177件中 31 - 40件表示
  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見たタレント

    梅宮 辰夫(うめみや たつお、1938年〈昭和13年〉3月11日 - )は、日本の俳優・タレント。本名は 梅宮 辰雄(うめみや たつお)。愛称は辰ちゃん、辰兄ィ、梅辰。身長174cm、体重75kg、血液型A型。所属事務所は株式会社ピックルズ(東京・赤坂)。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た水戸市

    満州国ハルビン特別市(現在の、中国黒竜江省ハルビン市)に生まれ、終戦後品川区西戸越に引き揚げた。弟と妹それぞれ2人ずつの5人兄弟。実家は内科・小児科を診療科目とする梅宮医院で辰夫は跡継ぎとして期待されていた。茨城県水戸市に移り、茨城大学教育学部附属愛宕中学校では陸上競技選手を務めたが、同中学校の後輩として、ジャーナリストで評論家の立花隆がおり、立花とは後年、テレビ番組の企画で共演している。早稲田高等学校を経て、日本大学法学部中退。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た大映テレビ

    夜明けの刑事 第28話「死を宣告された夫」(1975年、TBS/大映テレビ) - 弁護士・本宮梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た勝新太郎

    座頭市物語 第16話「赤城おろし」(1975年、フジテレビ・勝プロ梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た安藤昇

    1972年(昭和47年)、自身が経営する事務所「梅宮企画」倒産などによる多額の借金で窮地に立たされるが、クラウディア・ヴィクトリアと再婚、同年にはアンナが誕生した。肥満が目立つようになると助演が増え、翌1973年(昭和48年)からは『仁義なき戦い』や安藤昇主演の東映実録路線で貫禄十分の独特の存在を醸し出した。同映画の監督、深作欣二とは同郷(茨城県水戸市)という縁もあった。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見たTBSテレビ

    夜明けの刑事 第28話「死を宣告された夫」(1975年、TBS/大映テレビ) - 弁護士・本宮梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見たピーター・フォンダ

    そこで東映の岡田茂社長はピーター・フォンダの主演映画『ザ・ワイルド・エンジェルス』や、同時期のアメリカ映画『地獄の天使』をヒントに、日本でもオートバイを駆使した不良映画を製作しようと意気込む。それが1968年(昭和43年)から主演する事となる映画『不良番長シリーズ』だった。最初の数本こそシリアス・タッチだったものの、梅宮を軸にした集団コメディの色彩は回を重ねるごとに強くなり、後に公私共に盟友となる山城新伍がコメディリリーフとして加わってからは、ますます破壊的なギャグが繰り出されるシリーズとなっていった。しかし、この路線は観客の好評を得て、B面映画の傑作として16作も作られるシリーズとなった。続いて主演の『夜の歌謡シリーズ』もそこそこヒットし、更に1970年代からは『帝王シリーズ』を成功させ、個性派俳優としての地位を獲得してゆく事となった。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た道場六三郎

    また俳優として初めて『料理の鉄人』に挑戦者として登場(1994年11月18日放送分、「鯵対決」)。道場六三郎と戦うが敗戦している。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た浜田雅功

    食通である一方、人気者でいこう!の格付けチェックの食感チェックを苦手としている(別コーナーの常識バトルでも叙々苑のカルビを間違え、浜田雅功に「(梅宮が名古屋で経営している)焼肉屋閉店や」と揶揄されたことがあった)。そのため、レギュラー期、単発期を含め未だに一流芸能人になったことがない(第11回のトンカツの食べ比べで黒豚を間違え、2009年(平成21年)の単発スペシャルでは石田純一と組んで最後のステーキで宮崎牛を間違えていて、初の一流を逃している。特に前者ではやはり浜田に「くいしん坊やってる奴は舌がバカなんですか?」と揶揄されたことがある。)。2010年(平成22年)の格付けチェックの食べ比べでは2問とも正解しているが、翌年はワインとすっぽん鍋を間違えている。(ただし、2010年の食べ比べの最初の問題は一緒に組んだ泉ピン子が不正解であった)また、伊勢海老とザリガニの違いが分からず、ふかわりょうと共に、全問不正解で番組初の、映す価値なし(画面から消えること)になった。ちなみに自身は映す価値なしをレギュラー期で2度、単発期で1度経験しており、「芸能人格付けチェック」の常連ではあるが苦戦していることが多い。また、梅宮と同様に思いの外成績が芳しくなく、「Mr.格付け」と称される石田純一共々司会者からは弄りの的になっている。その一方で2009年度の様に絶好調な時もあるが、やはりどこかしらで痛恨の不正解を出してしまう場面がある。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見たニンニク

    三田佳子とは、彼女が若い頃にヒロインを務めた映画において、常に相手役だったという旧知の仲である。しかし、梅宮本人の口から語られたところによると、ニンニクを食べた事を忘れてラブシーンを撮ってしまい、それ以来、声がかからなくなってしまったと自虐的に語っている。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

177件中 31 - 40件表示

「梅宮辰夫」のニューストピックワード