204件中 11 - 20件表示
  • 古久保健二

    古久保健二から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    当時の近鉄捕手陣は10年以上に渡って主戦だった梨田昌孝、有田修三の「ありなしコンビ」に衰えが見え始めた頃で、年齢が近い山下和彦、光山英和、古久保の3人で次世代の正捕手争いを繰り広げることになる。、優勝がかかった10月19日の対ロッテオリオンズダブルヘッダー第1試合に途中出場するも9回表2死から代打・梨田が起死回生の勝ち越しタイムリーを放ち、9回裏に梨田がそのままマスクを被ったが、その前の捕手が古久保だった。なお古久保には代打は出されず、第1試合近鉄最後の打者でもあった(10.19も参照)。には山下との併用でリーグ優勝に貢献したが、読売ジャイアンツとの日本シリーズは手首を骨折し出場することができなかった。古久保健二 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井理人

    吉井理人から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    北海道日本ハムファイターズでは、ロッテから戦力外通告を受けたばかりの吉井に、投手コーチへの就任を要請した。吉井自身は、当初は一切興味を示さなかったが、やがて要請を受諾した。受諾の決め手になったのは、近鉄時代にバッテリーを組んでいた一軍監督の梨田昌孝が、コーチとしての吉井の素質を高く評価していることを聞いたことによる。吉井理人 フレッシュアイペディアより)

  • プレイボール (漫画)

    プレイボール (漫画)から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    タイヤキ屋のおやじ:梨田昌孝プレイボール (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    実況:小野塚康之(FK)、解説:梨田昌孝、リポーター:広坂安伸(CK、中日サイド)、星野圭介(AK、ヤクルトサイド)2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    10月28日に開催されたプロ野球ドラフト会議にて、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。同会議では早稲田大学の同期生である大石達也と福井優也も、それぞれ埼玉西武ライオンズと広島東洋カープに1位で指名され(大石は広島を含む他5球団との競合)、プロ野球ドラフト会議において同一大学の投手3人が1位指名を受けたのは同会議史上初、ポジションに関わらず3人が1位指名されたのは、の青山学院大学(井口資仁、澤崎俊和、清水将海)以来となった。10月30日から早慶戦を控えていたため当日には記者会見は行われず、早慶優勝決定戦翌日の11月4日に大石、福井とともに会見が開かれ、プロ入りへの意気込みを語った。12月6日に日本ハムとの初交渉に臨み、新人としては最高評価の年俸1500万円、契約金1億円、出来高5000万円(金額は推定)で仮契約した。12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、の新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われた。会見には監督の梨田昌孝と球団社長の藤井純一が同席し、背番号「18」のユニフォーム姿をお披露目した。その後、梨田が捕手となりマウンドでプロ第一球を披露し、トークショー、サインボール投げ入れなどのセレモニーが行われた。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木啓示

    鈴木啓示から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    鈴木は自身の監督時代について「力不足やったな。自分が投げとる気分でやってしまったから。選手をうまく使ってやらなイカンのに、選手を萎えさせとったこともあった。今思えば、反省ばかりやな。ナシ(梨田昌孝) にも(コーチで)助けてもうたけど、アカンかった」と語っている。鈴木啓示 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    1994年のプロ野球ドラフト会議でヤクルトスワローズに3位指名され、入団した。当時のヤクルトの監督だった野村克也は、息子の野村克則(当時、明治大学3年)の試合を観戦した際に、対戦相手である法政大の稲葉のプレー(この試合で本塁打を打っている)を目にとめ、ドラフト当日3位の枠が空いていてその時の野村監督の「あの法政の左はどうなっとんのや」という発言によって獲得に至った。野村曰く、「後で聞いたらどこからも誘いはなかった、枠が空いていたヤクルトが稲葉を指名することとなり、結果プロになりたかった稲葉は大変感謝していた」。とする一方で、稲葉本人は「近鉄バファローズから指名される予定だった」「ヤクルトが指名しなければもっと早い段階で梨田昌孝監督のもとで野球をしていたかもしれない」と語っている。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻慎太郎

    江尻慎太郎から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    クライマックスシリーズ第2ステージでは4試合中3試合に登板した。10月21日第1戦では2点ビハインドから山崎武司に走者一掃二塁打を打たれ点差を広げてしまったがチームは逆転勝利した。10月24日第4戦では1点リードの場面で4番5番をフライに打ち取ったがトッド・リンデンに二塁打を打たれ、左打者・中村真人を迎えた所で降板となったが、代わった林昌範が打ち取った事でポストシーズン初ホールドが記録され、チームも日本シリーズ進出を決めた。日本シリーズでは3試合に登板した。10月31日第1戦では7回1点ビハインド一死二三塁の場面から登板したが李承燁に追加点を許した。11月3日第3戦でも8回1点ビハインド二死一三塁の場面で起用されたが阿部慎之助に追加点を許した。11月7日第6戦では8回2点ビハインド二死一二塁でアレックス・ラミレスを空振り三振に抑えたが味方の追撃は及ばず、同試合で日本シリーズ敗退となった。自身は自責0で終えたが梨田昌孝監督の期待には応えられなかった。江尻慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    10月3日、高校生ドラフトで中田翔の交渉権を阪神・オリックス・ソフトバンクとの競合の末獲得。11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円・出来高5000万円・年俸1500万円(推定)で仮契約を交わした。オフには田中幸雄が引退し、セギノールが退団。フロントではヒルマン監督と高田GMが退団。ターメル・スレッジが加入。後任監督に梨田昌孝が就任する。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 福本豊

    福本豊から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    梨田昌孝は二塁送球の時間を短縮するため、福本が出塁すると右足を半歩下げて構えていたという。阪急と近鉄の試合前、福本と梨田はよくどちらが勝つか賭けをしていたという。ただし、上記のとおり、福本は特に癖のない投手すらも癖を盗むことに成功していたため、いかに強肩の梨田であっても福本が勝つことが多かった。福本は、盗塁を許すのはピッチャーの責任が7割、キャッチャーが3割としている。梨田は前記の構えのほかにも、捕球してから二塁送球までの時間を短縮するためボールをミットの掌の部分に当てて跳ね返ったところを右手でつかんで投げたり、目を閉じた状態でも二塁に正確に投げる訓練をしたり、慌てないよう福本のスタートを見ずにベンチからの声でスローイングするといった対策を重ねた。福本豊 フレッシュアイペディアより)

204件中 11 - 20件表示