204件中 71 - 80件表示
  • 佐野元国

    佐野元国から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    アメリカンスクールから地元の小学校へ編入後、横浜高校から1977年のドラフト3位で近鉄バファローズに入団。チームが初のリーグ優勝を果たしたに初めて一軍に昇格した。二軍では守備以外にも、にウエスタン・リーグにおいて本塁打王と打点王の二冠を獲得するなど地力はあったが、梨田昌孝、有田修三といった捕手陣が全盛期だったため出場機会に恵まれず二軍暮らしが続いた。佐野元国 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋田信敏

    嶋田信敏から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    初盗塁:同上、8回裏に二盗(投手:村田辰美、捕手:梨田昌崇嶋田信敏 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    若松勉監督率いるヤクルトスワローズと梨田昌孝監督率いる大阪近鉄バファローズの対決となった。「いてまえ打線」と呼ばれる強力打線で勝ち抜いた近鉄VSヤクルト捕手の古田敦也の頭脳が最大の注目となり、結果は短期決戦の経験に勝るヤクルトが終始近鉄を圧倒し4勝1敗で4年ぶり5度目の日本一。2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1979年の日本シリーズ

    1979年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    近鉄は第4戦でKOされた井本が志願の中2日での先発。一方広島の先発は池谷。近鉄は4番にアーノルド、5番に梨田昌崇を起用、石渡がスタメンに復帰。1979年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    梨田昌孝監督の糸井嘉男の起用と急成長・球団の若手起用の方針もあり坪井のスタメン起用は限られてしまう。しかし、開幕から左の代打の切り札としての地位を確立しチームの勝利に大きく貢献する。パ・リーグ最多の55回の代打起用、49打数15安打8打点でシーズン代打打率.306を記録するなど1打席での勝負強さを発揮した。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    実況:小野塚康之、解説:梨田昌孝、リポーター:横山哲也(オリックスサイド)、宮田貴行(日本ハムサイド)2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山村宏樹

    山村宏樹から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    阪神退団後、ウエスタン・リーグで投げていた時の光景が梨田昌孝の目に止まり、3月に大阪近鉄バファローズの入団テストを受けて合格。山村宏樹 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井純一

    藤井純一から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    プロ野球ドラフト会議にはファイターズの代表として競合指名選手の抽選に参加することがあり、中田翔(2007年)、斎藤佑樹(2010年)を引き当てている。特に2010年に際しては梨田昌孝監督がくじ運が悪かったこともあり、球団幹部の多数決で指名されている。藤井純一 フレッシュアイペディアより)

  • キャム・ミコライオ

    キャム・ミコライオから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    には、松井が前年にクローザーとして活躍したことを背景に、梨田昌孝新監督の下でセットアッパーに転向。4月30日の対オリックスバファローズ戦(京セラドーム大阪)で移籍後初の一軍公式戦登板を果たした。以降も勝利の方程式の一角を担いながら、45試合に登板すると、5勝1敗23ホールドをマーク。シーズン途中からは、ペゲーロと再びチームメイトになった。ペゲーロはそのままチームに残留したものの、ミコライオ自身は残留の条件をめぐって球団との合意に至らなかったため、12月2日にNPBから自由契約選手として公示された。キャム・ミコライオ フレッシュアイペディアより)

  • 谷元圭介

    谷元圭介から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    バイタルネットを経て、から2017年7月までは北海道日本ハムファイターズに在籍。愛称は「チョロ元」で、日本ハム時代には、元・一軍監督の梨田昌孝から「バイタル」、チームメイトから「タニモン」とも呼ばれていた。谷元圭介 フレッシュアイペディアより)

204件中 71 - 80件表示