158件中 51 - 60件表示
  • ラリー・バーンズ

    ラリー・バーンズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    2004年、読売ジャイアンツに移籍したタフィ・ローズの穴を埋める存在を期待され、梨田昌孝監督率いる大阪近鉄バファローズに入団した。内野手登録ではあったが、左翼手や指名打者での起用がほとんどだった。ラリー・バーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 大久保秀昭

    大久保秀昭から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    1996年のドラフトで、近鉄の6位指名を受け入団。既に27歳でプロ入りを危惧する声もあったが、大久保はプロ入りを決断。プロ入りしてすぐに右肩痛に悩まされ、一度も捕手として守ることなく、一軍出場は外野手としてのみ。途中から選手登録も外野手に変更された。1999年には代打の切り札として活躍するが、翌2000年には成績が下降し、チームが劇的な優勝に沸く2001年に戦力外通告を受けて現役引退。2002年は梨田昌孝監督の専属広報として活動。2004年からは湘南シーレックスの打撃コーチを務めた。大久保秀昭 フレッシュアイペディアより)

  • 山下和彦

    山下和彦から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    巧みなリードと安定したキャッチングで、当時の正捕手の梨田昌孝に衰えに加え故障もあり、2年目に1軍へ昇格し70試合に出場。翌年から正捕手として座り続けて、1989年には優勝とともにベストナインに選ばれる。山下和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野元国

    佐野元国から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    横浜高校からのドラフト3位で近鉄バファローズに入団。チームが初のリーグ優勝を果たしたに初めて一軍に昇格した。二軍では守備以外にも、にウエスタン・リーグにおいて本塁打王と打点王の二冠を獲得するなど地力はあったが、梨田昌孝、有田修三といった捕手陣が全盛期だったため出場機会に恵まれず二軍暮らしが続いた。佐野元国 フレッシュアイペディアより)

  • はさみ山遺跡

    はさみ山遺跡から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    はさみ山遺跡からは旧石器時代住居跡が発掘されている。この時代は移動生活が主体となっており住居としては洞穴や岩陰などの利用が多かったとみられる時代である。したがって、はさみ山遺跡のこの旧石器時代住居跡は、この時代のものとしてきわめて稀少なものである。なお、その旧石器時代住居・土坑の検出地点は「はさみ山遺跡梨田地点」(はさみやまいせき-なしだちてん)と命名されている。これは、当該地点が、当時プロ野球・近鉄バファローズの梨田昌孝捕手の自宅兼商業ビル建設予定地であったためである。ちなみに、当該地点では発掘調査が実施された後、住宅の設計変更がなされ、遺跡は土中に保存されることになった。調査時に採取した旧石器時代住居跡のはぎとり土層断面は、資料として大阪府立近つ飛鳥博物館に展示されている。はさみ山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • いてまえ打線

    いてまえ打線から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    12年ぶり4度目のリーグ優勝を果たしたときの布陣。なお、3番ローズ、4番中村の「二人で合計101本塁打」はプロ野球史上初。前年には梨田監督が機動力を向上させての得点力アップを図ったが、「いろいろ動かれたのでは打ちにくい」と主力選手から不満が出たため、この年からチーム盗塁数が激減した。いてまえ打線 フレッシュアイペディアより)

  • ドカベン スーパースターズ編

    ドカベン スーパースターズ編から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    顔の虎縞模様のペイントが特徴。ゴルフ場でキャディのアルバイトをしていたが、近鉄の梨田昌孝監督に投手としての素質を見いだされ入団。本人によると、牛虎という名前は、母親が「丑年に産気づいて寅年に生まれた」かららしい(これが事実なら、1974年か1986年の1月1日生まれと思われる)。ゴルフ場の仲間からは「タイガー」と呼ばれていた。ドカベン スーパースターズ編 フレッシュアイペディアより)

  • 大西宏明

    大西宏明から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    2004年は下山真二の不振もあり、左キラーとして1軍に台頭した。4月2日の対オリックス戦では、プロ初本塁打を初回先頭打者本塁打で飾ったが、この年入団したラリー・バーンズが後に来日初本塁打を満塁本塁打で記録することで、先頭打者本塁打と満塁本塁打により初本塁打を記録した選手が同一年に揃ったのは、史上2例目となっている。その後一度二軍降格したが、再昇格以後は帯同して103試合に出場。主に7番・左翼で起用された。5月17日に鈴木が急逝すると、当時監督だった梨田昌孝は翌日から2日間、不動の1番・中堅手だった大村直之に代えて大西を起用している。また、プロ野球再編問題が報じられた6月13日の対日本ハム戦では、9回裏に横山道哉からプロ入り初のサヨナラ打となるサヨナラ犠飛を放っている。この年に新人王・最優秀救援投手に輝いた三瀬幸司から3本塁打を放つなど、対左投手に無類の強さを見せた。以降、対左投手に対しての起用が多くなっていく。2005年の球団合併による選手分配ドラフトによってオリックス・バファローズに移籍。大西宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋田信敏

    嶋田信敏から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    初盗塁:同上、8回裏に二盗(投手:村田辰美、捕手:梨田昌崇嶋田信敏 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツタイム

    スポーツタイムから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    司会者は平日は森中直樹、土曜日は梨田昌孝(元近鉄選手・現:日ハム監督)とアシスタントとして三原渡。スポーツタイム フレッシュアイペディアより)

158件中 51 - 60件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード