とは「兄弟」と呼び合う仲であった。めちゃイケのコーナー、爆烈お父さんの父で、加藤浩次演ずる加藤辰夫のモデルといわれている。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た伊藤博文

    新春歴史スペシャル「知られざる幕末の志士 山田顕義物語」(2012年1月2日、毎日放送) - 伊藤博文梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た徳大寺有恒

    会津出身の梅宮の祖父・辰次郎が陸軍士官学校卒業後日露戦争に従軍、その後妻とともに満州・奉天に移住、辰次郎は関東軍参謀・板垣征四郎とも懇意の仲で、祖父の葬儀では板垣が弔文を読んだという。同地で辰次郎の次男として生まれ、満州医科大学を卒業し医師となった後、満州国ハルビン特別市で満鉄病院に勤務していた父・次郎の長男として生まれる。弟と妹それぞれ2人ずつの5人兄弟。一家はその後、次郎の異動により開原市(現中華人民共和国遼寧省)に移住、同地で太平洋戦争終戦を迎え、1946年に他の引揚者らとともに信濃丸で博多港に帰国。帰国から半年後に茨城県水戸市の病院に職を見つけた父とともに一家で移住、茨城大学教育学部附属愛宕中学校では陸上競技をしていた。同窓に自動車評論家の徳大寺有恒がおり、同じく陸上競技をやっていた。同中学校の後輩にはジャーナリストで評論家の立花隆がおり、立花とは後年、テレビ番組の企画で共演している。水戸移転から10年後、近くに親戚のいた品川区戸越銀座へ移住する。戸越銀座移転後、実家は内科・小児科を診療科目とする梅宮医院を開業、辰夫は跡継ぎとして期待されていた が、早稲田高等学校を経て、医学部を受験するも不合格となったため、日本大学法学部に入学(後に中退)。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

231件中 11 - 20件表示

「梅宮辰夫」のニューストピックワード