204件中 91 - 100件表示
  • 1981年の日本シリーズ

    1981年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田昌孝

    ニッポン放送(NRN) 実況:枇杷阪明 解説:土橋正幸 ゲスト解説:梨田昌孝(近鉄)1981年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田昌孝

    NHK衛星第1テレビ・NHK衛星ハイビジョン  実況:石川洋 解説:梨田昌孝、与田剛2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の日本シリーズ

    1989年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田昌孝

    NHK衛星第1テレビ(中継録画) 解説:梨田昌孝 ゲスト:重塚伊知子1989年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田昌孝

    実況:石川洋(G-Media)、解説:小早川毅彦、ゲスト解説:梨田昌孝(北海道日本ハムファイターズ前監督)リポーター:大蔵哲士(CK、中日サイド)・早瀬雄一(LK、ソフトバンクサイド)2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本シリーズ

    2013年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田昌孝

    実況:豊原謙二郎(NHK)、解説:梨田昌孝、ゲスト解説:金子千尋(オリックス・バファローズ)リポーター:小野卓哉(NHK)、宮田貴行(NHK)2013年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 水谷宏

    水谷宏から見た梨田昌孝梨田昌孝

    引退後、西本幸雄監督から「打撃投手をやってくれないか」と要請され、梨田昌孝、佐々木恭介、大石大二郎、中村紀洋ら「いてまえ打線」を陰からサポートした。水谷が打撃投手として抜擢された理由は彼の投球フォームがサイドスローで、山田久志、金城基泰、高橋直樹といった当時ライバル球団に多くいたサイドスロー・アンダースロー投手対策だったためだという。水谷宏 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た梨田昌孝梨田昌孝

    前年、日本一を成し遂げたヤクルトスワローズの若松勉監督が全セ(セントラル・リーグ)を率い、パシフィック・リーグを制した梨田昌孝監督が全パ(パシフィック・リーグ)を率いて戦った。それまで3戦だったゲームが再び2戦形式に戻され、それまで3戦目に行なってきた地方開催を2戦目に行なうようになった。またそれまで7月下旬の週末中心に行なわれていたものを7月中旬開催にするなど選手に対する配慮もなされるようになった。第1戦はこの年前半戦を盛り上げた阪神タイガース勢が活躍。先発の井川慶が3回、全パに先制点を許したものの3三振を奪い、ジョージ・アリアス・片岡篤史が本塁打を放った。なお、勝ち越し時の投手も阪神のトレイ・ムーアだった。第2戦松山中央公園野球場(通称・坊っちゃんスタジアム)で開催された第2戦は、全セ・新井貴浩(広島)の本塁打や上原浩治の4奪三振などがありながらも4-2で敗戦。勝利打点を挙げた全パ・的山哲也(近鉄)がMVPに選出され、全パの梨田監督も地味な的山のMVPに対して勝利監督インタビューで「多分雨が降ると思いますので皆様気をつけてお帰り下さい。非常に珍しい事ですので」と笑いながら語った。2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1990年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1990年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た梨田昌孝梨田昌孝

    NHK総合(中継録画) 解説:高田繁、梨田昌孝1990年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1989年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た梨田昌孝梨田昌孝

    NHK総合(中継録画・スポーツタイムに内包) 解説:高田繁、梨田昌孝1989年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た梨田昌孝梨田昌孝

    日本テレビ 実況:小川光明 解説:江川卓 ゲスト解説:梨田昌孝(近鉄) ゲスト:倉本昌弘 リポーター:今井伊左男、吉田填一郎1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

204件中 91 - 100件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード