前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示
  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    監督に就任した西本は羽田耕一、栗橋茂、佐々木恭介、平野光泰、梨田昌崇ら若手選手を鍛えてチーム力の強化を図ったが1年目は5位に終わり、オフにチームの主砲であった土井正博を太平洋クラブライオンズにトレードで放出する。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 捕手

    捕手から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    梨田昌孝は、「うまいキャッチングは投手の力を引き出し、球審も味方につけられる」と自著に記している。捕手に最も必要とされる能力はこれらの捕球の能力・技術とされており、その他の能力(リード、肩、打撃など)が良くても、捕球に難がある捕手は、正捕手としては起用されないことが多い。捕手 フレッシュアイペディアより)

  • 北川博敏

    北川博敏から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    、この年は1月4日に藤井寺球場で自主トレを開始、北川も「こんなにバットを振ったことはないですね」とコメントするほど練習した。梨田昌孝監督に認められて一軍に定着し、4月28日にプロ初本塁打を記録した。5月27日は北川の29歳の誕生日だったが、生まれて初めてサヨナラ安打を放ち、さらにお立ち台で涙を流した。北川はその後2週間後にもサヨナラ打を放ち、9月24日の対西武戦では代打として出場し埼玉西武の松坂大輔から本塁打を放ち勝利に貢献している。これでチームは優勝へのマジックナンバーを1とした。そして9月26日の対オリックス・ブルーウェーブ戦でオリックスの守護神・大久保勝信から代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、チーム12年ぶりのリーグ優勝を決めた(も参照)。続くヤクルトとの日本シリーズでは1勝4敗と敗れたものの、全試合に出場して14打数7安打、打率.500の好成績を残した。北川博敏 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    NHK BS1 - 実況:伊藤慶太(BK)、解説:梨田昌孝2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1979年のパシフィック・リーグプレーオフ

    1979年のパシフィック・リーグプレーオフから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    (近)○井本(1勝)、S山口(1S)?梨田1979年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の北海道日本ハムファイターズ

    2010年の北海道日本ハムファイターズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    この年の北海道日本ハムファイターズは、梨田昌孝監督の3年目のシーズンである。2010年の北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • ありなしコンビ

    ありなしコンビから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    ありなしコンビとは、日本プロ野球(NPB)の近鉄バファローズの捕手であった有田修三と梨田昌孝によるコンビである。ありなしコンビ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    実況:渡辺憲司(CK)、解説:梨田昌孝2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    、自らの講演で「2008年度から日本ハムの監督に就任することがほぼ決まっていた」と明らかにした(実際は梨田昌孝が就任)。同年6月28日、四国・九州アイランドリーグ・長崎セインツの臨時監督に、成績不振で解任された河埜敬幸に代わって就任することが発表され、後期シーズンより指揮を執った。ただし、島田は解説者としての契約が残っていることから全試合の指揮を執ることが困難であるため、7月5日に総監督としてチームをバックアップする形に変更された(前田勝宏が選手兼任で監督代行に就任)。後期シーズン40試合中、島田が球場入りしたのは7試合で練習に姿を見せたのは一度にとどまり、地元紙の長崎新聞には「「名ばかり監督」ではないか」と指摘する記事が掲載された。翌2009年3月4日にリーグが発表した同年シーズンの登録メンバーには記載がなかったため、2008年限りで退団したと考えられるが、リーグや球団からの正式な発表はなかった。島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 西本幸雄

    西本幸雄から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    2011年11月25日午後8時40分、隠棲していた兵庫県宝塚市の自邸に於いて心不全のため死去。。その葬儀は同29日に自らが采配を揮った阪急西宮スタジアムの跡地(現在の阪急西宮ガーデンズ)にほど近いエテルノ西宮にて執り行われた。法名は「慈徳院釋将幸」(じとくいんしゃくしょうこう)。弔辞は梨田昌孝が読んだ。西本幸雄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示