梅崎司 ニュース&Wiki etc.

梅崎 司(うめさき つかさ、1987年2月23日 - )は、日本のサッカー選手。長崎県諫早市出身。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはミッドフィールダーで主にトップ下、左サイドでプレーする。元日本代表。 (出典:Wikipedia)

「梅崎司」Q&A

  • Q&A

    スポーツマンNo.1決定戦について質問です。 来年の正月にスポダンがありますが、こ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月17日 20:02

  • Q&A

    宇賀神友弥選手と梅崎司選手の浦和レッズの二人は 他のJリーグのクラブでもレギュラー取…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年4月21日 17:51

  • Q&A

    マティアス・ギンターとか海外選手のサインがたくさん出品されてるって凄いですね!内田篤…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年4月4日 16:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「梅崎司」のつながり調べ

  • グルノーブル

    グルノーブルから見た梅崎司

    フランスサッカーリーグに所属するグルノーブル・フット38は、日本企業である株式会社インデックスがオーナーで、大黒将志が以前に在籍していた事がある。2007年1月に中京大学付属中京高等学校の伊藤翔が入団し、2010年まで所属していた。大分トリニータの梅崎司も伊藤翔と同時期にレンタル移籍したが、完全移籍が叶わず、2007年5月に大分トリニータに復帰した。松井大輔が2009年6月から2011年6月まで在籍した。(グルノーブル フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た梅崎司

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダーとして、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していたほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあったが、最終的に広島に残留した。(柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

「梅崎司」のニューストピックワード