231件中 81 - 90件表示
  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見たメルセデス・ベンツ・Vクラス

    料理にかける熱はかなりのものがある。2001年2月13日、梅宮の運転手が仕事先の梅宮を迎えに行くため、梅宮の愛車であるメルセデス・ベンツV280(当時の販売価格で580万円)を渋谷区内の自宅近くのガソリンスタンドで給油中、カギを付けたまま休憩所に行き、戻るまでの数分間の間に車両盗難の被害に遭っているが、その記者会見では「ベンツはいいから(積んであった特注の)クッキングボックスだけは返してくれ」と訴えている。その後ベンツは発見されたが、逆にクッキングボックスは持ち去られていた。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た陸上競技

    会津出身の梅宮の祖父・辰次郎が陸軍士官学校卒業後日露戦争に従軍、その後妻とともに満州・奉天に移住、辰次郎は関東軍参謀・板垣征四郎とも懇意の仲で、祖父の葬儀では板垣が弔文を読んだという。同地で辰次郎の次男として生まれ、満州医科大学を卒業し医師となった後、満州国ハルビン特別市で満鉄病院に勤務していた父・次郎の長男として生まれる。弟と妹それぞれ2人ずつの5人兄弟。一家はその後、次郎の異動により開原市(現中華人民共和国遼寧省)に移住、同地で太平洋戦争終戦を迎え、1946年に他の引揚者らとともに信濃丸で博多港に帰国。帰国から半年後に茨城県水戸市の病院に職を見つけた父とともに一家で移住、茨城大学教育学部附属愛宕中学校では陸上競技をしていた。同窓に自動車評論家の徳大寺有恒がおり、同じく陸上競技をやっていた。同中学校の後輩にはジャーナリストで評論家の立花隆がおり、立花とは後年、テレビ番組の企画で共演している。水戸移転から10年後、近くに親戚のいた品川区戸越銀座へ移住する。戸越銀座移転後、実家は内科・小児科を診療科目とする梅宮医院を開業、辰夫は跡継ぎとして期待されていた が、早稲田高等学校を経て、医学部を受験するも不合格となったため、日本大学法学部に入学(後に中退)。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見たくいしん坊!万才

    くいしん坊!万才(フジテレビ) - 6代目レポーター梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見たワイドショー

    1994年(平成6年)から実娘・アンナが、タレントの羽賀研二との交際を始めると、プレイボーイの羽賀との交際に公然と反対、これら三者の関係は、ワイドショーなどで盛んに取り上げられた。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た爆烈お父さん

    数多くの映画で共演した松方弘樹とは盟友であり、バラエティで共演するたびに子供っぽいケンカをする事が多かった。『スクール☆ウォーズ』で夫婦役として共演した和田アキ子とは「あんちゃん」「アッコ」と呼び合う兄妹のような仲である。安岡力也からは「兄貴」と慕われ、山城新伍とは「兄弟」と呼び合う仲であった。めちゃイケのコーナー、爆烈お父さんの父で、加藤浩次演ずる加藤辰夫のモデルといわれている。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た女番長ブルース 牝蜂の挑戦

    女番長ブルース 牝蜂の挑戦 (1972年、東映)梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊

    人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊 (1968年、東映)梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た実録外伝 大阪電撃作戦

    実録外伝 大阪電撃作戦 (1976年、東映)梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見ためちゃイケ

    数多くの映画で共演した松方弘樹とは盟友であり、バラエティで共演するたびに子供っぽいケンカをする事が多かった。『スクール☆ウォーズ』で夫婦役として共演した和田アキ子とは「あんちゃん」「アッコ」と呼び合う兄妹のような仲である。安岡力也からは「兄貴」と慕われ、山城新伍とは「兄弟」と呼び合う仲であった。めちゃイケのコーナー、爆烈お父さんの父で、加藤浩次演ずる加藤辰夫のモデルといわれている。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 梅宮辰夫

    梅宮辰夫から見た開原市

    会津出身の梅宮の祖父・辰次郎が陸軍士官学校卒業後日露戦争に従軍、その後妻とともに満州・奉天に移住、辰次郎は関東軍参謀・板垣征四郎とも懇意の仲で、祖父の葬儀では板垣が弔文を読んだという。同地で辰次郎の次男として生まれ、満州医科大学を卒業し医師となった後、満州国ハルビン特別市で満鉄病院に勤務していた父・次郎の長男として生まれる。弟と妹それぞれ2人ずつの5人兄弟。一家はその後、次郎の異動により開原市(現中華人民共和国遼寧省)に移住、同地で太平洋戦争終戦を迎え、1946年に他の引揚者らとともに信濃丸で博多港に帰国。帰国から半年後に茨城県水戸市の病院に職を見つけた父とともに一家で移住、茨城大学教育学部附属愛宕中学校では陸上競技をしていた。同窓に自動車評論家の徳大寺有恒がおり、同じく陸上競技をやっていた。同中学校の後輩にはジャーナリストで評論家の立花隆がおり、立花とは後年、テレビ番組の企画で共演している。水戸移転から10年後、近くに親戚のいた品川区戸越銀座へ移住する。戸越銀座移転後、実家は内科・小児科を診療科目とする梅宮医院を開業、辰夫は跡継ぎとして期待されていた が、早稲田高等学校を経て、医学部を受験するも不合格となったため、日本大学法学部に入学(後に中退)。梅宮辰夫 フレッシュアイペディアより)

231件中 81 - 90件表示

「梅宮辰夫」のニューストピックワード