前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • CERTO 大分

    CERTO 大分から見た梅崎司梅崎司

    梅崎司がフランス2部グルノーブルに移籍する際の考察等のコラムを書いた際に、FIFA代理人の田邊伸明のブログに同業者ではと書かれた2007年1月30日付記事。CERTO 大分 フレッシュアイペディアより)

  • 田部和良

    田部和良から見た梅崎司梅崎司

    2004年株式会社インデックスと共にグルノーブル・フット38をM&A。日本企業として初めて海外サッカーチームの経営権を取得。2004年から2007年までグルノーブル・フット38ゼネラルマネージャーとして、クラブ経営全般に携わる。大黒将志、梅崎司、伊藤翔を獲得し、日本でのクラブの知名度を上げることに成功した。田部和良 フレッシュアイペディアより)

  • 刀根亮輔

    刀根亮輔から見た梅崎司梅崎司

    2010年、大分トリニータU-18からトップチームへ昇格。過去に西川周作、梅崎司、東慶悟等が着用し、大分の出世番号となっている背番号21を与えられた。ルーキーながら開幕戦の柏レイソル戦でベンチ入り、試合出場を果たすとその後はレギュラーに定着し、第6節のファジアーノ岡山戦ではCKからのヘディングでプロ初ゴールも記録した。その後怪我で離脱し復帰以降はスタメン落ちする事も多々あった。メインポジションはセンターバックではあるが、サイドバックとしてもプレーしている。刀根亮輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松橋章太

    松橋章太から見た梅崎司梅崎司

    2006年12月9日、天皇杯の試合が諫早市の長崎県立総合運動公園陸上競技場で開催され、松橋や同じく大分に所属する梅崎司にとっては凱旋試合となった。試合はPK戦までもつれ、5人目の松橋が外して試合が決着した。松橋は涙が止まらず、地元凱旋試合としては苦い経験となった。松橋章太 フレッシュアイペディアより)

  • 堀孝史

    堀孝史から見た梅崎司梅崎司

    2011年10月20日、成績不振で解任されたゼリコ・ペトロビッチの後任としてトップチームの監督に就任した。チームは第29節大宮戦で敗れ、J2降格圏内の16位に転落し、残留争いの渦中にあった。フロントから監督就任要請を受けたのがペトロヴィッチ解任前日の10月19日の事であり、第30節の横浜F・マリノス戦まで2日の猶予しか残されていないといった状況下での指揮となった。堀は浦和ユースを指揮していた時と同様に中盤にアンカーを配した4-3-3の布陣を基本としつつポジションを固定せずに選手に流動性と機動力を求めるスタイルを採用し、今まで出場機会に恵まれていなかった梅崎司を右サイドに起用すると、初陣となった横浜戦を2-1で勝利し、第33節のアビスパ福岡戦でも2-1と勝利するなど最終的に15位という成績でチームをJ1残留に導いた。堀孝史 フレッシュアイペディアより)

  • ペリクレス・シャムスカ

    ペリクレス・シャムスカから見た梅崎司梅崎司

    2008年シーズンは、松橋章太・梅崎司・三木隆司などが移籍によりチームを離れながらも、堅守は更に熟成、リーグの年間最少失点記録を塗り替えた。2年目の若手・金崎夢生を中心に、1点を奪って守りきるサッカーを武器に次々と勝利を重ね、26節にはチーム史上初めて首位に立つなど、終盤戦まで優勝争いに絡み、チーム最高の4位でリーグ戦を終了。34試合でわずか24失点と、Jリーグの年間最少失点記録を塗り替えた。更にナビスコ杯では、決勝戦で清水エスパルスを破り優勝、チーム史上初のタイトルを獲得。最高のシーズンとなった。ペリクレス・シャムスカ フレッシュアイペディアより)

  • 大分東明高等学校・向陽中学校

    大分東明高等学校・向陽中学校から見た梅崎司梅崎司

    梅崎司 - プロサッカー選手。浦和レッズ所属。大分東明高等学校・向陽中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た梅崎司梅崎司

    2008年には梅崎司が移籍したものの、家長昭博がレンタル移籍で加入し、今期もレギュラーポジションの獲得は厳しいものと思われた。しかし、練習の最中に家長が全治6か月の重傷を負い、その代役としてトップ下のポジションを確保し、リーグ戦全試合に出場した。11月のAFC U-19選手権への日本代表選出も予定されていたが、チーム事情からヤマザキナビスコカップ決勝優先の判断がされたため選出はされなかった。ヤマザキナビスコカップではチームを優勝に導き、金崎自身もニューヒーロー賞を獲得した。リーグ戦もチーム最高の4位で終え、これらの活躍を評価されて複数の移籍オファーを受けたが、大分への残留を決めた。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 森重真人

    森重真人から見た梅崎司梅崎司

    大分スカウトの片野坂知宏から誘いを受け、2006年に大分トリニータへ入団。本来はボランチの選手だが、チームではセンターバック(CB)として出場しており、フィジカルと空中戦の強さはチームメートの梅崎司からも高く評価されていた。10月にはAFCユース選手権2006日本代表に選出され、グループリーグ第2戦の対タジキスタン戦で梅崎からパスを受け豪快なミドルシュートを決めるなどの活躍を見せ、日本の準優勝に貢献。森重真人 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た梅崎司梅崎司

    2009年1月30日に浦和とプロ契約を締結。これは日本人でクラブ史上最年少である(エスクデロは17歳ちょうどで契約したが、その時はまだ日本に帰化前)。2009年シーズンは、開幕戦の3月7日対鹿島戦でスタメンを飾りJリーグ初出場を果たすと、4月12日第5節名古屋戦において、負傷した田中達也と交代で途中出場。クラブ日本人最年少ゴール(17歳11ヶ月3日)を決めた。その後、田中や梅崎司を怪我で欠くチーム事情もあり、スタメンに定着し、チーム2位となる32試合に出場した(1位は、全34試合に出場した阿部勇樹)。4月27日にはリーグ史上4番目の若さ(森本貴幸、阿部勇樹、稲本潤一に次ぐ)でA契約を結んだ。推定年俸は700万円。原口元気 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示

「梅崎司」のニューストピックワード