158件中 41 - 50件表示
  • 1979年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1979年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    (パ) 柳田(近)、●山内新(南)、村田辰(近)、今井(急)、三浦(急)?梨田(近)、田淵(西)1979年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ベロベロベースボール

    ベロベロベースボールから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    ナシダコーチ(梨田昌孝ベロベロベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木貴久

    鈴木貴久から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    10月19日に川崎球場で行われたロッテオリオンズとのダブルヘッダーでは、第1試合の9回表に梨田昌孝の適時打で決勝点となる得点を挙げた(第2試合に引き分け優勝は逃した)。(→10.19)鈴木貴久 フレッシュアイペディアより)

  • 愛敬尚史

    愛敬尚史から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    梨田昌孝監督に右のワンポイントリリーフとして重宝され、まで一軍戦力として活躍した。近鉄時代はショートリリーフ専門で、登板試合数がイニング数より多かったほどである。愛敬尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    日本テレビ 実況:小川光明 解説:江川卓 ゲスト解説:梨田昌孝(近鉄) ゲスト:倉本昌弘 リポーター:今井伊左男、吉田填一郎1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    前年、日本一を成し遂げたヤクルトスワローズの若松勉監督が全セ(セントラル・リーグ)を率い、パシフィック・リーグを制した梨田昌孝監督が全パ(パシフィック・リーグ)を率いて戦った。それまで3戦だったゲームが再び2戦形式に戻され、それまで3戦目に行なってきた地方開催を2戦目に行なうようになった。またそれまで7月下旬の週末中心に行なわれていたものを7月中旬開催にするなど選手に対する配慮もなされるようになった。第1戦はこの年前半戦を盛り上げた阪神タイガース勢が活躍。先発の井川慶が3回、全パに先制点を許したものの3三振を奪い、ジョージ・アリアス・片岡篤史が本塁打を放った。なお、勝ち越し時の投手も阪神のトレイ・ムーアだった。第2戦松山中央公園野球場(通称・坊っちゃんスタジアム)で開催された第2戦は、全セ・新井貴浩(広島)や上原浩治の4奪三振などがありながらも4-2で敗戦。勝利打点を挙げた全パ・的山哲也(近鉄)がMVPに選出され、全パの梨田監督も地味な的山のMVPに対して勝利監督インタビューで「多分雨が降ると思いますので皆様気をつけてお帰り下さい。非常に珍しい事ですので」と笑いながら語った。2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤瀬史朗

    藤瀬史朗から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    チームメイトでの同年代の人物は吹石徳一、羽田耕一、梨田昌孝らがいる。藤瀬史朗 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木修 (野球)

    佐々木修 (野球)から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    に現役引退。その後は朝日放送(ABC。1995年 - 2005年)、スカイ・A(2006年 - 2008年)野球解説者、テレビ朝日『サタデージャングル』、ABCテレビ『おはよう朝日です』のスポーツキャスター、日刊スポーツ野球評論家として活動。その間、2006年からは、現役時代の同僚梨田昌孝の個人事務所であったマネジメント会社トゥルーマサに第2号タレントとして所属するほか、近鉄の後輩野茂英雄が設立したノンプロチーム・NOMOベースボールクラブの理事へ就任。佐々木修 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 吉田豊彦

    吉田豊彦から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    当初は梨田昌孝監督にも信頼感が薄く、敗戦処理に回ることが多かったものの、徐々に信頼感を得るようになり、シーズン終盤では試合の勝敗を左右する場面を任されるまでに至る。吉田豊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 古市 忠夫

    古市忠夫から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    現在マネージメントをトゥルーマサ(大阪市の芸能事務所 主宰・梨田昌孝)と提携している。古市忠夫 フレッシュアイペディアより)

158件中 41 - 50件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード