1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示
  • 宇賀神友弥

    宇賀神友弥から見た梅崎司梅崎司

    2012年は、ベンチスタートが多いものの途中出場ではコンスタントに出場。また、左ウィングバックの梅崎司が2シャドーに入る試合は左ウイングバックでスタメン出場している。宇賀神友弥 フレッシュアイペディアより)

  • グルノーブル

    グルノーブルから見た梅崎司梅崎司

    フランスサッカーリーグに所属するグルノーブル・フット38は、日本企業である株式会社インデックスがオーナーで、大黒将志が以前に在籍していた事がある。2007年1月に中京大学付属中京高等学校の伊藤翔が入団し、2010年まで所属していた。大分トリニータの梅崎司も伊藤翔と同時期にレンタル移籍したが、完全移籍が叶わず、2007年5月に大分トリニータに復帰した。松井大輔が2009年6月から2011年6月まで在籍した。グルノーブル フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た梅崎司梅崎司

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダーとして、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していたほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあったが、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 内田篤人

    内田篤人から見た梅崎司梅崎司

    2007年にA代表候補の合宿に初招集され、2008年1月26日のキリンチャレンジカップのチリ戦でA代表デビューした。19歳305日でのデビューはJリーグ発足後では市川大祐、小野伸二、梅崎司に次いで4番目の若さであった。同年2月6日にはJリーグ発足後10代の選手としては初めてワールドカップ・アジア3次予選グループ2第1戦タイ戦にスタメンフル出場を果たし、6月22日には同3次予選第6戦最終戦のバーレーン戦で代表初得点を決めた。2010年6月の2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーにも選出されたが、本大会直前に岡田武史監督が守備を重視する戦術に転換したことや体調不良により、右サイドバックのポジションを守備の評価の高い今野泰幸、今野の負傷後には攻守にバランスのある駒野友一に奪われ、本戦出場は叶わなかった。アルベルト・ザッケローニ監督就任後は再びレギュラーに返り咲いた。2011年1月、AFCアジアカップ優勝。内田篤人 フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見た梅崎司梅崎司

    梅崎司 - グルノーブル・フット38 (2007)リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • 山本真希

    山本真希から見た梅崎司梅崎司

    各年代の代表で10番を背負い続けており、2005年のFIFAワールドユース選手権は飛び級ながら最終候補まで残った。エースとして期待された2007年のFIFA U-20ワールドカップでも2大会連続で最終候補まで残ったが、清水での出場機会が乏しく、ポジションが重なる梅崎司、田中亜土夢、柏木陽介らの台頭もあり、最終選考で外れた。山本真希 フレッシュアイペディアより)

  • 2月23日

    2月23日から見た梅崎司梅崎司

    1987年 - 梅崎司、サッカー選手2月23日 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見た梅崎司梅崎司

    2008年シーズンに向けて、オフにはブンデスリーガ・フランクフルトの高原直泰、大分から梅崎司、新潟からエジミウソン、レッドブル・ザルツブルクからアレックスが復帰と大型補強を敢行し、さらに福田正博がコーチとしてチームに復帰ことになった。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年

    1987年から見た梅崎司梅崎司

    2月23日 - 梅崎司、サッカー選手1987年 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示

「梅崎司」のニューストピックワード