27件中 11 - 20件表示
  • 刀根亮輔

    刀根亮輔から見た梅崎司梅崎司

    大分トリニータU-18ではディフェンダーの他、ボランチとしてもプレーを経験した。2010年、トップチームへ昇格。過去に西川周作、梅崎司、東慶悟等が着用した背番号21を与えられた。ルーキーながら開幕戦の柏レイソル戦でベンチ入り、途中出場でプロデビューを果たすとその後はレギュラーに定着し、第6節のファジアーノ岡山戦ではCKからのヘディングでプロ初ゴールも記録した。翌節・ザスパ草津戦でも2試合連続のゴールを記録するなどシーズン前半戦は攻守に渡って貢献。第21節・カターレ富山戦で靭帯を損傷し負傷離脱して以降は1試合の途中出場に留まった。2011年は新加入の阪田章裕と共に副キャプテンを務めた。刀根亮輔 フレッシュアイペディアより)

  • 大分東明高等学校・向陽中学校

    大分東明高等学校・向陽中学校から見た梅崎司梅崎司

    梅崎司 - プロサッカー選手(湘南ベルマーレ)、元日本代表大分東明高等学校・向陽中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 茂平

    茂平から見た梅崎司梅崎司

    中学卒業後、大分トリニータU-18に入団。同期に為田大貴、後藤優介、1学年下に後に立命館大学でもチームメイトとなる國分伸太郎がいた。また在籍した時期は重なってはいないが、大分U-18の先輩・清武弘嗣を尊敬する人物として挙げており、同じく先輩・梅崎司は小中高と同じ学校であった。高校3年次にはトップチームの練習に帯同し、為田・後藤とともにトップチーム昇格の予定であったが急きょ立ち消えになった。茂平 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤雄樹

    武藤雄樹から見た梅崎司梅崎司

    2015年6月3日の柏レイソル戦で、公式戦4試合連続ゴールを記録。浦和では福田正博、エメルソン、田中達也、ワシントンに並ぶ記録となった。6月20日のヴィッセル神戸戦で梅崎司の先制点をアシストし、1stステージ優勝に貢献した。7月23日、東アジアカップ2015に出場する日本代表メンバーに初選出された。8月2日の北朝鮮戦で代表初出場を果たし、初得点も決めたがチームは敗れた。8月22日の古巣のベガルタ仙台戦でプロでは自身初となるシーズン二桁得点を達成した。また最終的にスコアを13得点まで伸ばし、チーム内得点王となった。武藤雄樹 フレッシュアイペディアより)

  • 堀孝史

    堀孝史から見た梅崎司梅崎司

    2011年10月20日、成績不振で解任されたゼリコ・ペトロビッチの後任としてトップチームの監督に就任した。チームは第29節大宮戦で敗れ、J2降格圏内の16位に転落し、残留争いの渦中にあった。フロントから監督就任要請を受けたのがペトロヴィッチ解任前日の10月19日のことであり、第30節の横浜F・マリノス戦まで2日の猶予しか残されていないといった状況下での指揮となった。堀は浦和ユースを指揮していた時と同様に中盤にアンカーを配した4-3-3の布陣を基本としつつポジションを固定せずに選手に流動性と機動力を求めるスタイルを採用 し、今まで出場機会に恵まれていなかった梅崎司を右サイドに起用すると、初陣となった横浜戦を2-1で勝利し、第33節のアビスパ福岡戦でも2-1と勝利するなど最終的に15位という成績でチームをJ1残留に導いた。堀孝史 フレッシュアイペディアより)

  • 宇賀神友弥

    宇賀神友弥から見た梅崎司梅崎司

    2012年は、ベンチスタートが多いものの途中出場ではコンスタントに出場。また、左ウィングバックの梅崎司が2シャドーに入る試合は左ウイングバックでスタメン出場している。宇賀神友弥 フレッシュアイペディアより)

  • 2月23日

    2月23日から見た梅崎司梅崎司

    1987年 - 梅崎司、サッカー選手2月23日 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た梅崎司梅崎司

    2008年には梅崎司が浦和レッズへ移籍したものの、家長昭博がレンタル移籍で加入し、レギュラーポジションの獲得は厳しいものと思われた。しかし、練習の最中に家長が全治6か月の重傷を負い、その代役としてトップ下のポジションを確保し、リーグ戦全試合に出場した。11月のAFC U-19選手権への日本代表選出も予定されていたが、チーム事情からナビスコカップ決勝優先の判断がされたため選出はされなかった。ナビスコカップではチームを優勝に導き、金崎自身もニューヒーロー賞を獲得した。リーグ戦もチーム最高の4位で終え、これらの活躍を評価されて複数の移籍オファーを受けたが、大分残留を決めた。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 内田篤人

    内田篤人から見た梅崎司梅崎司

    2007年にフル代表候補の合宿に初招集され、2008年1月26日のキリンチャレンジカップチリ戦でフル代表デビューした。19歳305日でのデビューはJリーグ発足後では市川大祐、小野伸二、梅崎司に次いで4番目の若さであった。同年2月6日にはJリーグ発足後10代の選手としては初めてワールドカップ・アジア3次予選グループ2第1戦タイ戦にスタメンフル出場を果たし、6月22日には同3次予選第6戦最終戦のバーレーン戦で代表初得点を決めた。2010年6月の2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーにも選出されたが、本大会直前に岡田武史監督が守備を重視する戦術に転換したことや体調不良により、右サイドバックのポジションを守備の評価の高い今野泰幸、今野の負傷後には攻守にバランスのある駒野友一に奪われ、本戦出場は叶わなかった。内田篤人 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本

    1987年の日本から見た梅崎司梅崎司

    2月23日 - 梅崎司、サッカー選手1987年の日本 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「梅崎司」のニューストピックワード