44件中 11 - 20件表示
  • 梅崎司

    梅崎司から見た浦和レッドダイヤモンズ

    2007年1月26日にフランス2部のグルノーブル・フット38へレンタル移籍。完全移籍のオプションもあったが行使されず、同年6月末の契約期間満了を前倒しして大分トリニータへ復帰。同年12月26日、浦和レッズへの完全移籍が発表された。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見た藤田直之

    2016年、AFCチャンピオンズリーグはグループステージに全試合スタメン出場し2007年以来の予選突破に貢献したものの武藤雄樹、駒井善成の加入、関根貴大のスタメン定着がありリーグ戦はベンチ入りが続くが途中出場ながらコンスタントに出場していた。Jリーグカップノックアウトステージ 準々決勝第1戦 ヴィッセル神戸戦に左ウイングバックでスタメン出場するがアディショナルタイムに藤田直之と接触左膝前十字靭帯損傷と診断された。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見たマルシオ・リシャルデス

    2012年、移籍後初の開幕スタメンを勝ち取り、その後は左ウイングバックでスタメン定着を果たした。また2シャドーの柏木陽介、マルシオ・リシャルデスが出場出来ない試合は、2シャドーにスライド出場している。同年12月20日に自身の所属事務所のサイトを通して川上璃子との入籍を報告した。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見た関根貴大

    2016年、AFCチャンピオンズリーグはグループステージに全試合スタメン出場し2007年以来の予選突破に貢献したものの武藤雄樹、駒井善成の加入、関根貴大のスタメン定着がありリーグ戦はベンチ入りが続くが途中出場ながらコンスタントに出場していた。Jリーグカップノックアウトステージ 準々決勝第1戦 ヴィッセル神戸戦に左ウイングバックでスタメン出場するがアディショナルタイムに藤田直之と接触左膝前十字靭帯損傷と診断された。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見た駒井善成

    2016年、AFCチャンピオンズリーグはグループステージに全試合スタメン出場し2007年以来の予選突破に貢献したものの武藤雄樹、駒井善成の加入、関根貴大のスタメン定着がありリーグ戦はベンチ入りが続くが途中出場ながらコンスタントに出場していた。Jリーグカップノックアウトステージ 準々決勝第1戦 ヴィッセル神戸戦に左ウイングバックでスタメン出場するがアディショナルタイムに藤田直之と接触左膝前十字靭帯損傷と診断された。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見た横浜F・マリノス

    2011年、練習試合でゴールを量産し復調をアピールしていたものの、公式戦ではベンチ入りメンバーにすら入れない状態がシーズン終盤まで続いていた。そういった中で監督が堀孝史に交代すると、以降は右サイドの攻撃的なポジションのレギュラーの座を獲得、10月22日に行われた第30節、対横浜F・マリノス戦では決勝ゴールを挙げるなどの活躍を見せ、チームのJ1残留に貢献した。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見たAFCチャンピオンズリーグ

    2016年、AFCチャンピオンズリーグはグループステージに全試合スタメン出場し2007年以来の予選突破に貢献したものの武藤雄樹、駒井善成の加入、関根貴大のスタメン定着がありリーグ戦はベンチ入りが続くが途中出場ながらコンスタントに出場していた。Jリーグカップノックアウトステージ 準々決勝第1戦 ヴィッセル神戸戦に左ウイングバックでスタメン出場するがアディショナルタイムに藤田直之と接触左膝前十字靭帯損傷と診断された。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見たサンフレッチェ広島F.C

    Jリーグ初出場 2005年7月10日 J1 第15節 対サンフレッチェ広島(大分ス)梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見た大分トリニータ

    大分トリニータU-18から2005年にトップチームへ昇格。2006年途中からレギュラーに定着した。同年8月31日、アジアカップ2007の最終予選に向けたA代表メンバーに、当時のチームメイトであった西川周作と共に選出された。これによりクラブ初のA代表選手となると、9月6日に行われたイエメン戦で交代出場し、代表初出場を記録した。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見た大宮アルディージャ

    2010年、夏頃の復帰を目指しリハビリに励む毎日を送っていたが、ワールドカップによる中断期間直前辺りにトレーニングに完全合流し、オーストリアキャンプにも帯同、練習試合にも出場出来るほど回復したが、8月1日に行われた国際武道大学との練習試合に出場した際に再び右膝を痛めてしまう。後日、右膝半月板損傷と診断され、半月板の部分切除手術を行い再度離脱したが、10月1日にチームの全体練習に合流し、翌10月2日に行われたJリーグ第25節、対大宮アルディージャ戦で出場はなかったものの、約10ヶ月振りの公式戦ベンチ入りを果たした。そして10月23日、第27節のジュビロ磐田戦で後半32分からの途中交代で、約1年ぶりに試合復帰。しかしこの後は再び細い故障を繰り返した影響もあり、この年の公式戦試合出場はこの試合と次節のモンテディオ山形戦の2試合にとどまった。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「梅崎司」のニューストピックワード