158件中 71 - 80件表示
  • 水谷宏

    水谷宏から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    入団当初は本格派投手でストレートとカーブを武器にしていたが、思った活躍ができず、4年目にサイドスローに転向しシンカーを武器にした。しかしプロでは5勝どまりで1978年に現役引退した。引退後、西本幸雄監督から「打撃投手をやってくれないか」と要請され、梨田昌孝、佐々木恭介、大石大二郎、中村紀洋ら「いてまえ打線」を陰からサポートした。水谷が打撃投手として抜擢された理由は彼の投球フォームがサイドスローで、山田久志、金城基泰、高橋直樹といった当時ライバル球団に多くいたサイドスロー・アンダースロー投手対策だったためだという。水谷宏 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田耕一

    羽田耕一から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    1971年ドラフト4位で、近鉄バファローズに入団。同期入団組に佐々木恭介・梨田昌孝・平野光泰らがいる。また同世代のチームメイトとして梨田の他、吹石徳一・藤瀬史朗がいる。羽田耕一 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄バファローズアワー

    近鉄バファローズアワーから見た梨田昌孝梨田 昌孝

    編成は流動的であり、レギュラー編成で放送される月、スペシャル編成で放送される月、放送されない月があった。参考として、1999年11月は、スペシャル番組として火曜日24時30分(または、25時)から55分番組として放送(タイトルは『大阪近鉄バファローズアワー』)。2000年2月には、レギュラー番組として火曜日24時30分から30分番組として放送された(タイトルは『ラジオ・テレビ立体企画 バファローズアワー』)。また、2004年1月10日の放送(梨田昌孝監督をゲストに迎えての公開生放送)も15日の17:45から放送された。近鉄バファローズアワー フレッシュアイペディアより)

  • 星野伸之

    星野伸之から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    しかし、しなやかに腕を振る投球フォームから投げる速球は伸びが有り、1989年頃からはテイクバックを小さくして投げる直前まで左手を体の横に隠すフォームにした。これにより打者からは投げる瞬間まで握りが見えず球種が読みにくく、ボールの出所も見えにくくなった。これらに加え40km/h以上のスローカーブとの緩急差により打者には速球が数字以上に速く見えたと言われる。その緩急さに、梨田昌孝は「ストレートが一番速かった投手は?」という雑誌の取材に対し星野の名を挙げて「あまりにも速く感じて金縛りのようになった」と語り、初芝清は「(当時日本最速の158km/hを記録した)伊良部より星野さんのほうが速いと思う」と発言、清原和博は「星野さんのストレートが一番打ちにくい」と評し、他にも中村紀洋、タフィ・ローズなど複数の打者が星野のボールは速かったと証言している。また、トニー・バナザードは星野のストレートの遅さと、それにもかかわらず打てないことからかなり苛立ち、よく星野に向かって怒っていたという。星野伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 光山英和

    光山英和から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    2年目までは二軍生活だったが、3年目のからは正捕手・梨田昌孝が衰えを隠しきれなくなったこともあり、山下和彦や古久保健二と共に一軍に帯同することが多くなった。は序盤ケガで出遅れていたが、終盤に復帰しリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでも先発マスクを被り、第3戦ではシーズンで1本も打てなかった本塁打を放ち、その試合で先発登板した加藤哲郎とともにヒーローインタビューを受けた。しかしシリーズは3連勝と王手をかけながら次の試合から4連敗し日本一を逃した。光山英和 フレッシュアイペディアより)

  • 井野修

    井野修から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    2009年(平成21年)5月25日ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズ戦の5回裏の中日の攻撃で、谷繁元信がバントの構えから引いたバットに糸数敬作投手の投球が当たり、打球はファウルグラウンドに落ちた。井野は一度ファウルのジェスチャーをしたが中日落合博満監督の抗議を受けて、当事者選手両者ではなく、一方だけのセリーグの谷繁元信一人のみに再確認し、そのバットがパリーグ捕手・大野奨太のミットに当たったとして打撃妨害に判定を覆した。日本ハム梨田昌孝監督が抗議に出るも覆らず、この判定を境に流れが変わりそれまでリードしていた日本ハムは逆転負けを喫した。テレビ映像では、バットに球が当たってから、ミットにバットが触れていた。前年にも同じ中日戦で別の球審ではあったが同様の判定の覆され方で多田野数人が危険球退場となっていたため、日本ハムにとっては非常に後味の悪い判定となってしまった。井野修 フレッシュアイペディアより)

  • 山下勝充

    山下勝充から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    、ウエスタン・リーグで二冠王(打率.361、19本塁打)を獲得。監督の梨田昌孝から、下山真二とともに「下山下コンビ」と命名され期待を受ける。山下勝充 フレッシュアイペディアより)

  • かんさいニュース1番

    かんさいニュース1番から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    梨田昌孝現日本ハムファイターズ監督(原則として毎週金曜日の出演)かんさいニュース1番 フレッシュアイペディアより)

  • 平野光泰

    平野光泰から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    明星高校時代は投手で、3年生時の1967年には春・夏連続して甲子園に出場した。また高校時代は1学年上の江夏豊からランニング本塁打を記録している(江夏にとって高校時代唯一の被本塁打)。卒業後、社会人野球のクラレ岡山へ進み、ここで外野手へ転向。1971年秋に開催されたドラフト会議で、近鉄バファローズから6位指名され、プロ入り。この年のドラフト会議で近鉄は、平野のほか、1位に佐々木恭介、2位に梨田昌孝(昌崇)、4位に羽田耕一といった後の主力となる選手の指名・入団に成功している。平野光泰 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    それによると、同信組では球団の設立・運営に関して必要となる金額の具体的調査を独自に実施し、球団設立に際し新規参入のための預かり保証金や選手の年俸などで100億円程度の資金が必要と試算。これに基づいて市民や企業などからスポンサー資金を募り(個人は1口1万円程度で募集)、入場料収入などと合わせて年間収入は54億円程度を見込む、というものであった。また大阪ドームを専用球場とし、大阪近鉄バファローズとしての最後の監督となった梨田昌孝を監督として起用するなど、球団運営に関する具体的な構想も盛り込んでいた。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

158件中 71 - 80件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード