158件中 91 - 100件表示
  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    梨田昌孝監督の糸井嘉男の起用と糸井自身の急成長・球団の若手起用の方針もありベテランの坪井のスタメン起用は限られてしまう。しかし、左の代打の切り札としての地位を確立し、チームの勝利に大きく貢献する。シーズンではリーグ最多の55回代打起用され、打率こそ.267だったが、代打打率.306を記録するなど1打席での勝負強さを発揮した。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本晃

    岡本晃から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    シーズン初登板は先発したが敗戦投手となり、これを機に梨田昌孝監督よりリリーフ転向を命じられる。そして、チームの守護神・大塚晶文の不調からシーズン序盤は抑えとして活躍、大塚が復調したシーズン後半はセットアッパーとして活躍した。チーム最多の61試合に登板、チームのリーグ優勝に貢献しヤクルトとの日本シリーズでは、第2戦でシリーズ史上最少投球数タイのわずか2球で勝利投手となった(後に2012年第6戦で巨人・高木京介がこの記録に並んだ)。岡本晃 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    10月21日 - 日本ハムが来季の新監督に野球評論家の梨田昌孝氏を起用することを発表。梨田氏は2004年限りで吸収合併により消滅した大阪近鉄最後の監督であり、4シーズンぶりの現場復帰となる。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ブーマー・ウェルズ

    ブーマー・ウェルズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    の対近鉄バファローズ戦で小野和義から死球を受けた際に、マウンド付近で大暴れして退場処分となったが、この際に相手チーム捕手の梨田昌孝に謝罪、握手を交わしてからベンチに下がっている。このときの死球後に相手投手のいるマウンドを目掛けて走るシーンは湿布薬のCMにも使われ、本人もそのままCM出演を果たしている。また同シーンは後々まで、テレビ番組『プロ野球珍プレー好プレー大賞」』(フジテレビ)などでも取り上げられた。ブーマー・ウェルズ フレッシュアイペディアより)

  • 野球評論家

    野球評論家から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    梨田昌孝(1989 - '92、'05 - '07、'12 - )野球評論家 フレッシュアイペディアより)

  • トゥルーマサ

    トゥルーマサから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    トゥルーマサは、元プロ野球近鉄バファローズ→大阪近鉄バファローズ(以下、近鉄)選手・コーチ・監督の梨田昌孝が主宰する日本の芸能事務所(スポーツマネジメント会社)である。本社は、大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目に置く。商号は株式会社トゥルーマサ(TRUE-MASA Co.,Ltd.)。「梨田昌孝事務所」とも表記。トゥルーマサ フレッシュアイペディアより)

  • 柿崎幸男

    柿崎幸男から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    初盗塁:1980年8月1日、対近鉄バファローズ後期3回戦(平和台球場)、9回表に二盗(投手:山口哲治、捕手:梨田昌崇柿崎幸男 フレッシュアイペディアより)

  • VOICE (ニュース番組)

    VOICE (ニュース番組)から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    タイトルの「阪神の星★」は人気劇画『巨人の星』のパロディー。このコーナー開始当時の2002年に、星野仙一の阪神監督就任にちなみ「阪神の星★野サン」と題して、星野中心にしてコーナーがなされていた。2003年、星野の監督勇退に伴い現在のタイトル(タイトルの末尾には、西暦の数字4桁が入る)になった。阪神以外の近畿在籍球団を取り上げる際(といってもほとんど放送されることはないが)当時のオリックス・ブルーウェーブ監督にちなんで「オリックスの石毛サン」(CGでは、石から毛が生えてくる)や、これも当時の大阪近鉄バファローズ監督にちなみ「近鉄の梨田サン」(CGで梨が登場する)などもされることがあった。また、関西の球団ではないが、2009年に「ヴォイスポ」で東北楽天ゴールデンイーグルスの話題を取り上げた際には、当時の監督・野村克也にちなんで「野村で野村だ」というタイトルを使ったこともある。(この時のテーマ曲にはビートルズの「オブラディ・オブラダ」を使った)。VOICE (ニュース番組) フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    1983年の日本シリーズ第5戦でホームランバッターの田淵幸一は野球人生で初めてバットを短く持って本塁打を打った。試合後に田淵は「あのシュートを攻略するためにプライドを捨てた」と発言している。後に西本は野球評論家となった梨田昌孝のインタビューに、「忘れられない1球」としてこの田淵の本塁打を挙げている。このシリーズで西武は第1戦で江川の攻略に成功し、「このシリーズはもらった」と思った選手が多かったらしい。しかし、第2戦で西本のシュートに封じ込められた西武打線は、即座に西本マークに切り換え、宿舎でミーティングを重ねた。それが功を奏し、降雨で1日順延となった第7戦、中1日で先発(シーズン中、当時の巨人は中4日の先発ローテーションが確立されており、また本シリーズでは第6戦のリリーフ登板があった)・好投を続けていた7回裏、疲労からかシュートの切れが若干鈍った西本をとうとう攻略し、満塁からテリー・ウィットフィールドの走者一掃の二塁打で逆転に成功し、そのまま日本一に輝いた。このシリーズでの西本のシュートの切れが、後に語り継がれる日本シリーズの名勝負を産んだ、とも言える。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    トム・キャッツスカウト。現役時代は名捕手として活躍、水原と同じ年に引退した。寅島の才能を見抜き、トム・キャッツに入団させようとするが、寅島は三ヶ月の入団が絶対必要条件としたために、振り回されてしまう。また、重吉をスカウトしたのもこの人物。名前のモデルは梨田昌孝キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

158件中 91 - 100件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード