前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • CERTO 大分

    CERTO 大分から見た梅崎司梅崎司

    梅崎司がフランス2部グルノーブルに移籍する際の考察等のコラムを書いた際に、FIFA代理人の田邊伸明のブログに同業者ではと書かれた2007年1月30日付記事。CERTO 大分 フレッシュアイペディアより)

  • 松橋章太

    松橋章太から見た梅崎司梅崎司

    2005年に大分市在住の女性と結婚、翌年長女をもうけた。プロ入り6年目の2006年にブレイク。J1第29節の鹿島戦でシーズン10点目を挙げ、高松大樹と共にクラブ史上初の日本人FWツートップの2桁ゴールを記録するなど、チームの攻撃の中心として貢献した。その活躍ぶりが日本代表監督イビチャ・オシムの目に留まり、代表の中東遠征の予備登録メンバーにリストアップされるまでになった。同年12月9日、天皇杯の試合が諫早市の長崎県立総合運動公園陸上競技場で開催され、松橋や同じく大分に所属する梅崎司にとっては凱旋試合となった。試合はPK戦までもつれ、5人目の松橋が外して試合が決着した。松橋は涙が止まらず、地元凱旋試合としては苦い経験となった。松橋章太 フレッシュアイペディアより)

  • Ai Se Eu Te Pego

    Ai Se Eu Te Pegoから見た梅崎司梅崎司

    サッカー選手のネイマールやクリスチアーノ・ロナウド、マルセロがこの楽曲のサビのダンスを披露したことによってヒットの火付け役火になった。また、Jリーグでもジュビロ磐田の松浦拓弥と山田大記、浦和レッズの柏木陽介、槙野智章、梅崎司などがゴールパフォーマンスで踊っている。その後、恋愛ソングではあるが、サッカー選手がゴールパフォーマンスでこのダンスを真似して披露することが多くなり、サッカーの曲として広まりコナミのサッカーゲーム「ウイニングイレブン2013」にこの楽曲が収録されている。Ai Se Eu Te Pego フレッシュアイペディアより)

  • 田部和良

    田部和良から見た梅崎司梅崎司

    2004年、株式会社インデックスと共にグルノーブル・フット38をM&A。日本企業として初めて海外サッカークラブの経営権を取得。2004年から2007年までグルノーブル・フット38ゼネラルマネージャーとして、クラブ経営全般に携わる。大黒将志、梅崎司、伊藤翔を獲得し、日本でのクラブの知名度を上げることに成功した。田部和良 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢丹浦和店

    伊勢丹浦和店から見た梅崎司梅崎司

    平成27年度 - 宇賀神友弥、梅崎司、2015Jリーグ1stステージ優勝記念プレート伊勢丹浦和店 フレッシュアイペディアより)

  • 小手川ヤマト

    小手川ヤマトから見た梅崎司梅崎司

    小学3年生よりサッカーを親しみ、中学3年時に皇甫官(ファンボ・グァン)にスカウトされ大分トリニータユースに所属。高校1年時からレギュラーに定着し、100m11秒台の俊足を活かしてミッドフィールダー(MF)、フォワード(FW)として全国大会や国体に出場する。両利きで、ラボーナを得意としていた。高校時代には西川周作や梅崎司と共にプレーしている。高校3年時に、長谷川健太にスカウトされ浜松大学に進学するも、チームの方針に合わず僅か3ヶ月で自主退学している。小手川ヤマト フレッシュアイペディアより)

  • 諫早市立諫早中学校

    諫早市立諫早中学校から見た梅崎司梅崎司

    梅崎司(サッカー選手、Jリーグ浦和レッズ所属)諫早市立諫早中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 山本真希

    山本真希から見た梅崎司梅崎司

    各年代の代表で10番を背負い続けており、2005年のFIFAワールドユース選手権は飛び級ながら最終候補まで残った。エースとして期待された2007年のFIFA U-20ワールドカップでも2大会連続で最終候補まで残ったが、清水での出場機会が乏しく、ポジションが重なる梅崎司、田中亜土夢、柏木陽介らの台頭もあり、最終選考で外れた。山本真希 フレッシュアイペディアより)

  • 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た梅崎司梅崎司

    この試合には日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチが異例の視察に訪れた。準決勝での負傷でMF柏木陽介を欠く浦和は試合開始早々にDF槙野智章がGK西川周作と接触し右手を負傷(試合後に20針縫う重症と判明)。一方リーグ戦レギュラーのDF岩下敬輔とMF大森晃太郎を欠くG大阪も12分にDF米倉恒貴が足の負傷でMF井手口陽介と交代を余儀なくされるなど、お互いに満身創痍の中での立ち上がりとなった。前半32分、G大阪MF倉田秋がセンターライン付近から浦和DF陣の背後に浮き球を送ると、これにG大阪FWパトリックが反応して抜け出し、右サイドを快足を飛ばしてドリブル。最後は浦和DF森脇良太を振り切って右足でゴールを決め、G大阪が先制する。しかし浦和もその4分後、MF梅崎司が上げたクロスボールを浦和FW李忠成が頭で合わせるも左ポストに嫌われるが、そのこぼれ球を浦和FW興梠慎三が決めて同点に追いつき、前半は1-1で終える。第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 内村圭宏

    内村圭宏から見た梅崎司梅崎司

    2006年は戦力として期待され公式戦22試合に出場するも1得点に留まる。梅崎司の台頭もあり、シーズン終了後の翌2007年1月12日に愛媛FCへの期限付き移籍が発表された。大分の在籍4年間で通算公式戦出場は37試合で2得点だった。内村圭宏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「梅崎司」のニューストピックワード