177件中 41 - 50件表示
  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た裸の大将放浪記

    裸の大将〜宮崎篇〜宮崎の鬼が笑うので〜(フジテレビ、2008年5月24日)梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た抗癌剤

    1974年(昭和49年)には睾丸腫瘍の診断を受けた。癌細胞は肺にまで転移していたものの、抗癌剤による化学療法の奏効によって治癒した。梅宮は化学療法を受けた際、副作用の脱毛が全く起こらず、主治医が驚いていたという。この病気の後、梅宮は夜遊びを止め、酒を減らし、早起きして料理に励むようになった。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た水曜ミステリー9

    水曜ミステリー9「女かけこみ寺 刑事・大石水穂」(2008年 - 、テレビ東京)梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見たガソリンスタンド

    料理にかける熱はかなりのものがある。エピソードとして、2001年2月13日、梅宮の運転手が仕事先の梅宮を迎えに行くため、梅宮の愛車であるメルセデス・ベンツV280(当時の販売価格で580万円)を渋谷区内の自宅近くのガソリンスタンドで給油中、カギを付けたまま休憩所に行き、戻るまでの数分間の間に車両盗難の被害に遭っているが、その記者会見では「ベンツはいいから(積んであった特注の)クッキングボックスだけは返してくれ」と訴えている(その後ベンツは発見されたが、クッキングボックスは持ち去られていた)。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た名古屋市

    1994年(平成6年)から実娘・アンナが、タレントの羽賀研二との交際を始めると、前述のような自身が相当な遊び人だった時代の体験からアンナにはその二の舞になってほしくないと考える親心からか、プレイボーイの羽賀との交際に公然と反対、これら3者の関係は、ワイドショーなどで盛んに取り上げられた。梅宮は実業家・料理家としての才能にも長けており、「梅宮辰夫の漬物本舗」や、名古屋で「梅宮辰夫の炭焼き家 炎園」などの事業も展開している。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た歌舞伎町

    大学在学中に銀座でスカウトされ、1958年(昭和33年)、東映のニューフェイス5期生に合格。翌年映画『少年探偵団 敵は原子潜航挺』シリーズでいきなり主演デビュー。新人時代は他に『遊星王子』等子供向けヒーロー映画に主演していた。以後は二枚目スターとして多くの主演映画が作られるも伸び悩むこととなる。すっかりかつての好青年ぶりが影を潜めてしまった1965年(昭和40年)には『ひも』『いろ』『だに』『かも』などの主演作品同様に私生活でも銀座と歌舞伎町で夜の帝王といわれるほど非常な遊び人としての素行不良が取り沙汰され、さらにそれらの放蕩生活と加齢による形相の変化で、東映の首脳部からは問題児としてお荷物扱いされるまでになっていた。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た日本大学

    満州国ハルビン特別市(現在の、中国黒竜江省ハルビン市)に生まれ、終戦後品川区西戸越に引き揚げた。弟と妹それぞれ2人ずつの5人兄弟。実家は内科・小児科を診療科目とする梅宮医院で辰夫は跡継ぎとして期待されていた。茨城県水戸市に移り、茨城大学教育学部附属愛宕中学校では陸上競技選手を務めたが、同中学校の後輩として、ジャーナリストで評論家の立花隆がおり、立花とは後年、テレビ番組の企画で共演している。早稲田高等学校を経て、日本大学法学部中退。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た剣道

    特技はライフルと剣道で、高校時代には剣道部の初代主将も務めた。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た伊勢海老

    食通である一方、人気者でいこう!の格付けチェックの食感チェックを苦手としている(別コーナーの常識バトルでも叙々苑のカルビを間違え、浜田雅功に「(梅宮が名古屋で経営している)焼肉屋閉店や」と揶揄されたことがあった)。そのため、レギュラー期、単発期を含め未だに一流芸能人になったことがない(第11回のトンカツの食べ比べで黒豚を間違え、2009年(平成21年)の単発スペシャルでは石田純一と組んで最後のステーキで宮崎牛を間違えていて、初の一流を逃している。特に前者ではやはり浜田に「くいしん坊やってる奴は舌がバカなんですか?」と揶揄されたことがある。)。2010年(平成22年)の格付けチェックの食べ比べでは2問とも正解しているが、翌年はワインとすっぽん鍋を間違えている。(ただし、2010年の食べ比べの最初の問題は一緒に組んだ泉ピン子が不正解であった)また、伊勢海老とザリガニの違いが分からず、ふかわりょうと共に、全問不正解で番組初の、映す価値なし(画面から消えること)になった。ちなみに自身は映す価値なしをレギュラー期で2度、単発期で1度経験しており、「芸能人格付けチェック」の常連ではあるが苦戦していることが多い。また、梅宮と同様に思いの外成績が芳しくなく、「Mr.格付け」と称される石田純一共々司会者からは弄りの的になっている。その一方で2009年度の様に絶好調な時もあるが、やはりどこかしらで痛恨の不正解を出してしまう場面がある。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た2009年

    食通である一方、人気者でいこう!の格付けチェックの食感チェックを苦手としている(別コーナーの常識バトルでも叙々苑のカルビを間違え、浜田雅功に「(梅宮が名古屋で経営している)焼肉屋閉店や」と揶揄されたことがあった)。そのため、レギュラー期、単発期を含め未だに一流芸能人になったことがない(第11回のトンカツの食べ比べで黒豚を間違え、2009年(平成21年)の単発スペシャルでは石田純一と組んで最後のステーキで宮崎牛を間違えていて、初の一流を逃している。特に前者ではやはり浜田に「くいしん坊やってる奴は舌がバカなんですか?」と揶揄されたことがある。)。2010年(平成22年)の格付けチェックの食べ比べでは2問とも正解しているが、翌年はワインとすっぽん鍋を間違えている。(ただし、2010年の食べ比べの最初の問題は一緒に組んだ泉ピン子が不正解であった)また、伊勢海老とザリガニの違いが分からず、ふかわりょうと共に、全問不正解で番組初の、映す価値なし(画面から消えること)になった。ちなみに自身は映す価値なしをレギュラー期で2度、単発期で1度経験しており、「芸能人格付けチェック」の常連ではあるが苦戦していることが多い。また、梅宮と同様に思いの外成績が芳しくなく、「Mr.格付け」と称される石田純一共々司会者からは弄りの的になっている。その一方で2009年度の様に絶好調な時もあるが、やはりどこかしらで痛恨の不正解を出してしまう場面がある。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

177件中 41 - 50件表示