158件中 11 - 20件表示
  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    実況:田中崇裕(G-Media)、解説:梨田昌孝リポーター:星野圭介(AK、巨人サイド)、北野剛寛(IK、日本ハムサイド)2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の日本シリーズ

    1980年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    (近)井本、○柳田(1勝)?梨田1980年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    10月28日に開催されたプロ野球ドラフト会議にて、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。同会議では早稲田大学の同期生である大石達也と福井優也も、それぞれ埼玉西武ライオンズと広島東洋カープに1位で指名され(大石は広島を含む他5球団との競合)、プロ野球ドラフト会議において同一大学の投手3人が1位指名を受けたのは同会議史上初、ポジションに関わらず3人が1位指名されたのは、の青山学院大学(井口忠仁、澤崎俊和、清水将海)以来となった。10月30日から早慶戦を控えていたため当日には記者会見は行われず、早慶優勝決定戦翌日の11月4日に大石、福井とともに会見が開かれ、プロ入りへの意気込みを語った。12月6日に日本ハムとの初交渉に臨み、新人としては最高評価の年俸1500万円、契約金1億円、出来高5000万円(金額は推定)で仮契約した。12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、の新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われた。会見には監督の梨田昌孝と球団社長の藤井純一が同席し、背番号「18」のユニフォーム姿をお披露目した。その後、梨田が捕手となりマウンドでプロ第一球を披露し、トークショー、サインボール投げ入れなどのセレモニーが行われた。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 福本豊

    福本豊から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    近鉄バファローズの梨田昌孝は二塁送球の時間を短縮するため、福本が出塁すると右足を半歩下げて構えていたという。阪急と近鉄の試合前、福本と梨田はよくどちらが勝つか賭けをしていたという。ただし、上記のとおり、福本は特に癖のない投手すらも癖を盗むことに成功していたため、いかに強肩の梨田であっても福本が勝つことが多かった。福本豊 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    10月3日、高校生ドラフトで中田翔の交渉権を阪神・オリックス・ソフトバンクとの競合の末獲得。11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円・出来高5000万円・年俸1500万円(推定)で仮契約を交わした。オフには田中幸雄が引退し、監督のヒルマンとGMの高田が退団した。後任監督は梨田昌孝北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 古久保健二

    古久保健二から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    は、1989年の優勝を知る唯一の現役選手であったため、梨田昌孝監督からの要請でチームの起爆剤として再び一軍に定着。特に後半は岩隈久志との「親子バッテリー」などで壊滅状態の投手陣を立て直し、同年のリーグ優勝に大きく貢献した。優勝へのマジックを1とした9月26日の対オリックス戦(大阪ドーム)では、9回無死満塁から古久保の代打となった北川博敏が日本プロ野球史上唯一の代打逆転サヨナラ満塁優勝決定お釣り無しホームランを放って優勝を決めている。ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは第4戦以外で捕手として先発出場。12年越しで日本シリーズに出場したことになった。古久保健二 フレッシュアイペディアより)

  • プレイボール (漫画)

    プレイボール (漫画)から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    タイヤキ屋のおやじ:梨田昌孝プレイボール (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 北川博敏

    北川博敏から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    、この年は1月4日に藤井寺球場で自主トレを開始、「こんなにバットを振ったころはない」とコメントするほど練習した。梨田昌孝に認められて一軍に定着し、4月28日にプロ初本塁打を記録。5月27日は29歳の誕生日だったが、生まれて初めてサヨナラ安打を放ち、お立ち台で涙を流した。その後2週間後にもサヨナラ打を放ち、9月24日の対西武戦では代打として出場し、松坂大輔から本塁打を放ち勝利に貢献している。これでチームは優勝へのマジックナンバーを1とした。そして、9月26日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、チーム12年ぶりのリーグ優勝を決めた(も参照)。続くヤクルトスワローズとの日本シリーズでは1勝4敗と敗れたが、全試合に出場して14打数7安打、打率.500の好成績を残した。北川博敏 フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    、自らの講演で「2008年度から日本ハムの監督に就任することがほぼ決まっていた」と明らかにした(実際は梨田昌孝が就任)。同年6月28日、四国・九州アイランドリーグ・長崎セインツの臨時監督に、成績不振で解任された河埜敬幸に代わって就任することが発表され、後期シーズンより指揮を執った。ただし、島田は解説者としての契約が残っていることから全試合の指揮を執ることが困難であるため、7月5日に総監督としてチームをバックアップする形に変更された(前田勝宏が選手兼任で監督代行に就任)。後期シーズン40試合中、島田が球場入りしたのは7試合で練習に姿を見せたのは一度にとどまり、地元紙の長崎新聞には「「名ばかり監督」ではないか」と指摘する記事が掲載された。翌2009年3月4日にリーグが発表した同年シーズンの登録メンバーには記載がなかったため、2008年限りで退団したと考えられるが、リーグや球団からの正式な発表はなかった。島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井理人

    吉井理人から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    も先発としてスタートしたが、成績不振のためテリー・コリンズ監督から中継ぎ降格を命じられた。しかし、先発へのこだわりを持っている吉井は応じず、他球団への移籍を求めた。6月28日に平下晃司との交換トレードで千葉ロッテマリーンズへ移籍するも、4試合に先発して防御率が13点台という成績で、千葉ロッテでは1勝も出来ないまま戦力外通告を受ける(同年10月27日)。当時の吉井は現役続行に強い意欲を持ち、日本国内が無理ならアメリカ、台湾、韓国でもプレーする機会を求めるつもりで、北海道日本ハムファイターズからの投手コーチ就任要請にも当初はまったく興味を示さなかったが、次第に「現役を続けると家族に迷惑がかかる」と考えるようになり、また近鉄時代の先輩でもありバッテリーを組んでいた梨田昌孝監督が吉井のコーチとしての素質を高く評価していると聞いて、現役続行を断念し日本ハムの投手コーチに就任した。吉井理人 フレッシュアイペディアより)

158件中 11 - 20件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード